我が家にはヒドジョウ、マドジョウ、シマドジョウの3種類がおります。ドジョウ自体は好きでして、底物として掃除をしてくるということがあまり考えておりませんで、あくまで愛らしい風貌に惹かれているといった方がいいのかもしれません。

その中でヒドジョウは黄色い姿で、とても目立ちますし、この黄色が鮮やかなので、元々のマドジョウと変わらないことを忘れてしまいます。

ヒドジョウはマドジョウの色素変異個体です。このヒドジョウに魅入られてしまい。ついつい購入してしまう自分がおります。

実際に毎年のように子供のヒドジョウを何匹か購入しています。何匹か購入しますとヒドジョウだらけになるかというと、ヒドジョウはマドジョウよりも若干弱いのか水質汚染や冬の寒さにやや弱いように感じされまして、大人の大きさ(10㎝)になるまでに死なせてしまっていることも多いです。

近くにありますホームセンターでヒドジョウを販売しているのですが、これが間違いなく市場価格よりかなり安いことも手伝ってか、シーズンになりますとヒドジョウを購入してしまいます。

そのホームセンターに行きますと毎回アクアリウムコーナーに立ち寄ってしまいますが、ヒドジョウの可愛らしい姿に値段も安いとあって購入してしまうのです。

2023年の今年もヒドジョウ4匹を購入してしまいました。アクアリウムコーナーに店員さんがおりませんので、呼び出しブザーを鳴らしたところ、店員さんがすぐに来られました。バイトの方で全くわからない様子でして、黒龍メダカとヒドジョウが一緒に入っている水槽でしたが、ヒドジョウがわからない模様でした(ズッコケ!)。ヒドジョウを指さして『水槽にいる4匹(全部)をください。』と言いました。

ドジョウの取り出しは難しいようでベテランの店員さんを呼んできてヒドジョウを掬ってもらっており、ついでにレクチャーを受けておりました。がんばれー!!!


ヒドジョウ4匹を購入しました。
IMG_0649

ヒドジョウの子供です。
IMG_0652



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。