菌糸ビンを3月27日に春一番の菌糸ビン交換後、1ヶ月が経過しました。 当初、菌糸ビンに食痕が増えていたのですが、そのうちに空洞が目立つようになり、本日見ると蛹化しておりました。

蛹化するのを4月に見るのは初めてであり、2021年は5月26日、2020年は記録なく、2019年は6月3日と今年は例年に呉べて1ヶ月程度早く蛹化しております。

少し前に暑い日が続いたからなのか、そのような血統だったのか、何故今年だけが蛹化は早いのかはわかっておりません。

オオクワガタが成虫になって地上に出てくるのは、蛹になって4週間から8週間で羽化羽化した成虫が1ヶ月程度で体が固まり地上に出てくるので、おおよそ2~3ヶ月となります。

地上に出てくるのは2ヶ月ですと予想では6月28日、3ヶ月ですと7月28日です。早いといっても初夏にあわせて成虫が地上にでてくるので日程的に早くもないのかもしれません。

とにかく無事に成虫になって地上に出てくれることが願っておりますが、少しオスが多いとうれしいです。こればかりはわかりませんので、じっくり待ちたいと思います。


蛹化したオオクワガタです。元気な姿の成虫が見たいです。
IMG_7283



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。