4月19日に『春の大掃除』を開始しましたが、1日ではベランダに沢山ある容器全ては、とてもできるわけではなく、週末土日にかけての作業となりました。

今回は、容器の統合や容器の中の生き物の組み合わせの変更、そしてレイアウト変更をすることもあり、容器から生き物や植物を退避し、容器の掃除、綺麗になった容器に生き物や植物を戻す、といった一連の作業なら、まだ楽なのですが、容器統合となると容器から生き物や植物を退避したままにしておかなくてはいけません。

そのままにして、次の容器にとりかかれなくてはいかませんので、徐々に場所が限られたベランダには、置き場所がなくなっていきます。

容器も空き容器や、生き物を入れている(退避している)容器、植物を入れている(退避している)容器、取り出した用土のゴミ袋、枯れ葉などのゴミ袋など、所狭しと置いていますので、歩くのもつらくなりますし、一つの動作も時間がかかります。

悪戦苦闘しながらも、一つずつ容器の交換を実施しまして、徐々に片付いていきますと、歩きやすくなりますが、再び容器を置いたりしますと、また歩きにくくなるといった繰り返しでした。

何とか週末2日間で終わらすことができました。容器を統合しましたので、かなりスペースができました。


白メダカの容器です。アナカリスが凄い繁茂しています。
IMG_4846

ヒメダカの容器です。コケで凄いことになっています。
IMG_4847

ホテイ草を取り出します。ホテイ草の根にはヒメタニシ、カワニナの貝類やミナミヌマエビなどがついています。
IMG_4850

そしてメダカの卵が付着していますので、ここでいきなり作業中断です。卵を一つ一つ採取して隔離容器に入れていきます。
IMG_4851

ヒメダカです。元気ですね。
IMG_4855

白メダカです。ふっくらしています。
IMG_4856

メダカを取り出した後に水を抜き出します。サイフォンの原理で取り出します。
IMG_4862

水を取り出した後です。ヒメタニシやカワニナがいます。
IMG_4864

ヒメタニシとカワニナです。白メダカの容器に入れています。ヒメタニシ1にカワニナ5ぐらいに割合です。こんなに差がついたの年は初めてです。
IMG_4867

シマドジョウです。メダカとの混泳にオススメなドジョウです。
IMG_4872

ミナミヌマエビです。1匹1匹手でつかまえて捕っていきます。根気のいる作業です。
IMG_4871

チョウセンブナの容器です。
IMG_4873

ホテイ草を取り出します。
IMG_4874

チョウセンブナです。カップで水を掬おうとしたら入ってきました。
IMG_4878

チョウセンブナです。
IMG_4881

マドジョウです。ふっくらして大きく育っています。
IMG_4886

コリドラス・パレアタスです。大きく育っています。ゴールデン・バルブとコリドラス・パレアタスの容器ですが、容器全体の写真を撮るのを忘れました。
IMG_4892

ゴールデン・バルブです。6匹いましたが、2匹減っておりました。
IMG_4893

白いミナミヌマエビです。アルビノでしょうか。
IMG_4895



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク