ミナミヌマエビが死んでしまう...。ビオトープ歴はもう9年目になる人間ですが、かつては勿論死んでしまうことがありました。最初は簡単に増えるだろう、難しくないだろうと、子供の頃に飼っていた記憶を頼りにビオトープを始めました。ビオトープにはメダカと共ににミナミヌマエビを入れましたが、ミナミヌマエビたちは、あっという間に死んでしまいました。

失敗に懲りずに何度も飼育環境を変えて、ミナミヌマエビを迎い入れましたが、すぐに死んでしまいました。いろいろやったと思います。水草の種類変更、ミナミヌマエビだけを飼う、水の量が増やす、または減らす、容器の変更、エサの間隔を長くする、短くする、水替えの頻度を多くする、または少なくする、設置場所の変更、などなど、いろいろ行いましたが、上手くいきません。全滅までとは行きませんが、春先に迎い入れたミナミヌマエビは産卵して、夏前までに稚エビたちを増やしていきますが、夏を迎えてから徐々に減っていき、秋には少数となります。冬を越して最後には、わずかな生き残りがいるだけで、翌年春に再び新たなミナミヌマエビを迎い入れる、といったことを、しばらくは繰り返しておりました。

メダカビオトープを始める時に、メダカ、タニシ、ドジョウ、そしてミナミヌマエビを一緒にいれることが多いと思います。その中にもっとも水質などの環境の影響を受けやすい、そして死んでしまいやすいのは、ミナミヌマエビなのです。ミナミヌマエビは特に水質に関しては敏感でして、バクテリアを増やす水質浄化剤を入れただけで、一晩で全滅してしまったこともあります。

ミナミヌマエビは水質の指標となる生き物でして、ミナミヌマエビが生きられない環境では、メダカもタニシも徐々に減っていってしまう環境なのです。

スポンサー広告



ある日わかりましたが、ミナミヌマエビをいろいろな容器で育てており、うまくいく容器があれば、うまくいかない容器があることがわかりました。それらの容器は、日当たりのよい場所で、マツモ、アナカリスなどの水草がある環境です。メダカもタニシも、ドジョウ(シマドジョウなどの小型ドジョウ)も混泳しております。

あれだけ、いろいろと工夫をこらしていたのに、うまくいった容器は何もしないでも秋にはミナミヌマエビは増えております。増えたミナミヌマエビを他の容器に入れて、他の容器も同じ飼育環境にしてみることで、以後新たにミナミヌマエビを迎い入れることなく、現在に至ります。

飼育してみた経験から言いますと、ミナミヌマエビは飼育環境を変えられることに敏感であり、特に飼育水を入れ替えることが苦手な性格ということがわかりました。

屋外の容器は水換えをするのは春のみでして、水が減ってきたら足し水するのみにしています。長くても半年ほどで死なせてしまったミナミヌマエビを越冬させて、春から再び繁殖と1年以上飼育することができて、殖やすことができております。

1点だけ言いますと、この春だけは、容器で育てている弱点でして、春の水替え、植え替えによって、環境変化が著しいことにより、一部のミナミヌマエビはどうしても死なせてしまいます。ただし、再び繁殖ですぐに増えていきます。

夏は豊富な水草や岩、流木などに隠れていることが多い為、夏の直射日光による高温に耐えることもできますし、寒い冬も水底でじっとしており、真冬(我が家は千葉県です)でも日光が当たる天気ではミナミヌマエビが泳いでいる姿を見ることもできます。

また、ミナミヌマエビが元気に育つ環境、繁殖する環境は、メダカやタニシにとっても良い環境でしって、メダカやタニシも死んでしまうことがなくなりましたし、繁殖するようになりました。

まとめますと、日当たりのよい環境で、水草など隠れる場所があり、天敵がおらず、水質が安定している場所であれば、ミナミヌマエビは元気に生きて、繁殖すると思います。

スポンサー広告



ミナミヌマエビとタニシの稚貝です。
IMG_1735

夜のビオトープです。稚エビとともにミナミヌマエビが出てきております。
IMG_7087



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。