大分涼しく、といっても日中は相変わらず暑いですが、夜になると大分涼しくなる日が多くなりました。しかし、今年は、梅雨が長く真っ暗な日が続いたかと思うと、一気に真夏日、熱帯夜が続きました。水温は34℃までになりました。ヒメタニシは30℃ぐらいまで、オオタニシは28℃、カワニナは25℃までです。生き残るのが難しく厳しい環境でしたが、無事生き残り、再び子孫を残していっております。

生き残った理由は、低床に荒木田土を使用したので、暑い日は潜っていた。また流木や岩を置いていたので、その日蔭に隠れていた。マツモやアナカリスの陰に隠れていた。ホテイ草、これが大きかったと思いますが、ホテイ草の根や葉の裏に隠れて食料としていた。人工飼料のプレコで餓死しなかった。たまにグリーンウォーターを追加していたので、エサとしていた。などいくつもの要因が重なったんだと思います。

まだ、夏は完全に終わっていませんので、注視していきたいと思います。

スポンサー広告



こちらはヒメタニシの親たちです。生き残りました。
IMG_0357

こちらはハスの容器にいるヒメタニシたちです。稚貝もありますね。
IMG_0360

スポンサー広告



小さいですがカワニナの稚貝たちです。カワニナが生き残ったのは信じられません。
IMG_0361

オオタニシたちです。まだ小さいですが、すでに稚貝を産むことができます。傍に稚貝があります。こちらも、よくあの高水温で生き残ってくれました。
IMG_0362

スポンサー広告



スイレンの茎にヒメタニシたちがつかまっております。
IMG_0365

こちらも生き残った親タニシたちが水面にでてきております。
IMG_0367



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。