今年最強の台風19号が12日(土)午後7時前に伊豆半島に上陸しました。その後、関東から東北にかけて北北東に進み、各地で甚大な被害をもたらしました。台風の名称は「HAGIBIS(ハギビス)」という名でして、フィリピンが提案した名称で、「すばやい」という意味の言葉が由来だそうです。

昨年9月4日に日本に上陸して、西日本を中心に被害をもたらした台風21号ですが、和歌山市では57.4m/sの最大瞬間風速を観測し、観測史上1位の値となったほか、大阪市で観測した47.4m/sの最大瞬間風速は半世紀ぶりの記録だそうですが、今回はこれを上回る最大瞬間風速60.0m/s程度(9日は65.0m/s程度、10日は75.0m/s程度、11日70.0m/s程度)が予想されていましたが、最終的には横浜の43.8m/sが最高でした。

昨年の台風21号では大阪在住の方のベランダビオトープで、プラ船や睡蓮鉢なんて軽く飛ばされて、跡形もなく無くなっていたなんて情報もチラホラとありましたが、それよりも物凄い風速ですから、ニュースでは『ベランダに物を置いておくと、飛んできて窓ガラスが割れてしまうかもしれませんので、物は家の中に避難させておいてください。何もかも無くなってしまう可能性もあります。』という警告が出ておりました。

我が家は海沿いに近く強風の影響をまともに受けますので、今回の台風ではひとたまりもないと想定されます。9日から10日にかけて風に影響を受けやすい抽水植物や、アサガオなどのガーデニングの植物は、今年はシーズン終了として、早めの冬支度をすることにしてカットしております。

また10日には、いよいよ台風が近づいてきましたので、風で飛んでしまいそうなビオトープの用具や容器などは全て家の中に入れました。中型の容器は、とても悩みましたが、風の影響がないような所に避難させております。大きな容器は動かしようがないので、そのままにしております。上記の台風21号の話では、大きな容器もひとたまりもないのですが、こればかりは仕方ありません。手広く?やっているのが、裏目にでました。

また、容器の水がオーバーフローした時の対策を施しました。水がタオルの細かい繊維を伝っていき、外に垂らしたタオルの端っこまで水を吐き出してくれます。対策としまして、布を容器の端に引っ掛けておくものです。原理は毛細管現象やサイフォンの原理といいます。原理の説明に興味がある方は毛細管現象とサイフォンの原理という物理の法則をご覧ください。ただし、今回は大雨ですので、この原理は通用しないかもしれません。短時間に大量の雨がビオトープに流れ込むと、ビオトープの水質や水温が急激に変化してメダカが死んでしまうかもしれませんが、この方法にしました。

21:00頃に、物凄い強風になりました。風がまともに窓に吹き付けており、窓ガラスがしなってきましたので、このままでは割れてしまうと急遽、一時的に強化するために、窓ガラスの縦・横に養生テープを貼りました。養生テープは粘着力が弱いので簡単に剥がせます。また、窓ガラスが割れてもガラスの飛散を最小限に防ぐためにダンボールを貼り付けました。養生テープは、かなり効果ありで、強風が吹いても、窓ガラスのたわみがなくなりました。

22:30頃からは、雨や風の音がなくなり、辺りも静かになってきました。ただ、窓を開けると、風はまだ強いようでした。

我が家の屋外ビオトープは無事でした。前々日から色々を準備で、トマトやアサガオ、ビオトープの抽水植物など、早めの冬支度でカットしてしましたし、小型の容器や用具などは全て家に収納しました。こればかりは実際に台風がきてみないとわかりませんでしたので準備するに越したことはありません。とにかく我が家では被害がなく台風は過ぎ去ってくれましたので、ホッとしました。

結果としては、地球史上最強!とかカテゴリ6とか色々と情報がありましたが、この地域では、雨も風も通常の台風を変わらないものでした。ただ各地で川の氾濫や土砂崩れで家屋に被害がでており、土砂崩れで家が埋まってしまった方、他にも台風で亡くなられた方や行方不明の方がおられます。今回はたまたま台風の進路が少しそれてくれただけでしたので本当に幸運だったとしか言いようがありません。


スポンサー広告



13日の午前4時頃です。月あかりが綺麗なので1枚とりました。とても空気が澄んでおり、風が心地よかったです。
IMG_0780

一夜明けると、この青空です。停電も断水もなく、近くにある江戸川も氾濫せず、何も被害もなく本当に神様に感謝です。
IMG_0791


スポンサー広告



ビオトープの被害状況を確認しました。大きな容器は無事でした。水もオーバーフローしていない模様です。
IMG_0785

ハスの葉はギザギザになっております。
IMG_0786

スポンサー広告



白メダカたちはすでに元気に泳いでおります。
IMG_0787

スイレンの葉はひっくり返っております。
IMG_0788

スポンサー広告



アサザの葉もグチャグチャになっております。
IMG_0789


抽水植物達は風にあたらない所に置きましたので、何とか持ちこたえました。
IMG_0790


スポンサー広告



メダカの稚魚も元気に泳いでおりました。
IMG_0792

ナスの木は支柱がないので、あえて倒しておりましたが、強風で曲がっておりますが、何とか生きておりました。用土から根が抜けてもおりませんでした。また支柱に支えれば元気に育ってくれるかもしれません。
IMG_0793

スポンサー広告



屋内に避難させていた容器を元に戻しました。
IMG_0797

抽水植物たちの容器も元に位置に戻しました。
IMG_0798

スポンサー広告



ナスは支柱を元に戻して、支柱にひっかけております。葉が萎れておりました。台風で思ったより、ベランダに水が降りかからなかった為、水不足で用土が乾いておりました。すぐに水をたっぷりとあげました。
IMG_0800



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。