夕方、川の近くに散歩に出かけた。歩いていると、気温はかなり涼しい。久しぶりに見ると夏の間、あれほど生い茂っていた草木は枯れかけている。遠くでコオロギがないており、もう少しで虫や草たちの季節が終わるのを感じる。歩いていると水路みたいな痕があり、そこにセリが生えていた。辿っていくとそても小さいが水が溜まっている場所があり、何かいるようである。つい掬いたくなるが、救うものをもっていないので早々にあきらめる。何であるか水面を眺めていたが、暗くなってきているのでわからなかった。とても気になる小さな水溜りである。


水路で水がなくなっているが、セリが生えている。
IMG_20181014_163311

季節はすっかり秋。植物が枯れてきている。
IMG_20181014_163257

木が実をたくさんつけている。何の木だろうか?
IMG_20181014_162753

バッタ。季節が終わりなのか元気がなく逃げない。
IMG_20181014_163219

水溜りのような感じであるが、水路沿いにあり、何かいるような感じで水面が動いている感じであった。掬うものがないので何かはわからなかった。
IMG_20181014_163249



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。