以前ですが、IKEAで家族がサボテンを購入してきました。IKEAの植物コーナーでは小さなサボテンが3点セットで売っており、2つは枯れて、1つは生きながらえて?おりましたが、鉢が小さくて軽いので、よく蹴とばしてりして、その度に土がこぼれて、サボテンが飛び出して、こぼれた土を掻き集めて植える、ということを繰り返しておりました。

よく、サボテンは「水をどれくらいであげたらいいの?」と尋ねられましたが、「砂漠に棲んでいる植物だから、水はほとんどいらないんだよ。」など適当なことを言っておりました。サボテンはほとんど何もしないで育つという間違ったイメージから回答していたのです。

つい先日も鉢を蹴っ飛ばして土がこぼれてしまいました。何回もこぼしているので、いよいよ鉢の土が無くなってきました。そこで、この際少し大きめの鉢を購入してサボテンを植え替えることにしました。11月8日のことでした。

サボテンは、普通の植物と同じで、栄養のある土に植えて、太陽の光に当てて、土が乾いたら水をたっぷりあげます。

しばらくたったある日、サボテンを見ると青々として大きくなっておりました。しっかり、愛情をもって育ててあげないと、植物は答えてくれないのですね。

スポンサー広告



植え替え直後のサボテンです。枯れそうな感じです。
IMG_1061

スポンサー広告



現在のサボテンです。青々としている感じです。
IMG_1079

サボテンが大きくなっているのがわかります。こんな短期間に大きくなりました。
IMG_1080



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。