今日も風はやや冷たいんですが、日が当たると暖かくメダカたちも元気に泳いでいます。

ヒメタニシもカワニナも元気に姿を現し、ミナミヌマエビやドジョウなども可愛らしい姿を見せてくれています。

水棲生物だけでなく、水生植物たちも暖かくなったことで芽を出しています。無事に冬を越したようです。冬をうまく越せないと、いつまでたっても芽を出してくれず、鉢から掘り出しますと根も枯れていたなんてこともあります。

まだ、今年春に行うべき容器の水替え、植え替え、用土替えをしていません。流石に昨年1年間の魚に害のある亜硝酸やアンモニアなども堆積しておりますし、容器の中は藻やコケだらけになっています。そして植木鉢に植えて沈めている水生植物も根がパンパンですし、用土も栄養もなくなっていると思います。

そんな環境ですが、水生植物たちも元気に芽を出してくれています。そして、あっと言う間に大きく育ち始めています。

早く植え替えてあげたいんですが、なかなか時間がとれませんので、水生植物たちはもう少しの辛抱です。用土はたんまりと購入しましたので時間ができた時点で交換したいと思います。

ハンゲショウ、サジオモダカ、シロバナサクラタデが繁茂しています。
IMG_4703

コガマですね。地中でランナーを出して、あちこちで芽が生えています。
IMG_4706

手前がヘラオモダカで、奥がトウゴクヘラオモダカです。オモダカは枯れてしまいました。
IMG_4708

姫スイレンが蕾を出しています。まだ植え替えしていないんですよね。このまま植え替えると枯れてしまいます。
IMG_4692



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク