虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告


カテゴリ: シリーズもの


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================




=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================




スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)


最初細々とやろうと思っていたビオトープであるが、あれこれ夢が膨らんで容器を沢山購入した結果、今ではかなりの容器が増えた。ここで迷走した容器の使い方を振り返ってみる。


スポンサー広告



◆セラルンガ 浅型ボウル45 アイボリー

【概要】
最初に購入した容器であり、使い方が一定でなく毎年お試しで生体や植物が変わった。

【大きさ(単位ミリ)】
直径:Φ420(底部200) 、高さ:230

【歴史】
当初は夢がどんどん膨らんで、水生植物は姫スイレン、アサザ、ナガバオモダカ、ウォーターバコパなど鉢に入れて沢山植えた。まずアサザは姫スイレンに駆逐されて消えてしまった。日照不足で姫スイレンの花がうまく咲かない。ナガバオモダカ、ウォーターバコパが爆発的に増えて、メダカの姿が見えなくなってしまった。そのうちに植物に覆われたことでストレスを感じたのと餌のあげすぎでメダカは全て死んでしまった。

その後、自然な感じ?にあこがれて直接底床に植える方法で試してみたが、ナガバオモダカ、ウォーターバコパが爆発的に増えて姫スイレンが育たないし花も咲かない。再投入したメダカもいつの間にか死んでしまった。また餌のあげすぎで水が濁ったことにより水質調整剤を投入したところミナミヌマエビが一晩で全滅してしまったこともあった。

再び鉢植えに戻し、抽水性植物と浮遊性植物(アマゾンロビンフット)に絞って育ててみた。この構成がうまくいき現在に至っている。

【失敗原因】
・高さが低いのに浮葉性植物を中心としたレイアウトにした。
・広さが狭いのに生き物を大量に育てようとした。
・日が当たらない場所であった。

スポンサー広告



現在の様子
IMG_2785



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



================ 〇プライバシーポリシー〇 ================




=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================




スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)


◆【FRPポット】アベニュー 30型

【概要】
2番目に購入した容器であり、投入当初は材質のせいか生体がすぐに死んでしまって廃棄しようか悩んだ容器。使い方が一定でなく毎年お試しで容器に入れる生体や植物が変わった。

【大きさ(単位ミリ)】
縦:310(底部190)、横:310(底部190)、高さ:330

【歴史】
最初に購入した丸型の容器が浅いことを反省し、特にメダカの育成を重視して深い容器を購入した。材質に不純物が含まれていたのか?導入当初からメダカ達は次々に死んでいった。

メダカは何度か投入したが失敗の連続であった。

メダカの失敗でメダカより丈夫な魚であるアカヒレやカワバタモロコを投入するも死んでいった。

その後、更に少し大きめの魚、イエローバラタナゴ、ギンブナ、金魚と投入するも立て続けに死んでいって途方に暮れた。


スポンサー広告



いったん抽水性植物の鉢だけ置いて魚を入れずに半年ほど放置することにした。

ただ、元々投入されていたミナミヌマエビ、タニシなどは、そのままとしたが元気で生き続けていた。半年後、再度メダカを投入したところ、すこぶる元気であったが容器が狭いのか産卵はしなかった。

その後メダカを育てるのをやめて金魚とギンブナと入れて現在の姿となる。

植物に関してはミニシペルスを植えていたがスペースを確保しようと鉢が細いものを選んだ為、成長サイズに追い付かずに強風で倒れる事態が何度か発生した。鉢は3回ほど替えて、現在の鉢とセイタカアシ、ミズトクサの抽水性植物に変えたところ倒れる事はなくなった。


【失敗原因】
・購入後にいきなり生体を投入した。
・広さが狭いのにメダカを育てようとした。
・日が当たらない場所であった。



スポンサー広告



現在の様子
IMG_2784



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



================ 〇プライバシーポリシー〇 ================




=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================




スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)


◆【Serralunga】セラルンガ・ガーランド長角60

【概要】
3番目に購入した大きな容器であり、その大きさの為にメダカに金魚やフナなどの大きな魚を同居させてしまい、うまくいかなかったこともある。

【大きさ(単位ミリ)】
縦:290、横:580、高さ:240

【歴史】
メダカがうまく飼育できない為、広さも深さもある大きな容器を探した。丁度、この容器を見つけて購入したのだが『自然な感じ』に相変わらず憧れていた為、直接底床に植える方法を試したり、また段差にあこがれた為に段差を作り、浅いところは湿地性植物を植え、深いところは抽水性植物を植えて共存させようとした。


スポンサー広告



当然メダカの生息エリアは限られてくるし、また同居させた金魚やフナが体長が大きく暴れる為、メダカはストレスを抱えて早々に死んでしまった。

金魚やフナは浅い湿地帯エリアにも侵入してくるため、湿地性植物の生育も悪くあっという間に枯れてしまった。

その後ハスを育てる容器としたが四角の容器では具合が悪いらしくハスは2年あまり一向に花が咲く気配がなかったし置いた場所も日当たりが悪いのか生育もよくなかった。

その後金魚やフナにコイまで飼育したが、すべてうまくいかずに死んでいった。現在はチョウセンブナを飼育している容器となっている。


【失敗原因】
・段差を作成してメダカの生息エリアをせばめてしまった。
・投入する植物や生体を検討せず、適当にいれている。
・日が当たらない場所であった。


スポンサー広告




現在の様子
IMG_2786



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



================ 〇プライバシーポリシー〇 ================




=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================




スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)


◆タカショー FRP軽量プランター ユニットプランター 角型 FIP-22

【概要】
現在はメインの容器。購入した容器のなかで唯一、最初に底穴があった容器。


【大きさ(単位ミリ)】
縦:550、横:550、高さ:270

【歴史】
メダカがうまく飼育できない為に広さも深さもあり更に大きな容器を探した結果、この容器にいきついた。

本当は『凛 RIN 角型 白 S』を購入したかったのだが、購入を思い立った時点で売り切れとなっており、いつまで経っても入荷しない為に痺れを切らして購入した。穴はゴム栓で塞いでから防水粘土と防水テープでさらに塞いだ。


スポンサー広告



始めにメダカを投入したが容器の大きさもあってメダカだけでは寂しさを感じた。

物足りなくなって金魚、ギンブナ、コイ、タナゴ、チョウセンブナとありとあらゆる生き物を同居させて飼育した。

やはりメダカは大きな魚たちにストレスを感じて直ぐに死んでしまった。その後次々と大きな魚たちまでも死んで死んでいった。

水生植物は抽水性植物を中心に鉢に入れて沈めるやり方で育てたが、これはうまくいって水生植物は大きく成長した。

その後メダカだけ育成する容器としたが日照条件が悪いのかメダカは産卵せずに死んでいったので累代飼育なんて夢のまた夢であった。

日照条件を改善する為にテーブルを設置して、その上に容器のせて生体はメダカ、ヒドジョウ、ミナミヌマエビ、ヒメタニシとオーソドックスな生き物だけにして現在の状態となっている。

【失敗原因】
・大小の生体を一緒に育てて、小さい生体は大きい生体に駆逐された。
・日が当たらない場所であった。

スポンサー広告



現在の様子
IMG_2787



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



================ 〇プライバシーポリシー〇 ================




=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================




スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)


◆菜園ボックス スノコ付 No500 プランター サンコープラスチック

【概要】
我が家(マンション)の大規模修繕工事中に、大きな容器『タカショー FRP軽量プランター ユニットプランター 角型 FIP-22』は重くて1階にもっていけない為に代用として購入。

【大きさ(単位ミリ)】
縦:300、横:430、高さ:210

【歴史】
我が家(マンション)で昨年8月から今年1月に大規模修繕工事を行った。

工事中はベランダ、バルコニーに置いてある鉢やプランターなどは1階の広場に置かなれればならないことになった。

しかしながら、大きな容器『タカショー FRP軽量プランター ユニットプランター 角型 FIP-22』は水と水生生物が入った状態ではとてもじゃないが重くて1階までは運べない。


スポンサー広告



飼育中の生き物はどうしようか?部屋の中で飼育するか?部屋の中だと置き場所に困るし、室内設備も新たに用意しなくてはいけない。

川や沼にに捨てるなんて生態系を破壊する行為なので論外だ。よって、できるだけ軽量な容器で尚且つ大きいもの(トロ船、プラ船は却下、その後も使用できるもの)を探して、移し替えをして1階に置きにいくことにした。

ヒドジョウやミナミヌマエビ、ヒメタニシやカワニナを入れて昨年8月から今年の3月まで使用した。生体に大きな問題なかった。

ただ余談であるが、管理人さんに気を使っていただいたのか、我が家の容器だけ、室内(マンション内1階ホール)に置いていただいた。これにより雨で水が溢れるの事態は避けられたが日当たりが少ない為に水生植物は壊滅的となってしまった。

スポンサー広告



今年は『タカショー FRP軽量プランター ユニットプランター 角型 FIP-22』にメダカやドジョウ、ミナミヌマエビ、ヒメタニシを戻して飼育しており、現在はザリガニ専用の容器となっている。

ザリガニ専用の容器としては、とても広く複数飼育している。複数飼育すると共食いは発生すると言われているが今のところ発生していない。また洗いやすくザリガニ飼育には最適である。


【失敗原因】
なし


スポンサー広告




現在の様子
IMG_2791



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ