虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

カテゴリ: 歴代のビオトープ環境


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

◆ベランダビオトープの立ち上げ

ビオトープ(しっかりとした理論をお持ちの方はアクアリウムと言う)を、かれこれ7年目を迎えた。

始めたきっかけは、現在のマンションに引っ越したのだが、以前のマンションから持ってきたカブトムシの飼育ケースに大量にコバエが発生してしまい大惨事になったからだ。カブトムシは飼育禁止となった(現在は復活)。


スポンサー広告



何かこれに変わるものないか?インターネットを探していると『ビオトープ』なるものの言葉を発見!!!

プログを漁るように見ると、本格的なものは庭など広い土地がないと立ち上げられないが、いわゆるベランダビオトープと呼ばれるものは昔、子供時分にやっていた飼育と変わらないではないか!これなら特別に知識を覚えなくても見よう見まねでいける!

とにかく、虫が湧かない(メダカを投入しない蚊が湧くが)、飼育手間がかからない。一週間程度、長期で家を空けていても大丈夫といい事だらけに思えた。実はこれが大きな間違いであったのだが、かくして『ベランダビオトープ』を立ちあげた。

スポンサー広告



◆迷走するビオトープ
子供時分の知識で見よう見まねで始めたベランダビオトープであったが、どこかのプログに『好きなものを揃えればいい!』と書いてあった。

王道のメダカやヒメタニシ、ミナミヌマエビの生体に加えて、ヒメスイレン、アサザ、コガマとこちらも初心者にオススメの植物と、好きなもの一つの容器に投入した。

まず植物が生え放題の制御不能となった。またメダカなども放置しておけば勝手に増えていくと思いほったらかしにした。

水替えもコケ除去薬を投入した結果、翌日にはミナミヌマエビが全滅していたこともあった。生体があっという間に死んでいき、生体が死んでは買い足し、死んでは買い足しの繰り返しであった。

スポンサー広告



◆過酷?なベランダ環境
我がベランダは南西に位置している。またベランダ自体は2メートル強の幅がある為、突き出た感じになっている。

これにより日が当たり始める時刻が5月だと昼の12時ぐらいになる。また南西に位置することにより、日差しがかなり強い(西日ってやつ)。

もうひとつの問題が、マンション自体の位置も海からさほど遠くない為に強風の問題がある。

強風が吹きやすく、せっかく育った水生植物が根こそぎ倒れてしまう。いくら生命力の強い水生植物でも復活には時間がかかる。

日当たりの環境は、テーブルに乗せたり、できるだけ日が当たる場所に置く。

ただし西日の対策ができてないない。葉焼けが起きる場合がある。強風の対策は、根の強い植物を植えて、重たく倒れない鉢に植えるなどしている。

この環境で生きていける水生植物を見つけるに、いろいろ植えて試してみた。

弱いものはあっという間に枯れてしまった。近年になってようやく我が家の環境でも生きていける水生植物が選抜できた感じがする。

スポンサー広告



◆小さい容器の飼育で迷走
当初、容器はひとつであったが慣れてくると、いろいろ育てたいと思い、生体や水生植物買い足して育てた。

ただ容器が問題で、小さい鉢カバーなどを代用した結果、水量が少ないので生体が暑さ寒さに耐えきれずに死んでいった。

また長期間、家を空けたことにより水がなくなってしまいという大失態もあった。現在は小さい容器はやめて大きな容器で育てている。

スポンサー広告



◆大きい魚など一緒に過密飼育で迷走
メダカを飼っていると、金魚やフナなどの大きな魚を一緒に飼いたいと思い、一緒の容器に入れてしまった。

やはり金魚が大きすぎて、小さいメダカが徐々に弱って死んでいき金魚だけが生き残るという事態になった。

それだけではなく、いろいろな生体が泳いでいるといった賑やかな状態を楽しみたい為にいろいろな種類の生体を一緒に入れてしまった。

これも結局のところ、生存競争の原理で生命力の強いわずかな生体が残るのみと寂しいビオトープとなった。



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

写真を整理していたら昔のビオトープの写真がでてきたので振り返ってみる。

最古の購入記録は2010年であり、この写真は1年後のビオトープだ。無茶苦茶で好き放題水生植物を植えているのがわかる!

ナガバオモダカ、コガマ、ウォータバコパ、セリ、姫スイレン、ドワーフフロッグビット、さらにアオウキクサやアナカリスも見える。

生命力の強い植物たちを鉢に入れずに床に用土を入れて直植えしている。この写真を見ると根がぎっしり生えてきてすでに水が少なくなってきている。

そこにメダカを入れているから、たぶんこの後にすぐに死んでしまっただろう。

姫スイレン(姫スイレン自体は生命力は強いと思う)は育ちが遅いので、ナガバオモダカ、コガマ、ウォータバコパ、セリの勢力に押され気味だ。

当時はヒメタニシではなくオオタニシを飼っていたのがわかる。でもうまく繁殖できずに、すぐに死んでしまった。

我ながら、ひどいビオトープだ。


スポンサー広告



繁茂している水生植物。
IMG_1830

当時はオオタニシが好きだった。
IMG_1832

スポンサー広告



ナガバオモダカの花。始めた当時は珍しかったのかも。
IMG_1831

ヒメダカもいる。白メダカもいたから一緒に飼っていたのかも。
IMG_1833



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

昔の写真が見つかったので振り返ってみる。時は2014年07月。ビオトープでなくガーデニングの写真だね。

1枚目の写真は朝食のパンをベランダで食べようとしている写真。この年はキュウリ、トマト、ナスを植えていたんだね。

この時はトマトもキュウリもナスも収穫できたけど、たぶんこの後はキュウリが生育が良すぎて一緒に植えてるトマトとナスの生育の邪魔をしてあまり収穫できなかった年だった。キュウリはこの年限りでやめた。

アサガオは毎年植えているから、この年も植えている。容器は幼稚園でもらってきたものを使っている。今は支柱が折れてもうない。奥でクレマチスを育てておりオベリスクが見えるけどすぐに枯れてしまった。


スポンサー広告



2枚目の写真は収穫したキュウリとナス。おいしかったなぁ。3枚目のキュウリ、4枚目のトマトの写真、この年は大きな実がなった。

5枚目はひまわりだね。この年まで毎年ひまわりに挑戦してたけど、我が家の環境は南西で日が当たるのが12時頃、7月の日没は18時55分頃で海に近く強風が度々ある。

日当たりが悪いから茎が太くならずに強風でポッキリ折れてしまうんだけど、この年は花がうまく咲いた。だから撮影したんだと思う。

スポンサー広告



IMG_0396

IMG_0393

IMG_0399

スポンサー広告



IMG_0400

IMG_0405



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

一番古い写真だ。ビオトープを撮っているのではなく人が撮っていて偶然背景に写っていた。

まだ容器が新しい。我が家はプラ船や和の睡蓮鉢が禁止なので、洋風の鉢をネットでかなり探した記憶がある。そして、ようやく手に入れた鉢だ。

コガマとウォータバコパ、姫スイレンを植えているのがわかる。最初だから好きな水生植物を植えている。

生き物は見えないけど、記録を見るとヒメダカ、オオタニシ、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビ、シマドジョウを飼育している。

ヤマトヌマエビは繁殖しないのがわかったから、後から繁殖するミナミヌマエビを購入したのかなと思う。


スポンサー広告



当時は簡単にメダカは増えるし、水生植物もあんまりメンテナンスをしなくていいんだなんて勝手なことを考えていた。

実際はメダカは増えないし、オオタニシはすぐに死んでしまうし、水生植物はやたら増えるし、本当は毎日しっかりと世話をしなくてはいけなかったが当時は一切考えてなった。

懐かしさとともに反省しきりの写真でもある。

biotope



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

昔の写真が見つかった。時は2013年04月18日。この年は山椒を植えていたんだったけ。何回か挑戦したんだけど、途中まではうまく育つのになぜか急に枯れてしまうのを繰り返している。

山椒はとてもデリケートな植物で植え替えをしようものなら、すぐに枯れてしまうぐらいに難しい植物だ。この写真の山椒もアゲハチョウが成虫になり飛んで行った後に枯れてしまった。


スポンサー広告



山椒を育てようと思ったのは、アゲハチョウが産卵する場所を作りたかったから。我が家はマンション5階だけど、山椒の木を植えて育ってくるとアゲハチョウが飛んで産卵しにくる。

そして孵化してカワイイ幼虫が育って蛹になり、やがてチョウになって飛んでいく。この一連の流れを観察するのがとても楽しい。

困るのは、山椒の木がまだ育ち切っていないので産卵されてしまうこと。途中で葉を食べつくして餌不足になることだ。また蛹は山椒の木ではならない。

どこかに移動して、なかなか発見できない場所で蛹になる。ベランダの壁、ビオトープの鉢、テーブルの下、室外機などなど、よく探さないとわからない場所で蛹になっていた。『あっ!こんな所に蛹が!』なんて事が沢山あった。

何度挑戦してもなかなかうまくいかなかったが、この山椒という植物はこれからも挑戦していきたい魅力的な植物だと思う。

スポンサー広告



山椒の木。幼虫はまだいない模様。
IMG_2597

おそらく秋に蛹になり、そのまま冬を越し春にチョウになったと思う貴重な一枚。
IMG_2596



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ