3月20日から北海道北斗市に行ってきました。羽田空港から1時間20分程度で函館空港に到着します。私が子供の頃は寝台列車と青函連絡船で北海道に行ったのをおぼろげながらに覚えており、それに比べると関東からは時間をかけずにすぐに行けるようになりました。函館空港に降り立ると、春が近いと言っても北海道はまだまだ寒く、空気がとてもひんやりとします。花粉が飛んでいないのでむしろありがたいぐらいです。

家の庭や畑は、ようやく春が来ようとしているところですので、何もありませんが、そんな中でクロッカスの花が咲いておりましたし、畑にはニラの芽が出ておりました。

遠くにそびえる山々は、まだ白い綿帽子が被っており、あと1ヶ月ちょっと、5月ぐらいからようやく畑が開始できるそうです。畑の近くには小川が流れ、電車が通っており、子供の頃の記憶でドジョウ捕りをした記憶が思い出されます(実際には違う場所だそうです)。

車を走らせて、北海道新幹線の木古内駅近くにある菩提寺に、ご先祖様にご挨拶に行きました。その帰り道、トラピスト修道院に立ち寄りました。修道院には入れませんので、外から眺めるだけとなりますが、何度も訪れてしまう場所になっております。

北海道と言えば、やはり海の幸です。すし屋に入って、本当にお腹が破裂するぐらいにお寿司を堪能しました。また食の北海道と言えば、ラーメン。こちらも美味しいラーメンを堪能しました。どちらも有名店なのではないのですが、食のレベルが高いです。

天候は何とか持ってくれました。晴れと曇りが交互に訪れる感じで、雲が覆うと綿雪が降ってくるような感じで、少し雪が積っては、晴れて雪が溶けるという繰り返しでした。

最後に松前漬けなど色々とお土産を購入して千葉に帰りました。とても充実した旅行でした。


スポンサー広告






庭に咲いているクロッカス。今回唯一見れた花になります。
CIMG0287

近くの公園に除雪した雪が高く積み上げてありました。これが溶けるのはいつ頃になるんでしょうか。
CIMG0301

スポンサー広告



ジャガイモやトマトなどを栽培している畑です。3月の今は何もありません。7~8月が畑の最盛期です。
CIMG0295

近くを走っている貨物電車です。
CIMG0299

スポンサー広告



北海道新幹線の木古内駅です。木古内駅付近は賑やかですが、少し離れると寂れた感じの街になります。恩恵は受けていない感じで過疎が進んでいます。
CIMG0318

トラピスト修道院です。
CIMG0325

スポンサー広告



トラピスト修道院に続く杉並木です。暖かくなると芝には馬(牛かも)が放牧されるそうです。
CIMG0323



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。