猛暑が続いておりますが、台風3号の影響で、今日から曇り空の時間が多くなっております。予報通りであれば、7月6日(水)には関東に上陸する模様です。

6月末頃に続いた強風の影響で生育に影響のありましたガーデニングや水生植物が復活してきているので、台風で再びダメージを受けなければと思います。

連日、海やプールなどの映像がテレビのニュースで放映されておりまして、すでに夏真っ盛りとなっておりますが、我が家のオオクワガタも夏のシーズンに突入しております。

それは屋外で越冬した成虫のことですが、連日連夜、ゼリーをしっかり平らげており、設置した産卵木が穴ぼこだらけになっております。産卵痕じゃないような気がしますが、もしかしらた産卵しているのかもしれません。

一方、屋内で飼育している幼虫はというと、菌糸ビンから「カリカリ」と毎夜、音が聞こえてきます。

いよいよ、4月に蛹化した成虫が菌糸ビンの地上に出てくるのかと思いましたが、なかなか出てきてくれません。

オオクワガタが成虫になって地上に出てくるのは、蛹になって4週間から8週間で羽化羽化した成虫が1ヶ月程度で体が固まり地上に出てくるので、おおよそ2~3ヶ月となります。

2022年の今年は4月末に蛹化を確認できましたので、地上に出てくるのは2ヶ月ですと予想では6月28日、3ヶ月ですと7月28日という予想でした。

今は7月3日ですので、2ヶ月で(まだでてませんが)地上に出てくることになります。

そこで、本日は菌糸ビンを掘り出すことにしました。


菌糸ビン2000㏄が2本です。
IMG_7944

菌糸ビンの蓋を開けます。地上には出てきていません。
IMG_7945

菌糸ビンを少し掘ると成虫が出てきました。オスなのかメスなのかはわかりません。
IMG_7947

最初の成虫はメスでした。まぁまぁの大きさで元気です。
IMG_7950_

次にオスが出てきました。
IMG_7951

オスが出てきました。形はいいのですが、とても小さいです。
IMG_7953

菌糸ビンを掘り出していくと大物が現れました。
IMG_7958

せっかくの大物でしたが羽化不全でした。歩き方も弱弱しいです。
IMG_7959

菌糸ビン2本目です。
IMG_7961

菌糸ビンを掘り始めるとオスが出てきました。
IMG_7963

菌糸ビンを掘りすすんでも後はメスばかりでした。
IMG_7965

オスが3匹、メスが5匹という結果でした。
IMG_7967

オオクワガタの成虫たちを飼育ケースに入れます。羽化1年目は産卵はしませんので産卵木は設置しません。そうなるとひっくり返ると起き上がることができずに衰弱して死んでしまうので、転倒防止材を入れておきます。
IMG_7970

オス1匹が羽化不全でしたが、一緒に入れておいたら、いきなりメスに片方の顎をもがれてしまいました。失敗してしまいした。弱いのだけ別に隔離すればよかったです。この1匹は別の飼育ケースに入れています。片方の顎が痛々しいです。
IMG_7973



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。