虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告




2017年06月


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

予備のハスの種を鉢に植えけど、うまく育っていない。ただ新しい芽は出ているので希望はある。今年にいきなり咲かすなんて目標が高すぎたかー。普通に立ち葉までいけばいいかな。

ハスの鉢。ウォータバコパのほうが元気。
IMG_3274

2つ目の芽がでている。軌道にのってくれれば。
IMG_3275



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

ミシシッピニオイガメのミッピーちゃんは今日も元気。あ!記事書いてて思い出したけど食事がしたいんだったけど忘れてた。食事させよう!

IMG_3271

IMG_3273



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

梅雨になり蒸し暑い日が続いているがメダカたちは元気だ。我が家は例年梅雨になると消えていくメダカが多いのだが今年は少ない方だと思う。このまま夏を迎えてほしい。

白メダカやヒメダカの子供達は、だいぶ個体差がでてきており、もう親のいる容器に入れても大丈夫そうな大きさの子供もいる。

チョウセンブナの子供がいる容器にも水草についていた卵から孵化した子供たちは元気に泳いでいる。よく泳ぎ廻っているのでチョウセンブナの子供達よりかなり目立ち、よく探さないとどこにいるかわからない。



白メダカの子供たち。少数精鋭..。もっと増やしたい。
IMG_3258

ヒメダカの子供たち。体の大きさにかなりの差がある。
IMG_3260

チョウセンブナの子供を飼育している容器で泳いでいるヒメダカの子供たち。
IMG_3268

白メダカの親たち。
IMG_3261

白メダカが一匹亡くなっており、レッドラムズホーンの餌になっている。
IMG_3263

ヒメダカとコリドラス・パレアタス。春に比べてかなり大きくなった。
IMG_3266



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済(不要)
※アドセンス再設定対応済

最近夜は寒い日が続いているけど、アメリカカブトエビは今日も元気に泳いでいる。さらに体長は大きくなってきており、うまくいけば産卵するのかなと思うぐらいな体長になっている。

産卵シーンは荒木田土を巻き上げているのか?エサのあげすぎか?わからないが水が濁っていて底が見えないので貴重なシーンは見れそうにないけど楽しみにしている。

写真では4匹だが5匹確認できている。ひとまず安心。
IMG_3256



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済(不要)
※アドセンス再設定対応済

我が家は海に近く強風でビオトープが壊滅的な状態になることがある。昨日はその強風が発生し、かなりの被害がでるかと思い諦めていたが植物たちはかなり踏ん張ったらしく壊滅的な状態にはならなかった。

ただちょっとコガマが斜めになったり、茎の細いブルーイグサやヨコシマフトイは折れてしまったが、なんとか持ちこたえたほうだろう。折れてしまったものはカットしたり、斜めになったものは縦に直したりした。植物の生命力は強いからすぐに戻るだろう。



コガマ、ちょっと斜めになっている。
IMG_3251

ブルーイグサやヨコシマフトイは折れてしまった。
IMG_3253

アサガオは問題なし。
IMG_3252

綿花は斜めになったが、もとに戻った。
IMG_3254



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済(不要)
※アドセンス再設定対応済

今日もカワバタモロコ(透明鱗フナかも)が亡くなった。ここのところ連日だ。もうすでにカワニナの餌になっている。自然の摂理だけど悲しい。

カワニナやヒメタニシが寄ってきている。
IMG_3250



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

今日の風はすごい!会社から帰ると最寄りの駅前はものすごい強風で歩くのも大変であった。強風であったのでビオトープの心配をしながら帰宅したが、玄関のドアがなかなか開けられずに苦労した。

玄関のドアを開けても隙間風の音がビュービュー鳴っている。ベランダのビオトープを恐る恐る見ると、所々『被害』はでているものの、まだ水生植物達は強風に必死に立ち向かっていた。


我が家の環境は南西に位置し、海から1.4キロと近くで度々強風の洗礼を受ける。特に我が家のビオトープは抽水植物が多い為、この海からの強風でモロにダメージを受けてしまう。葉や茎が折れる!→心折れる!→しばらくすると復活!の繰り返しである。

防風ネットは全面に張らないと意味がないし、今現在も他に有効な手立てがない。何とか茎が折れないように頑張ってほしいと思いながら写真をとった。折れてしまえば刈り取るしかないので、元気に育っている姿を記録に残しておきたかったからだ。


強風で揺れているコガマ。我が家で一番大きいが踏ん張っている。
IMG_3243

ランナーから出た2つ目のコガマやウキヤガラは最初に育ったものより強い。
IMG_3244

アサザの葉っぱが飛び出している!
IMG_3246

スポンサー広告



セイタカアシがちょっと危ないか?
IMG_3249

綿花が倒れそう..。
IMG_3245

とりあえず小さな鉢で支えてみる。
IMG_3248



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済
※アドセンス再設定対応済

鈴虫が孵化した。鈴虫は昔から飼っているが一昨年しまでは全面に用土を入れて何処でも自由に産卵させていた。

マットを全面に入れるとあちこちに産卵して、初夏の6月頃には沢山の鈴虫が孵化していた。大量に産まれ過ぎて困ってしまうほどだった。鈴虫にはかわいそうだけど、チョウセンブナの生餌として与えて数を減らしていた。


デメリットとしては、コバエが発生してしまう事や大量に容器にいる鈴虫たちを一旦別の場所に移動させてからマットの入れ替えが大変だったりと、いろいろ問題があったので去年からは産卵床の箱を設けて全面にマットを入れるのはやめてみた。

うまく産卵するのか心配だったので、今年のお楽しみだったわけだが幼虫は無事に孵化した。昨年の親鈴虫達が産卵してくれていた。

ただ現在2匹の幼虫しか確認できていない。もっと沢山の鈴虫が孵化して夏にあの涼しげな音色をきかせてほしい。


鈴虫の赤ちゃん。どれだけ孵化するか楽しみ。
IMG_3239



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済(不要)
※アドセンス再設定対応済

毎日記録を書いている。なんせアメリカカブトエビの飼育でここまで成功した(大きくなった)のは初めてで手さぐり状態だから、これが最後の記録になってしまうかもしれないからだ。

今日は鉢を見ると、死んでいる!やはり水の汚れでか!?とよくよく見たら脱皮した殻だった。冷静に見ると5匹元気に泳いでいる。よかったー。餌をあげると食べに来た。水が茶色になっており汚れているのか荒木田土を巻き上げているのか、よくわからない。

実は水が汚れてていきなり全滅になるのを一番恐れている。1ヶ月の寿命なら、6月末までは生きていないと産卵していない可能性が高い。頑張って生きてほしい。



脱皮した皮が浮いていた。
IMG_3226

元気に裏返しに泳いでいる。
IMG_3230

表向きのほうがいいが、裏返しばかりで泳いでいる。
IMG_3231



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================






スポンサー広告




※モバイルデバイス対応済(不要)
※アドセンス再設定対応済

ヒメダカが死んでいた。今年亡くなっているのはこの容器だけであり、やはり容量が少ないので水が汚れやすいのか、またはドワーフフロッグビットとマツモが繁茂しているので、これが泳ぎの邪魔をしてストレスになったのかもしれない。どうしようか?生き残りは移動しようか?

すでにレッドラムズホーンの餌になっているヒメダカ。
IMG_3236



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告




↑このページのトップヘ