ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』の60cm水槽ですが、2週間に1回水槽、設備含めた掃除を行ない、1週間に1回の水替えを行っています。まだ運用は確定しておりませんが、試してみて、上手く行けば、これで運用してみようと思います。

今日は1週間目の水替えの日です。

まず最初にすることは『ミッピーちゃん』に「今から水替えをするからねー。」と声かけします。『ミッピーちゃん』は飼育員の言葉にはスルーです。
次に部屋に水がこぼれてもいいように、下にゴザやタオルを敷きます。長期的にみて家の床が腐ってしまいますので、これは肝心な準備作業です。
その後、水とゴミ出しのポンプ2本とバケツ、『ミッピーちゃん』用の退避容器を持ってきます。暖かい水を汲んできて、これも『ミッピーちゃん』用の退避容器に入れます。
水槽のろ過機とヒーターLEDライトのスイッチをオフします。LEDライトは一旦よけます。
さて、ここからが水替え作業のスタートです。

スポンサー広告



水槽は茶苔で濁ってきています。
IMG_4308

水槽の底には食べ残しや糞などのゴミが溜まっております。
IMG_4310

ゴミの吸い出しは灯油ポンプの出番です。なかなかの性能でゴミを吸いとってくれます。もちろんゴミの吸い出しだけではなく、水の吸い出しもしてくれるので一石二鳥です。ただし、通常の吸い出しポンプよりかは、やや吸い込みは弱いです。あと、流石に少しゴミは残ってしまいます。
IMG_4320

スポンサー広告



ゴミに吸い出しが終了したら、通常の水の吸い出しポンプに変えて一気に吸い出します。
IMG_4322

『なになに~?なにが起きてるの~!』と岩穴から顔を覗かせるミッピーちゃん。
IMG_4326

水の吸い出し完了です。
IMG_4328

スポンサー広告



『ミッピーちゃん』を水槽から容器に移動。容器に暖かい水を入れてあげて「ちょっと待っててねー。」と声かけ。水替えが終わるまで、しばらくこの容器で待っていてもらいます。
IMG_4330

まず水槽にとても暖かい水を少し入れます。その後、常温水を入れてあげて(15℃を下回らないうように)20℃程度の水温に調整してあげて、ろ過機、ヒーター、LEDライトのスイッチをオンして、最後に『ミッピーちゃん』を容器から水槽に戻してあげます。
IMG_4333



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。