※モバイルデバイス対応済

アサザの花が咲きそうだ。今年でビオトープ歴は7年目を迎えているが、過去アサザを育てるも何度も失敗している。

原因としては我が家の日照環境は南西に位置しており、強烈な西日が当たり葉焼けして溶けていってしまうか、生命力の強い植物を同じ容器で育てたことで駆逐されてしまうといった失敗だ。アサザだけでは容器全体が寂しくなると感じて、つい他の植物を植えてしまうのだ。


スポンサー広告



今回はアサザをメインにして育てたことで弦を伸ばして水面一面に葉を拡げて大きく育ったた。日当たりもよい場所に容器を置いたのも好結果につながったと思う。

ちなみに今回もアサザは強烈な西日が当たっている。ただし春の状態から西日が当たっているので問題ない。葉が溶けてしまう場合は日当たりの悪い場所に容器を設置して突然西日が当たってします状態で急激な環境変化に耐えきれない為を推測する。

そう考えればアサザの花を咲かせるのは難しいことではない。5月から7月にかけて2ヶ月間あまり毎日花を咲かせて楽しませてくれる。花は朝に咲いて午前中には枯れてしまう。

スポンサー広告



黄色くて、かわいい花を咲かせてほしいアサザ。
IMG_2871



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。