熱帯魚水槽に棲んでいる熱帯魚たちをボンヤリと眺めているのが熱帯魚水槽の醍醐味なのですが、中には滅多にお目にかかれない熱帯魚がおります。その代表格がチャイナバタフライ・プレコであります。この熱帯魚にはなかなかお目にかかれません。ヒーター部分にくっついているのはわかるので、そういう意味ではいるのはわかるのですが、かわいい全体の姿を見ることはできません。

本日、沈下性のエサを与えて様子を見ていますと、ヒーターから様子を見てから、少しずつ出てくるではありませんか。沈下性のエサにありつこうとしているわけです。カメラを構えて撮ろうとしましたが、気配を察して逃げてしまいました。望遠で遠くから撮影しないとすぐに逃げてしまいます。

スポンサー広告



ヒーターの下から出てくるチャイナバタフライ・プレコです。辺りの様子を伺っております。
IMG_7233

チョロチョロと少しずつ出てきました。
IMG_7235

スポンサー広告



エサに少しずつ向かっております。
IMG_7236

エサにありついているチャイナバタフライ・プレコです。
IMG_7240



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。