春がきてサクラも散ってきておりますが、我が家の春の一大行事である、メダカ容器の水替え、用土替え、植え替えは事情によりGW近くに行うことになっています。GW少し前にはと思いますが、しばらくは待たなくてはいけません。

メダカの抱卵も始まっており、本来であれば今シーズン過ごすための大掃除を行い、用土に堆積した亜硝酸などの猛毒な物質を取り除いてあげなくてはいけません。

水棲生物(我が家は多年草ばかり)たちは活性しているので、こちらも春になれば新芽を出して大きく成長していきますので、早めに用土を交換してあげないといけません。

容器レイアウトも今年はまた大きく変更しようと思っています。日当たりのよい場所に置けない大きい容器をやめて、少しコンパクトな容器を新たに購入して、その容器に集約しようと思っています。

我が家は正午から日が当たる環境でした、南西なので西日がとても強い特殊な環境なのですが、日当りが少しでも悪いところ置くと水生植物の生育が悪くなります。今年置く場所は日当たりがいいので、水生植物は元気に育つので期待しています。


春になって新芽がでてきました。中央がサジオモダカです。シロバナサクラタデの芽も周りに出ています。ハンゲショウの芽がでていないですね。
IMG_4625

コガマが生えています。
IMG_4634

ヘラオモダカの芽です。
IMG_4635

姫スイレンも芽が出ています。今年も咲いてくれるといいですね。
IMG_4639



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク