台風15号は今だ千葉県の房総半島中心に爪痕を残しています。台風15号が過ぎ去った後は、晴れても蒸し暑かったり、大雨が降ったりと天候が安定しませんが、朝夕の涼しさや秋の虫たちの鳴き声で、少しずつ秋が深まっているのを感じます。

一足早いのですが、冬に向けての準備を行います。メダカの稚魚を親メダカの容器に移し替えて、親メダカの容器にあるホテイ草を冬越しの容器に移し替えます。


スポンサー広告



白メダカの稚魚の容器です。猛暑を生き残った個体数は少なくなりました。
IMG_0456

ヒメダカの稚魚の容器です。ヒメダカはそこそこ生き残りました。
IMG_0457

スポンサー広告



親の黒メダカにあるホテイ草です。株が大きくなったので、メダカの稚魚を入れると遊泳スペースが少なくなるので、ホテイ草を玉突きで冬越しの容器に移動させます。
IMG_0460

手前が親の白メダカの容器で、奥が親のヒメダカの容器です。冬越しさせた時は、枯れそうで小さかったホテイ草ですが、こんなに株が大きくなりました。
IMG_0461

スポンサー広告



ホテイ草の葉や根にタニシやエビが潜んでいますので、株を移動させる前に取り除きます。
IMG_0466

見た目はわからないのですが、ホテイ草の根の中に稚エビや稚貝が隠れておりますので、水を溜めてジャブジャブと根を洗います。
IMG_0467

スポンサー広告



ホテイ草の根の中に隠れていた稚エビや稚貝が水の中に落ちますので、1匹1匹、そうっとさわて救助していきます。
IMG_0468

ホテイ草を発泡スチロールに入れます。これで今年の冬越しをしようと思います。
IMG_0469

スポンサー広告



ホテイ草を発泡スチロールに移動させましたので、次はメダカの稚魚たちを親メダカの容器に移していきます。まずは白メダカの稚魚です。
IMG_0472

ヒメダカの稚魚の容器です。これは、あちこちの容器にわけていきます。
IMG_0473

スポンサー広告



親の白メダカの容器に引っ越した後の稚魚たちが泳いでおります。
IMG_0477

ハスの容器に引っ越した後のヒメダカの容器です。
IMG_0478



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。