姫スイレンが咲きました。4月25日に「春の大掃除」で植え替えを行いましたが、その時点では蕾の状態でした。

姫スイレンは小型の睡蓮で、睡蓮を植えるとなりますと、ある程度の水面の広さが必要になります。睡蓮の葉が水面で拡がって、太陽の光を受けて光合成する必要があるからです。

従いまして、ある程度の面積の広さのある容器が必要になります。それでも池や沼とは違い、限られた範囲ですので、葉が水面を覆ってしまいますと、太陽の光が底に届かなくなり、(飼っているとしたら)水生植物や微生物が死滅してしまいますので、取り除いてやる必要があります。

◆基本情報
【品種名】 : 姫スイレン
【分類】  : 抽水性植物(温帯性)
【草丈】  : 花2cm~4cm程度、シーズン5回程度
【分布地】 : 日本
【開花期】 : 4月~8月
【冬場】  : 冬は地上部は枯れる
【繁殖】  : 地下部でランナーを伸ばして芽を出す
【水管理】   鉢植えの場合は鉢ごと水につけ、
        株元が必ず水につかる水位で生育
【日当たり】: 半日以上、直射日光があたる
        ところに置く
【用土】  : 水生植物の土(土の配合が難しいので
        水生植物の土を使用したほうがよい)
【肥料】    緩効性の化成肥料を土に埋める
        (肥料食いなので、
        シーズンは2~3週間毎)
【シーズン】: 4~10月(シーズン中は水上葉、
        シーズン外は水中葉を増やすので
        1年中)
【鉢サイズ】: 4号~7号程度

※参考:鉢サイズ
号数 鉢の直径(cm) 土の量(L)
3号鉢 9 0.3
4号鉢 12 0.6
5号鉢 15 1.3
6号鉢 18 2.2
7号鉢 21 3.5
8号鉢 24 5.2
9号鉢 27 7.8
10号鉢 30 8.4
11号鉢 33 10
12号鉢 36 14


「春の大掃除」で植え替えましたが、その時は蕾でした。蕾の状態で植え替えしますと開花せずに枯れてしまうこともあるのですが、今回は見事に開花してくれました。
IMG_5017



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク