今日は最高気温が20℃と暖かい日でした。それでもメダカたちはエサを欲しがるようなそぶりを見せませんでした。

今シーズンはエサをあげるのをやめましたので、それはそれでいいんですけども、やはり冬を間近に感じているのか?いくら昼間暖かくでも、シーズン中の動きとは違います。メダカたちは暖かくなっても泳ぎ廻ったりはせずに、日向ぼっこをしているようでした。

今シーズンもメダカはよくエサを食べてくれ、沢山の子孫を残してくれました。メダカに体力をつけてもらい繁殖してもらうには、やはり市販のエサが必要なのです。

メダカにエサをあげなくても、微生物が多く繁殖している、藻やコケなどが生えている環境であれば、繁殖はすると思いますが、多くの繁殖は見込めませんので、市販のエサをあげて一押ししてあげる必要があります。

メダカの市販のエサは、もう沢山のサイトで「オススメのメダカのエサ」として紹介されていますので、いろいろな情報が手に入ると思います。

そしてそれは、メダカの成長、繁殖、長寿を助けてくれるものであります。ただ、メダカだけを飼っていれば、いわゆるオススメのメダカ専用のエサをあげていればいいと思います。自分の飼育環境にあったといいますか、自分が好むエサをあげると思います。

ただし、メダカだけを飼っている方もいれば、メダカ以外の生き物を混泳させて飼っている方も多いと思います。そうなりますと、メダカ以外の生き物もエサをあげなくてはならない、と思うかもしれません。

メダカ以外の生き物、おそらく、タニシやカワニナなどの貝類やミナミヌマエビなどを混泳させることが多いと思いますが、これら生き物もそのまま飼っていては繁殖して多く増やす事は難しいと思います。

そこはやはり市販のエサの力を借りなくてはいけません。

ただし、メダカはメダカのエサ、タニシやカワニナには貝類のエサ、ミナミヌマエビにはヌマエビのエサと、それぞれ専用のエサをあげていますと、容器の中の水は、あっと言う間に汚れてしまい、容器の中にいる生き物は繁殖どころか、健全に生きることもできません。

容器の中のどの生き物が食べれるエサはあるんでしょうか?・・・答えはあるにはあります。

プレコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン ひかりクレスト プレコ 300g えさ 関東当日便
価格:1150円(税込、送料別) (2022/11/27時点)


「プレコ」は、商品名、またパッケージのとおり、熱帯魚のプレコ用のエサです。この「プレコ」はとても万能のエサでして、メダカはもちろんですが、ミナミヌマエビ、そしてタニシやカワニナなどの貝類も食べてくれるということです。

「プレコ」の使用原料である「クロレラ」が、多くの生き物たちに高い栄養を与えているです。

「クロレラ」は「地球の生命の原点」として今から約20億年前に誕生したと考えられていますが、非常に微細なため、その発見は19世紀末のことでした。

「クロレラ」は直径3~8μm(ミクロン)のほぼ球形の単細胞緑藻で、主に湖沼や河川などに生息しています。

「クロレラ」は“食物連鎖の起点=生産者”として地球上の多くの命を支えており、「クロレラ」を食べて成長する動物プランクトンを餌として多くの魚が食べてという食物連鎖を形成しており、多くの生き物の成長に欠かせない存在となっています。

プレコに集まるメダカたち
IMG_5060
プレコに集まるヒメタニシたち。
IMG_2847

クロレラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

観賞魚用クロレラ 20g 約100粒 関東当日便
価格:488円(税込、送料別) (2022/11/27時点)


上記の「プレコ」の使用原料である「クロレラ」そのものになります。人間の健康食品にも販売されており、メダカなどの生き物にも、とても体にいいエサとなっています。

先の「プレコ」と同様に沈下性のエサなので、底物の食料となりますが、上層や中層が住民の魚でも底(下層)まできて食べてくれるエサなのです。

底物はエビ、貝類だけでなく、熱帯魚ではコリドラス、そしてドジョウが食べつくしてくれます。

「クロレラ」には、9種類の必須アミノ酸、各種ビタミン、ミネラルを含まれており、魚の健康を維持するためにとても良いエサだと思っています。

そして、「クロレラ」自体が、動物プランクトンの「ミジンコ」や「ゾウリムシ」のエサになりますので、「ミジンコ」や「ゾウリムシ」を繁殖させて増やして、メダカにあげている方が多いのです。

1日の量は、飼育環境によってバラバラで1Lに1錠もあれば、3Lで1錠もありますので、最初は少なめにあげて様子をみて量を調整していきます。

エビオス錠



「エビオス錠」とは、乾燥酵母(ビール酵母)から生まれた指定医薬部外品です。
「エビオス錠」の成分である乾燥酵母 (ビール酵母を精製・乾燥させたもの)に含まれる40種の栄養成分が「胃もたれ・消化不良」などの弱った胃腸をいたわり、 元気な状態にしていきます。

「エビオス錠」とは、「ゾウリムシ」の培養に使用されることが多いです。

メダカに「エビオス錠」をあげますと、最初のうちは、メダカは様子を見ているのか?いきなり食べ始めることはありませんが、そのうちに「エビオス錠」の回りに群がり始めて食べ始めます。

1日の量は、飼育環境によってバラバラで1Lに1錠もあれば、3Lで1錠もありますので、最初は少なめにあげて様子をみて量を調整していきます。

PSB(光合成細菌)



PSBとは、酸素を発生させない光合成を行って生育する細菌、光合成細菌を主としたバクテリア剤です。

PSBは、紅色無硫黄細菌(Purple Non Sulfur Bacterla)の略で、光合成細菌の一種です。

光合成細菌の菌体成分には、豊富なアミノ酸やビタミンが含まれています。このことから、メダカ飼育においても栄養源としての利用が可能です。

PSBは、汚れの原因となる有害な有機物を分解し繁殖するので、水質浄化作用があり使用されることもある一方、メダカ飼育では人工飼料の他、ミジンコなどの動物プランクトンがエサとしても利用されています。

動物プランクトンを介した間接的な摂取だけでなく、メダカの稚魚は光合成細菌直接的な摂食も行います。

PSBは液状です。一般的なPSB商品の場合、飼育水10Lに10ml程度添加するのが適切な量と記載されているものが多いです。 60cm水槽(60L)の場合は50ml、90cm水槽(180L)の場合は150mlを添加するのが目安となっています。 



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。