最近ようやく気が付いたのであるがメダカが死んでしまう時は、その兆候として体が徐々に痩せ細っていき最後に死んでしまっているようである。何度か続いているのでインターネットで『メダカ 痩せる』で調べてみると『痩せ細り病』という病気があることがわかった。この病気の原因については残念ながらはっきりと解明されていない。原因について所説がある中でプログの皆様達は知恵を絞って涙ぐましい努力で何とかこの病気を克服しようとしているようである。我が家の場合はどれが当てはまるのだろうか?


◆痩せ細り病
名前のとおりに痩せ細っていく病気である。
エサは食べているが、何らかの原因でやせ細っていき、最後には体がペラペラになり死んでいく。

◆痩せ細り病の原因
  ・寿命説
    メダカは寿命が1~2年の生き物なので徐々に弱っていき食欲が落ちる。

  ・ストレス説
    止水域で生息している
メダカはには水流が強すぎて泳ぎ疲れる。
  ・遺伝説
    近親交配により遺伝子的に弱いメダカであった。
  ・水質汚染説
    バクテリアが機能しておらず、浄化がすすんでいない。
  ・内臓疾患説
    生まれながらに内臓疾患であり、元気なメダカではなかった。
  ・寄生虫説
    寄生虫に感染している。どんな種類でどこに寄生しているのか不明。

スポンサー広告



一番有力なのは水質汚染説だろうか。色々な方のプログを参考させていただきましたが、どれもしっくりこない。しかしながら痩せ細り病の治療で屋外でイネを育てている容器により隔離治療していて痩せ細り病から回復している事例があった。メダカたちは荒木田土をつついており、泥の中にいる微生物を摂取しているのか?と思えあるものであった。我が家のメダカの飼育容器の低床はメンテナンスのし易さから『きんぎょめだかの河石』をここ数年は使用しており、この為にバクテリアがうまく発生していないのではないかと思ったのだ。

この説はまったく根拠がないものであるが、低床に石や砂利を使用している飼育より荒木田土や赤玉土、水棲生物用培養土などのほうがメダカが長生きした実績と、タニシやエビなども繁殖が盛んになるプラスアルファの部分もある。特に荒木田土は以前に使用して『メダカが生き残る』実績は高かったのであるが、前述するようにメンテナンスが楽であることと濁り易い用土であることで使用するのを止めてしまった。水底の用土であるので水生植物や水棲生物には相性がいいのだ。

実はシーズン途中での大きなリセットは今までしたことがない。今回それでも踏み切ったのは低床に用土を使用している他の容器では水棲生物が元気に生き残っていたからである。うまく行くとは思わないけれど『溺れる者は藁をもつかむ』の心境なのである。

スポンサー広告



今回低床を変更する容器。我が家で一番大きい容器である。
IMG_3865

白メダカとヒメダカが泳いでいる。
IMG_3867
掬い上げてみたメダカ。全員痩せ細り病に罹っている感じがする。
IMG_3871

スポンサー広告



低床に荒木田土を使用することにした。
IMG_3869

水を抜いた容器。『きんぎょめだかの河石』が見えてきた。
IMG_3872
底にあるのはウィローモス。ミナミヌマエビが歩いている。
IMG_3874

カワニナは4匹だけ生きていた。死んでいるカワニナと生き残っているカワニナ。
IMG_3878

ヒドジョウが底を泳いでいる。6匹(内、アルビノヒドジョウ1匹)を確認できた。
IMG_3885

スポンサー広告



荒木田土を敷き詰めたところ。
IMG_3888

水を入れたところ。かなり濁っている。
IMG_3891


※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。