今年もカブトムシが蛹化しました。1ヶ月程度で羽化して地上に出てきます。それが夏の始まりを告げます。今までカブトムシの幼虫が容器の中にある食料のマットを食べる為に所狭しと動いておりましたが、蛹室を作って、そこで蛹になってしまいますので、マットを掘り返すことがなくなります。

暖かい気候と、邪魔をするものがいなくなる、この期間に「奴らの登場」となります。

「コバエ」です。

ほんとにどこから湧いてくるのかと思いますが、いつの間にか増えていますね。コバエは少しの隙間があれば侵入してきますが、おそらくマットに卵があって孵化しているのかなぁと思います。

コバエを侵入を許したら最後、コバエは成長が早く、産卵から羽化(親ハエ)になるまで、わずか10日前後です。卵を1度に50個前後産みますので、1匹の侵入(発生)を許して産卵し始めたら一気の増えていきます。

寿命は2週間ですが、その間に2回~3回産卵します。これが何匹もいて産卵していきますと、恐ろしいことになります。

毎年、蛹化前から物凄い数のコバエが大量発生しておりますが、今年に関しては、まだそんなに発生しておりません。ただし、すぐにコバエは大量の発生しますので、喜んではいられません。

コバエを何としても防除(ぼうじょ)しないといけません。「ぼうじょ」とは、ふせぎのぞくこと。予防し除くこと。特に、農作物を病害や虫害から防ぎ、それを駆除すること、という意味です。

この1ヶ月を乗り切るには、昨年も行いましたが、コバエを完全に防除はできないものの、とてもリスキーなやり方ですが、殺虫剤を使用した方法で乗り切ることにします。何といってもベランダですので、お隣様に迷惑をかけることはできません。


カブトムシが蛹化しました。観察する為の購入した細いケースから見た光景です。
IMG_5224


◆カブトムシの蛹を横から観察するケース

カブトムシの蛹(さなぎ)を横から観察する細い飼育ケース


カブトムシの容器です。容器の底でカブトムシたちが一斉に蛹化しています。
IMG_5238

コバエが数匹います。この数匹が大量発生を生み出すのです。
IMG_5239

殺虫剤「コバエ退治」を使用します。
IMG_5240




殺虫剤をバケツに入れて、キッチンペーパーを浸けます。
IMG_5242

殺虫剤を浸けたキッチンペーパーをマットの表面に被せます。
IMG_5243



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク