今日は秋晴れでした。日光があたると暖かいのですが、風は冷たく長袖長ズボンでないと寒さを感じる季節となりました。

今日の最高気温は19℃、最低気温は10℃でした。

メダカで言うと水温15℃以下になると活動が鈍くなり、水温10℃以下になるとエサを食べなくなる水温の季節となったのです。

それでも日が昇り、日光が当たれば暖かくなりますので、メダカたち水棲生物は活発に動き始めますのでエサをあげております。

エサをあげれば、我先にと争って食べていたシーズン中とは違い、「あ、エサだ!食べるかぁ。」みたいな感じで食べるのです。

いよいよ「冬のエサ断ち」をする時期がやってきました。少し様子を見て時期を決めたいと思います。

チョウセンブナの稚魚たちです。
IMG_6458

白メダカの容器です。アナカリスが光合成をして泡を出しています。
IMG_6457

ヒメダカです。エサを食べてそこそこに水草の陰でひっそりと休んでいます。
IMG_6462

水底でヒメダカがエサを食べています。
IMG_6468

メダカの稚魚たちが一生懸命食べて大きくなろうとしています。
IMG_6464

ヒドジョウが水草の根の下に潜って休んでいます。
IMG_6466



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク