※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

水を入れた容器で発芽させたハスのタネを鉢に植えることにした。発芽後も水につけて浮き葉が一枚でも開くのを待っていたが一向に開きそうにない。

しびれを切らして鉢に植えてしまうことにした。ただ日中はだいぶ暖かくなったが夜はかなり冷える。ハスの成長が止まってしまわないか心配ではある。



写真ではわからないが3つ目の芽もでてきている。
IMG_2926

一枚葉っぱが黒いなぁ。嫌な予感。
IMG_2927


スポンサーリンク


◆フィレンツェポット400 
容器は以前に購入済。以前の容器より一回り大きいがハスには小さいかも。

直径:Φ400、高さ:328
IMG_2928

用土は、赤玉土と腐葉土のブレンドなんてやりません(諸先輩方の真似は無理~)。市販の用土と肥料で賄います。

使用しない用土も写っており紛らわしいが『スイレンとハスの土』を5リットルぐらいと『水生植物の土』を1リットル使用した。
IMG_2930


ハスを真ん中に植えて、周りをウォーターバコパを植える。

ウォーターバコパは、そのうちたくさん増えるけど、ハスには影響ないし、後で入れる予定のメダカやヒメタニシ、ミナミヌマエビの隠れ家になる。
IMG_2931

水(カルキ抜き)を入れて、パイロットとして、マドジョウ大人2匹を投入。深めの植えたから、水生植物の掘り返しも大丈夫。
IMG_2948



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク