※アドセンス再設定対応済

心配されていました台風12号は本日午後、温帯低気圧に変わりました。この温帯低気圧は25日の日中に
日本列島に最も近づく見込みでまとまった雨に注意が必要との事です。杞憂に終わってなによりです。

ただでさえ、コロナウィルスでマインドが落ち込んでいるのに、台風直撃で災害でもなろうものなら、立ち直れなくなってしまいます。今年は今のところ本州上陸がありません。神様がうまく上陸しないようにしてくれているのでしょうか。このまま冬を迎えたいものです。

さて、台風12号の影響で一気に気温が下がりまして、ここ2日ばかり窓を開けて寝ますと風が涼しすぎるといいますか寒いぐらいでした。

気温が上がりませんので、当然水温も上がらずに、一気にメダカたち含めた水生生物の動きが鈍くなりました。

そんな中、チョウセンブナの若魚たちは、寄り集まって、じっとしている姿を見かけました。

気温が下がって寒いからか?風雨となっているからか?とも思いますが、おそらく容器内の敵から身を守っているのではないかと思います。

この容器は成熟したチョウセンブナや大きなマドジョウがおりますので、夜間に襲われないように一箇所に集まっているのだと思います。

アサザが繁茂している場所で一箇所に集まっているチョウセンブナの若魚たちです。
IMG_3939

ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』です。ヒーターの近くに陣取っています。屋外なのにヒーターってと思いますが、家族が「ミッピーちゃん、寒くて可哀想!」といって設置しているのです。「早く屋内に入れてあげて!」とせかされております。
IMG_3942



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク