子供が小学生ぐらいになりますと、授業や校外学習、や友達からの情報で「何か生き物を飼いたい?」となるかと思います。以前に「ダンゴムシ」を紹介しましたが、これは幼稚園など、一番最初に飼うオススメ生き物でした。

この「ダンゴムシ」も小学生ぐらいになりますと、何かもっとカッコいい生き物を飼いたくなるかと思います。

そこで親としては「何か飼う生き物はいないかな?」となるわけですが「身近にいる、近所で子供と一緒に捕る体験もできる生き物」「(子供が)すぐ飽きるから、できるだけお金をかけない」「(親)自身も体験した生き物なら子供にも教えやすい」という条件が増えていきます。

そうなると、なかなか難しくなるのが「身近にいる、近所で子供と一緒に捕る体験もできる生き物」が障壁になります。近所には川や池、沼などがあまりありません。用水路もありますが、ドブ川化しております。川や池には「昔(大分昔になりますけども)飼いやすい今ブームのメダカはおりません。

今、川や池、沼などに沢山繁殖している生物は、外来種のブルーギル、カダヤシ、ブラックバス、ウシガエルです。ブルーギル、カダヤシ、ブラックバスは特定外債物であり、持ち帰ることも飼育することもできませんし、そもそも飼おうとか思わないかもしれません。

ウシガエルのおたまじゃくしは、かなり大きいので気持ち悪いので、飼いたくないかもしれません。何せカエルになるまで1~2年も要します。

そこで、外来種であるものの、まだ特定外来生物の指定になっておらずに「身近にいる、近所で子供と一緒に捕る体験もできる生き物」に当てはまるのは『ザリガニ』なのです。


IMG_2891


IMG_3544


『ザリガニ』であれば、水質汚染に強く、今や川や池、沼や用水路、田んぼなど、どこでもいると言っても過言ではありません。これは調達しやすい、そしてコストなしで調達することができます。

そして『ザリガニ』は水質汚染に強く、子供だけでも飼うことができます。『ザリガニ』は「別名まっかちん」などと言われており、オスは大きな2つのハサミを持っていますので、かっこいいですし、親のオスメスを1匹ずつ入れておけば、繁殖も簡単な方なので子孫を残すこともできます。

また、親になるまで脱皮して大きくなっていきますので、いろいろなイベントを楽しむことができます。エサも雑食性が強いので、煮干しや魚の切り身、レタスや水草、専用の人工飼料など、何でも食べますので、エサやりも簡単です。

唯一の難点は水をすぐに汚しますので、水替えの頻度を多くするか、ろ過機を入れて、水を綺麗にしないといけないことですが、これも子供と一緒に楽しむことができます。

ひとつだけ、ザリガニを飼育したら、最後まで面倒を見ましょう。再び川や池などに逃がしてはいけません。

ぜひ、ザリガニを飼うことをご検討してみてください。





※最後にご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク