アゲハチョウの幼虫が青虫になりましたが、蛹になるためのラストスパートなのか、ボリボリと温州みかんの葉を食べております。この可愛い姿を毎日見に行くのが楽しみなのですが、もうすぐ蛹になるのだろうと思いますと、様子を見に行く時に注意が必要でして、蛹になる時は外敵、鳥や寄生虫などに襲われないように安全で落ち着ける場所を探しますので、この温州みかんの木からはいなくなります。この温州みかんの木が植わっている鉢から下りて、床を通っている場合があるかもしれませんので、近づく場合は必ず下を確認してから、温州みかんの木をよく見て、アゲハチョウの幼虫がいるのを確認してから近づいています。せっかく育った幼虫を踏んでしまっては申し訳ないので、気を付けています。

スポンサー広告



アゲハチョウの幼虫が温州みかんの葉を食べて休んでおります。
IMG_7305

可愛い姿ですね。ナデナデしてしまいます。
IMG_7306



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。