我が家で一番大きな容器ですが、過去にいろいろと容器で飼う種類の魚を変えてきましたが、なかなか定着しないのが実情でして、昨年は白メダカとヒドジョウをメインに飼っておりましたが、どうやら冬の間にエサ不足となったヒドジョウが白メダカを襲った模様でして、ほとんどのたった1匹の白メダカしか越冬できませんでした(他、ヒメダカや黒メダカは問題なかったのですが)。

なかなか大きな容器ですので、逆にいまいち使いどころがないといいますか、うまく使いこなせていないのが現状です。

話しを戻しまして、そこで今年は、小赤にクチボソ、ヒドジョウ、ヒメタニシ、ミナミヌマエビという陣容で飼育しております。今のところ、問題は起きておりませんが、まだ始まったばかりですので、見守ることが必要です。

エサは浮上性のメダカのエサと沈下性もプレコを与えているのですが、浮上性のメダカのエサを与えると、小赤を筆頭に、クチボソやヒドジョウなどが水面にでてきて食べてくれています。

しかしながら、カメラを構えて写真を撮ろうとしますと、なかなか素早く、水面に出てくるのが一瞬ですので、うまく撮れません。もう少し、元気な姿をじっくりと見せてくれよ~、と思うのですが、自然のものを相手にしておりますので、なかなか思うようにいきません。

みんな元気にしてくれていればいいのですが、できればうまく撮ってみたいものです。


スポンサー広告



小赤とヒドジョウが浮上性のエサを食べています。
IMG_7137

クチボソは何回撮ろうとしても上手く行きません。動きが素早すぎます。
IMG_7131



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。