虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告



スポンサー広告




カテゴリ: Q&A


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================








◆ドキュメント
作成日付:2021/05/04
更新日付:2021/08/28

◆はじめに


ホームセンターやペットショップ、縁日や祭り(今時、あんまりないですかね?)、ネット店で金魚を購入して飼い始めますと、一番気になるのは、金魚が死んでしまうことだと思います。

迎えたばかりの金魚に、水槽などの容器を用意して、水を入れて、ブクブク(ろ過機、フィルター)を用意して、金魚を入れるかと思います。日中は元気でありますが、一晩して朝見ますと「ぷか~」を腹をだして、ご臨終なんてことがあります。

金魚を飼っていますと、メダカやフナのように素早いとは言い難い(ワキンなどをすばしっこいですが))ですし、水面でパクパクしていると心配になってしまいます。

ただ、金魚の動きには「何かのサインであり」意味があるのです。金魚は人間に話はできないので、人間が金魚の気持ちになって考えてあげないといけません。うまく対処できれば、金魚は元気に長生きでき、かなり大きくなります。

そんな、金魚の動きや仕草などをまとめてみましたので、参考になればと思います。

我が家のらんちゅうです(2020年8月10撮影)。
IMG_5628


<目次>

水面でボーっとしている①
水面でボーっとしている②(転覆病)
水面でボーっとしている③
パクパクしている①
パクパクしている②
砂をパクパクしている
水底で動かずパクパクしている①
水底で動かずパクパクしている②
水底で動かずパクパクしている③
エサを食べた後だけパクパク
1匹は動き、1匹は動かない
動かない①
動かない②
動かない③(転覆病)【2021.06.06】追記
動かない④(睡眠・冬眠)【2021.06.06】追記
活発に動き過ぎる①

活発に動き過ぎる②
逆さになって泳いでいる(転覆病)
体を擦り付けている
右往左往している
沈んだまま動かない(松かさ病)
跳ねる
狂ったように泳いでいる
斜めに泳いでいる①【2021.08.16】追記
斜めに泳いでいる②【2021.08.16】追記
斜めに泳いでいる③【2021.08.16】追記
横向きで沈んでいる①【2021.08.17】追記
横向きで沈んでいる②【2021.08.17】追記
底でじっとしている①【2021.08.20】追記
底でじっとしている②【2021.08.20】追記
底でじっとしている③【2021.08.20】追記
動きが止まる【2021.08.22】追記
巨大化【2021.08.27】追記
泡を吐く【2021.08.28】追記



水面でボーっとしている①
一番に疑われるのは転覆病ですが、特に問題ない場合もあり言いきれません。エサを食べた後に少しの間ノンビリしているだけであり、半日から1日も時間が経つと普通に泳いでいるのであれば元気だと思います。個体差もありますが、金魚はボーっと放心したような感じは、よく見られる状態ではあります。

ページ上に戻る

水面でボーっとしている⓶(転覆病)
転覆病の可能性があります。何らかの原因でお腹にエサが残っている状態で活性が下がると消化不良になり、排泄物が詰まったり、腸内でガスが発生します。腸内ガスの浮力でバランスが崩れてしまい転覆症状となります。

先に正直に言うと回復は難しい病気であります。

転覆病の症状としては、底に沈んだまま泳がないでじーっとしている、ひっくり返っている、横たわって浮いている、水底まで潜ることができない(頑張っても浮いてくる)などがあります。

少し時間が経つと回復することもありますが、癖になってしまうこともありますので安心せず対策をします。 転覆病は消化を促してあげることが一番の治療方法です。

水温が低くなった時や水質悪化時に起きやすい病気です。

対処法としては加温と塩浴(0.5%濃度)してあげて活性を促す方法です。加温は26℃以上にします。転覆病は25℃以下で発症すると言われているからです。

水が汚れているなら、水換えを実施してみてください。水替えは容器の3分の1から2分の1程度を替えてみてください。

また、塩浴させる場合は0.5%濃度(水1リットルに5グラム入れます)で様子を見ます。。塩浴させる塩の種類は天然塩(※)、自然塩(※)がオススメですが、それらがなければ通常の塩でも構いません。

※海から直接くみ上げた、水分を蒸発させた塩です。古来の作り方で作られた塩です。

なお、塩浴や加温による治療は7日間程度で、2日程度絶食させて様子を見ましょう。

このように、どこのサイトに書いてあるような対処しかなく、今なお、革新的な対処法はありません。現在ベストな対処法というわけです。

転覆病の原因は神経障害という話もあり、この場合は寄生虫や何らかの病気に侵されていることもあり、薬浴で治療となりますが、神経障害の場合は原因の特定が難しいので回復の見込みはかなり厳しいです。また、神経障害なのか、浮力バランスが崩れたものによるものの見分けは難しいので、現実的には、浮力のバランスが崩れたことによる治療を施す事になると思います。

ページ上に戻る

水面でボーっとしている③
金魚の状態を見てみます。
魚はヒレを動かして泳ぐ生き物ですので、ヒレの動き具合を確認します。特に背ビレがピンと張っていれば問題ありませんが、たたんでいるような状態ですと、体力が低下して衰弱してることが考えられます。この状態からの回復の見込みはなかなか厳しいです。

ページ上に戻る

パクパクしている①
金魚はエラで呼吸しており、水中の酸素不足により、水面で口をパクパクして、酸素を取り入れています。

❖金魚の呼吸(基礎知識)【2021.06.06】追記

金魚の呼吸はエラ呼吸です。呼吸は酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する行為ですが、魚ですので水中にある酸素をエラを動かして取り込み、二酸化炭素を水中に排出しております。

金魚はエラで呼吸しておりますが、回遊魚と言われるイワシやマグロなどはエラを動かさないで泳ぎ廻りながら呼吸をしています。空気呼吸ができるラビリンス器官と呼ばれるもので空気中からダイレクトに酸素を取り込める熱帯魚のグラミーなどのアナバスと呼ばれる種類もおります。水中に酸素のない環境でも生き残ることができます。

水中の酸素不足によって、水面で口をあけることで空気中の酸素を取り込んで呼吸をしています。理由としては水質の悪化による水中の酸素が少なくなるのです。

❖水質悪化の原因

 ・エサのあげすぎにより、微生物がエサの残りなどを分解できす、アンモニア濃度が高まり、中毒症状を起こしている
 ・金魚の過密飼育により、水中の酸素が少なくなってエラで取り込めていない

金魚が水面に出てパクパクと呼吸をするのはひとつのサインです。いい兆候とは言えません。特に人がいなくても水面に出てパクパクしている場合は水質悪化がかなり進んでいる状態です。

対処法としては飼育水を交換してください。また、エアレーションを行って水中に酸素を供給するか、ろ過機を設置して水質の浄化を行います。

また容器内の水量が少なく、水中に酸素が少ない場合も考えられます。その場合は、過密に飼育している場合がありますので、金魚を別の容器にわけて飼育する、大きな水槽などの容器を用意して飼育しtてあげてください。

ページ上に戻る

パクパクしている②
エサを欲しがっている場合があります。人間に慣れていれば、パクパクしながらエサをねだりに寄ってきます。ヒレを動かさない場合は寝ていることも考えられます。人間が水槽の前に立った時だけ、パクパクしているかを確認してください。人間がいない時でもパクパクする場合は別の原因があります。

ページ上に戻る

砂をパクパクしている
砂の中の微生物を食べております。水面に比べて底でパクパクしている動作は問題ではありません。むしろ健康な証拠でもあります。

ページ上に戻る

水底で動かずパクパクしている①
鰓(エラ)病です。鰓病は細菌や寄生虫などに侵されて鰓が機能障害を起こす病気です。

鰓(エラ)病の初期症状は1匹だけ群から離れて水底でじっとしています。水面のエサを食べたり、酸素を補給したりと時々急に泳ぎだすような行動をとります。エサを食べても、すぐ吐きだしてしまうことがあります。

中期では背中を水面に出して、しばらく動きが止まったり、急に泳ぎ出したりします。鰓(エラ)をを突然速く動かしたり、後ろ向きに泳いだりします。

末期になると、ボーっと放心状態になり気力無くフワフワ泳ぐようになります。両鰓(エラ)は開いて、エサを求めなくなります。

鰓(エラ)病の原因で、最も多いのが、カラムナリス菌による細菌感染です。カラムナリス菌は、鰓(エラ)病の他にも、尾ぐされ病や口ぐされ病を併発させる細菌で、この細菌が引き起こす症状の総称を、カラムナリス症と呼びます。

原因は急激な水温変化があげられます。したがって、昼夜の気温差の激しい6月(梅雨時)と9月(秋雨時)は鰓病が発症しやすい時期です。

また、エサのやり過ぎにより細菌が繁殖してしまう環境になってしまいます。

鰓(エラ)病が発生した金魚の水槽は石や流木などのレイアウト用品も含めて洗い、水を全て入れ替えます。

そして、鰓(エラ)病にかかった金魚は塩浴(濃度0.5%)を数日間行います。水温は28~30℃にヒーターで加温して、塩浴をしている間は金魚にエサを与えないようにします。初期の鰓(エラ)病は3日ほどで完治しますが、中期の場合は1週間程かかります。

症状が改善しない場合、塩分濃度を上げたり、薬浴をさせます。また、グリーンFゴールド顆粒やメチレンブルーなどでの薬浴をさせましょう。メチレンブルーは、白点病などにも使える薬なので常備しておくといいです。

ページ上に戻る

水底で動かずパクパクしている②
金魚は変温動物(外部の温度により体温が変化する動物)であり、水温が高ければ活性が上がり、よく泳ぎ、食欲旺盛になりますが、水温が低ければ活動がなくなり冬眠に入ります。

金魚は水温が10℃程度になりますと、金魚は活動が少なくなって代謝も悪くなります。さらに水温が低くなり5℃以下になると、金魚はエサを食べなくなり、ほとんど動かず水底でじっとして冬眠状態になります。冬眠状態ななってるなら、そのままにしておきましょう。

ページ上に戻る

水底で動かずパクパクしている③
金魚が衰弱している場合が考えられます。金魚は衰弱するのは病気だけではありません。例えば、複数匹で一緒に飼育しているとして、金魚同士でも相性があります。その相性が悪いと、他の金魚を追いかけましたりつついたりを繰り返して、強者が弱者を弱らせててしまうことがあります。

この場合は水草や流木などのレイアウト用品で、隠れ家を作ってあげて、逃げ込み先に逃げることにより、回避できることもあります。様子を見ましょう。それでも、追いかけ廻す場合は、容器をわけて飼育しましょう。

ページ上に戻る

エサを食べた後だけパクパク
金魚は視力が弱いのでエサがしっかりとは見えていないと思われます。ただし、嗅覚は優れていますので、エサのニオイを感じて、エサがあると認識してパクパクしていると考えます。

ページ上に戻る

1匹は動き、1匹は動かない
金魚の習性で、泳ぎが下手な個体に攻撃する個体がいるので、別々に飼育することをオススメします。寂しくて死ぬなんてことはありません。

ページ上に戻る

動かない①
金魚は棲息環境が変わった場合にじっとして動かないことがあります。これはまだその環境に慣れておらず警戒しているのです。1ヶ月ぐらいは新しい環境に慣れません。

特に背びれをずっとたたんでいるなら調子がよくないサインです。きっと輸送中に疲れてしまった、水面が揺れて体力を消耗してしまったことが考えられます。身体に異常が見られない場合は塩浴(濃度0.5%)を行うのが一般的です。

もし背びれは立っている状態なら、新しい棲息環境に慣れていない時期ですので、あまりあれこれせずに様子見としてください。隠れる場所がなければ隠れ家を作ってあげると落ち着くかと思います。

ページ上に戻る

動かない②
金魚が水槽の床で横になって動かない場合は、ヒレやエラの動きを確認しましょう。特に背ビレがピンと張っていれば問題ありませんが、たたんでいるような状態ですと、体力が低下して衰弱してることが考えられます。この状態からの回復の見込みはなかなか厳しいです。

ページ上に戻る

動かない③(転覆病)
【2021.06.06】追記
転覆病は魚がお腹を水面に向けてひっくり返る病気ですが、底に沈んでしまい動かない症状もあります。浮袋の機能の発達障害で沈むことが多い先天性や食べ過ぎ、先天性、細菌、肥満が起因となるもので浮いてしまう浮き袋の機能機能障害の後天性があります。

転覆病の解説と対応

ページ上に戻る

動かない④(寝る・冬眠)
【2021.06.06】追記
金魚が寝ていることも考えられます。金魚は1日に何度かわけて寝ます。寝る時間は日没から日の出までの間で合計2~3時間です。ただし、長時間寝ることはありません。何故なら長時間寝てしまうと、天敵に食べられてしまいます。

人間の睡眠は、体は寝ていますが脳は働いている浅い眠りの「レム睡眠」と、脳も身体も休息をとっている「ノンレム睡眠」を決まった周期で繰り返していますが、金魚の場合は「レム睡眠」だけだと言われています。1回の睡眠は長くても20分程度と言われていますが、例えば夜に人間が観察しようと近づくと起きてしまいます。防衛本能ということです。

我が家のベランダ飼育している「らんちゅう」は、容器に沈めた抽水植物の鉢の上で寝ています。水中で寝るより、外敵に襲われないと判断しているのかもしれません。

また、寒い冬は金魚は冬眠状態となります。
金魚が元気に暮らしていける温度というのは5~30℃程度が目安となります。 寒くなり始める秋から動きが鈍り始め、冬に入ると全く動かなくなり冬眠状態になります。エサも食べませんし排泄物なども一切しないようになります。

ページ上に戻る

活発に動き過ぎる①
新しい棲息環境に慣れていない為に、落ち着かないことが考えられます。隠れる場所がなければ隠れ家を作ってあげると落ち着くかと思います。

ページ上に戻る

活発に動き過ぎる②
金魚が元気だからです。泳ぎが素早いワキンでも、泳ぎがゆっくりしているリュウキンでも元気な場合は活発に動き廻ります。

ページ上に戻る

逆さになって泳いでいる(転覆病)
転覆病は魚がお腹を水面に向けてひっくり返る病気ですが、底に沈んでしまい動かない症状もあります。浮袋の機能の発達障害で沈むことが多い先天性や食べ過ぎ、先天性、細菌、肥満が起因となるもので浮いてしまう浮き袋の機能機能障害の後天性があります。

転覆病の解説と対応

ページ上に戻る

体を擦り付けている
鰓(エラ)内部や鱗(ウロコ)の下などに寄生虫が寄生されている可能性があります(肉眼では確認出来ません)。対応として、まず塩浴(濃度0.5%)を行います。それでしばらく様子を見ますが、状態がかわらない場合は薬浴を行います。

ページ上に戻る

右往左往している
金魚は変温動物(外部の温度により体温が変化する動物)ですので、水温が高い時は活性が高いのは自然です。なおかつ消化器官の活動が活発化するからか、食欲が旺盛なのも普通ですし、せわしなく動き回っているように見えます。
おそらく水温が高くて活動的になってエサを探しまわっていると考えられますので問題ありません。

ページ上に戻る

沈んだまま動かない(松かさ病)
金魚の動きがにぶり膨らみをみせた後に、やがて鱗(ウロコ)が松かさのように逆立つ症状が表われる病気は「松かさ病」です。 鱗(ウロコ)が逆立つことから立鱗病(りつりんびょう)とも呼ばれます。 金魚だけではなく他の魚にもみられる感染症で、飼育水が水質悪化した場合などにかかりやすい病気です。

対処法としましては塩浴(0.5%濃度)を行い様子を見ます。初期症状であればグリーンFゴールドでの薬浴で回復する場合もありますが、初期でもかなり難しい病気です。

水底に沈んでしまっている場合は既に末期です。末期の松かさ病はまず助かりません。

ページ上に戻る

跳ねる
水質が急変したことによるショック状態だと考えられます。金魚の水槽などの掃除をして水の入れ替えを行なった場合などに起ります。もし水替えする前の水が残っているのであれば、一旦、その水に戻してあげてもよいかと思います。水替えをする前の水がない場合は様子を見るしかありません。

本来はショック状態にならないように、水替えする前の水を残しておき、新しい水と混ぜてショック状態にならないようにします。また、しばらく置いてから、金魚に水合わせを行い慣れさせてから入れます。

ページ上に戻る

狂ったように泳いでいる(暴れたように泳いでいる)
【2021.06.06】追記と修正
金魚が狂ったよう、暴れたように泳いでいる原因は以下のとおりです。

・アンモニア中毒、亜硝酸中毒(=水質悪化)
エサのあげすぎによるエサの食べ残しや過密飼育による排泄物を微生物の分解が追い付かずに亜硝酸やアンモニアが水中に溜まり、中毒でショックを受けて狂ったように泳いでいると考えられます。

対処方法として水替え(カルキは抜いた水道水で構いません)を行います。ただし、一気に水替えを行ないますと、水質が変わり過ぎてショックを受けて衰弱してしまいますし、微生物もいなくなってしまいますので、半分程度に留めておきます。

・急激な水質、水温変化
『アンモニア中毒、亜硝酸中毒(=水質悪化)』の項と重なりますが、一度に大量の水交換や、購入してきた、譲り受けた金魚の水合わせに失敗しますと、水質の変化についていけずに「PH(※)ショック」と呼ばれる状態になります。ちなみに金魚の好むPH値は弱酸性の7.2と言われています。

また、水温が大きく変化しても金魚にショックを与えてしまいます。

水替えは半分程度に留めておきます。他の飼育者によってはは3分の1とか4分の1などの水替えを推奨されておられますので、ここは様子を見ながら少なめというのも正解と思われます。

※PHとはペーハー値といい、酸性とアルカリ性寄りかの基準となる値を示します。1~14の範囲で示されて、アクアリムでは6~7の弱酸性と7~8の弱アルカリ性であり、それぞれの濃度で暮らしている魚がいますので、魚の種類に合せてPH値もあわせてあげないといけません。

・酸欠
酸欠が進みすぎますと、水面で酸素を取り込もうとパクパクしますが、それが更に進みますと、泳ぎに影響を与えてしまいます。いわゆる低酸素脳症のようになってしまいます。綺麗な水の容器に隔離して様子を見ます。元いました容器は水替えを半分程度行なって様子を見てみます。

ページ上に戻る

斜めに泳いでいる①
【2021.08.16】追記
祭りやホームセンターで購入した金魚は、健康状態もよくなく弱っている個体が多いです。その場合は、しばらく様子を見ます。尾ぐされが発症なら尾ぐされ病、血が滲んだようになったら、エロモナス病など、斜めに泳ぐのは、何も上下が反転する、横になって横転する転覆病とは限らないので、状況を見極める必要があります。

2~3日様子を元気になれば、ただ単に弱っていただけになります。

ページ上に戻る

斜めに泳いでいる②
【2021.08.16】追記
金魚には2つの浮き袋があり、この浮き袋で浮力を調整しております。この浮き袋に障害が発生して、斜め泳ぎになっている可能性があります。エサの与え過ぎや運動不足、糞つまりなどで肥満が発生していて斜め泳ぎになっている可能性もあります。

エサをあげるのをやめて、泳いでもらい肥満を解消します。可愛くて愛らしく、コミカルな動きをしてくれる金魚にエサをあげないのは拷問に映るかもしれませんが、1週間から10日程度食べなくても問題ありませんので、絶食させてしばらく様子をみます。

ページ上に戻る

斜めに泳いでいる③
転覆病の初期症状の可能性があります。

◆転覆病リンク

転覆病について

ページ上に戻る

横向きで沈んでいる①
【2021.08.17】追記
シーズン中であれば転覆病の可能性があると思われます。越冬時であれば水の温度に耐えれずに瀕死状態であると思われます。越冬時は水温の低い容器から隔離します。その場合は暖かい飼育水に入れるとショック死してしまいますので、いきなり暖かい水に浸けずに室内での常温の水温程度の水を容器に入れて隔離します。ただし、口をパクパクしている場合です。口を動かしていない場合は残念ながら死んでしまっています。

◆転覆病リンク

転覆病について

ページ上に戻る

横向きで沈んでいる②
祭りやホームセンターで購入した金魚は、健康状態もよくなく弱っている個体が多いです。試してみえうなら塩浴0.5%濃度(カルキ抜きした1Lの水に塩5グラム)にして様子をみます。

塩浴は、先人たちが考え出した治療法で金魚の病気の治療や体力回復のために有効的な方法です。

金魚の体内塩分濃度が約0.6%前後ですので、塩浴はその体内塩分濃度に近づけるというのが目的です(水道水の塩分濃度基準値は200mg/L=0.2グラム)。飼育水を体内塩分濃度に近づけると金魚は体力を消費せずに負担が軽くなります。

塩はミネラルを含んでおり水質をアルカリ性に傾ける効果が期待できるため、水道水でも金魚の体力回復に最適な水質に整います。 水質の面でも金魚に適した環境を整えることができます

ページ上に戻る

底でじっとしている①
【2021.08.20】追記
夜になって睡眠しています。睡眠といっても人間と同じく7時間も寝るわけではなく、1日に2~3時間が睡眠時間です。連続して2~3時間寝るわけではなく、10分程度で小刻みに寝ています。小刻みに寝るのは外敵に襲われない為です。睡眠時間は夜に寝ます。これも外敵に襲われやすいのでじっとしている為です。

ページ上に戻る

底でじっとしている②
【2021.08.20】追記
金魚は冬になって水温が10℃を下回ると動きが鈍くなり、5℃を下回ると仮死状態になり冬眠します。冬眠は敵に襲われないように底の物陰、水草や岩、流木などの陰に隠れてじっと春がきて水温が上がるのを待ちます。冬にはエサは食べずに体力を使用せずに過ごしています。

ページ上に戻る

底でじっとしている③
【2021.08.20】追記
水質が悪化している可能性があります。アンモニア中毒か亜硝酸中毒で動けなくなっている可能性があります。その場合は別の容器に綺麗な水を入れて隔離してみてください。元気になれば、中毒症状を起こしていた可能性が高いです。その場合は水質が悪化している容器の水を半分程度交換してください。

祭りやホームセンターで購入した金魚を容器に入れた場合は、水合わせがうまくいかないと、水質ショック(PHショック)でしばらく動かなくなってしまうことがあります。その場合はしばらくエサを与えずに様子を見ます。

ページ上に戻る

動きが止まる
【2021.08.22】追記
金魚も人に慣れると人が寄ってくると動いたり寄ってきたりします。従いまして、日中に人が誰もいない(人の気配がないことも含む)と動かなくなります。人間に慣れた金魚ほど、そのような傾向にあります。人ががいないと物陰、例えば岩やレイアウトの土管などに隠れて寝てること(実際には動かない)もあります。人の気配がすると動いて人に寄ってきてエサを求めてきます。
病気であるならば背びれが折れているので切り分けができます。病気の種類や進行具合にもよりますが、水替えを行い、塩浴0.5%濃度(カルキ抜きした1Lの水に塩5グラム)を入れて様子をみてください。

ページ上に戻る

巨大化
【2021.08.27】追記
金魚は普通に飼っていると体長が30cm程度と大きくなる魚です。もちろん全部が全部の金魚が大きくなるわけではありませんし、大きさにも限度があります。大きさから見た目が鯉にようになります。

代表的には和金は普通に30cm程度大きくなります。コメットや朱文金といったフナ型で吹流し尾の金魚は、和金と違って尾が長いため、全長は和金よりも長くなり45cm程度になります。

ポイントは金魚のエサを大量に食べるかと飼育する広さ、最低60cmはほしいところです。

特にジャンボオランダという品種は、50㎝近くなる個体のものもいます。

大きな飼育容器で飼育されて、たくさんエサを食べて、体長が大きくなりやすい種類だったら、すぐに大きくなります。本当に鯉ぐらいになったりするようです。

ページ上に戻る

泡を吐く
【2021.08.28】追記
呼吸や餌の摂取で浮上した際、一緒に吸い込んだ空気を吐く程度なら問題はありません。ずっと口をパクパクさせているようなら水中の酸素が不足した為に呼吸をしている可能性があります。

また、金魚は浮き袋の内圧を調整するために口からガスを排出することがあります。その場合も1回だけで、ずっとということではありませんので様子を見ます。

◆口をパクパクしている①

口をパクパクしている①

ページ上に戻る




※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================









◆メダカに関する白い話(現象、状態、病気)はこちら!
メダカの白いフン、白いモヤモヤ、白い点(白点病)や白く死ぬ、白い卵、白濁りなどの白くなる話

◆メダカ飼育でいなくなる理由はこちら!
そして何もいなくなった。屋外メダカの飼い方

◆メダカ飼育が難しいと感じている方はこちら!
なかなか難しい屋外メダカの飼い方

◆日常が忙しい中でメダカ飼育を行いたい方はこちら!
何かと忙しい人の為の屋外のメダカの飼い方

◆メダカ飼育で基本的な事はこちら!
メダカ(小さな淡水魚)

◆もうひとつの話(様子の話)

メダカの体が白点や綿がつく、黒い、背骨が曲るなどのメダカの様子がおかしい話

◆ドキュメント
作成日付:2020/05/16
更新日付:2021/09/26
※リッチリンク不具合回避対応済
※追加を追記に変更
※アドセンス再設定対応済
※目次へ戻るを付けました(2021/02/28)
※2021.11.23更新(過剰広告カット)


メダカを飼っておりますと、群れて泳いでいる姿を見たり、エサを食べている姿を見たり、抱卵している状態を見たりするのが、シーズン中の楽しみではあるのです。ただ、観察をしていますとと、これはどんな状態なんだろう?大丈夫なのかな?というメダカの動きがあります。

病気なのかな?衰弱しているのかな?何かのサインなのかな?と疑問に思うんですけど、メダカが当然、自分の状態を話してくれませんので、飼育している人間が気付いてあげなくてはいけません。

もちろんメダカもそのような動きをするのは必ず意味があるのです。

それを予め知っておけば、問題ある場合は対処もできますし、問題ない場合は安心できます。


<目次>

1.水面にいる
2-1.水面で口をパクパクしている①
2-2.水面で口をパクパクしている②
3.水流に集まる
4.浮きっぱなし
5-1.底にいる①
5-2.底にいる②
5-3.底にいる③
6.ジャンプ
7-1.上に下にくるったように泳いでいる①【2020.08.24】追記
7-2.上に下にくるったように泳いでいる②【2020.09.13】追記
8.横に並んで尾びれを摺り寄せている【2020.08.24】追記
9.底の用土や砂利をつついている【2020.08.24】追記
10.エサを食べない【2020.08.24】追記
11.痩せている(メダカの痩せ細り病対策(荒木田土に変更))【2020.08.24】追記
12.ダルマメダカの動きが鈍い【2020.09.13】追記
13.立って泳いでいる【2020.09.13】追記
14.体をこすりつけている【2020.09.13】追記
15.痙攣している・震えている【2020.09.14】追記
16.流れに逆らって泳ぐ【2020.09.18】追記・【2020.09.21】追記
17.群れで泳ぐ【2020.09.18】追記
18-1.追いかけ廻す①【2020.09.21】追記
18-2.追いかけ廻す②【2020.09.21】追記
18-3.追いかけ廻す③【2020.09.21】追記
18-4.追いかけ廻す④【2020.09.21】追記
19-1.くるくるまわる①【2020.10.19】追記
19-2.くるくるまわる②【2020.10.19】追記
19-3.くるくるまわる③【2020.10.19】追記
19-4.くるくるまわる④【2020.10.28】追記
20.睡蓮(スイレン)の葉の上で休んでいる【2020.11.14】追記
21.逆立ち泳ぎ【2020.11.22】追記
22.横になって浮いている、泳いでいる【2021.03.27】追記
23.水面近くで動かない【2021.09.26】追記



番外:睡眠
番外:金魚


1.水面にいる
エサを食べる為です。エサである人工飼料は浮上性のものが多く、メダカの口は上向きになっている為に水面にあるエサを食べやすくできています。野生では水面に落ちた虫や、水面で発生した虫、ボウフラなどを食べやすいように、このような形態になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)黒メダカ/黒めだか(6匹)
価格:650円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る



2-1.水面で口をパクパクしている①
水面で口をパクパクしているなら酸欠です。水中に溶け込んでいる酸素が不足しており、苦しくなって水面に口を出して直接を呼吸して酸素を取り込んでいるのです。

原因としてのエサを与えすぎがまず考えられます。エサを食べると消化するにに酸素を必要とするからです。次に水量に比較してメダカの数が多いことが考えられます。

また水草の入れすぎも注意です。水草は昼間は光合成を行い酸素を作り出してくれますが、夜間は逆に水中の酸素を取り込んでしまいますので酸素が不足がちになります。

対応としましては、メダカの数を減らす(何匹かを別の容器に移動)。1回あたりのエサの量を減らす(エサを与えたいのをガマンです!)。水草を多い場合は間引きするなどです。

酸素不足はそのまま放置するとメダカが死んでしまう可能性が高いので、早めの対処が必要です。緊急措置としてエアレーションをして回避する方法もあります。




ページ上に戻る


2-2.水面で口をパクパクしている②
【2020.05.18】追記
水の状態が白く濁っており、水面に油が浮いている感じの場合は注意が必要です。これはメダカの排泄物やエサの食べ残しを分解してくれる『ろ過バクテリア』が死滅してしまい、その死骸が水を白く濁らせるのです。

原因としては大量の水替え時に発生することが多いです。バクテリアの棲んでいる環境が大きく変わってしまい死滅してしまったのです。

ろ過バクテリアの本来の働きは、排泄物やエサの食べ残し、水生植物の枯れ葉などから発生するアンモニアを分解してくれます。アンモニアは魚にとって猛毒であり、容器内にアンモニアが蓄積されていくと、メダカが棲めない環境となってしまうのです。

このような状態を放置しておくと、メダカは死んでしまいます。

本来なら、パイロットフィッシュ導入(1ヶ月程度が望ましいです)や市販のバクテリア剤(すぐに飼いたい場合)を入れて水質が安定するまで生体を入れてはいけないのです。

しかしながら、飼育途中で発生してしまった場合の対策としては、市販のバクテリア剤を入れる、ちょっと真逆な対応となりますが、水を交換(ろ過バクテリアが減ってしまいますが毒の濃度を下げることを優先)する、エアレーションで水を撹拌(かくはん:かき混ぜる)、一時的にエサをやめるなどがありますが、水質を正常な状態に戻すのはなかなか大変です。

※パイロットフィッシュとは、新規に飼育容器で飼う前に最初にいれる魚の事です。パイロットフィッシュは、飼育容器内の水が魚を飼育できるか確認のため、また、バクテリアが発生し繁殖するためです。ある意味テストとして入れる魚ですので、死んでしまうこともあります。




ページ上に戻る


3.水流に集まる
メダカは水流に逆らって泳ぐ習性があります。長時間泳ぎ続けると体力がなくなって弱ってしまいます。疲れたら逆らって泳ぐのを止めるということをしないので、弱ってしまいます。

本来、メダカや田んぼや小川など止水に近い領域に棲んでいます。強い水流のあるろ過機やポンプを設置して飼育すると、そのうちに弱ってしまいますので考慮する必要があります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(6匹)
価格:650円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


4.浮きっぱなし
浮き袋に異常がある場合があります。転覆病(※)も可能性がありますが、一時的な体調不良もありますので一旦隔離なども検討して、0.5%の塩浴をし1日間絶食状態にしてみて様子をみます。

※転覆病:魚がお腹を水面に向けて逆さまにひっくり返り通常通り泳げなくなる病気




ページ上に戻る


5-1.底にいる①
人に慣れていない場合は、人が近づいたことで外敵とみなして隠れてしまいます。鳥や猫などの外敵に狙われている環境やあまり人が通らない場所では、隠れてしまいがちになります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(6匹)
価格:850円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


5-2.底にいる②
メダカが泳げないで底にじっとしている場合は病気や寿命で死んでしまう一歩出前です。その日のうちか、もって2,3日で死んでしまうので難しいかと思います。看取ってあげましょう。
ページ上に戻る



5-3.底にいる③
水温が低くなっていることが考えられます。冬になって水温が5℃以下になりますと、冬眠状態になりますので、底でじっとして動かずに体力の消費を抑えて暖かい春まで待つのです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)白メダカ/白めだか(6匹)
価格:690円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


6.ジャンプ
メダカはジャンプします。そして干からびて死んでしまいます。原因としては、混泳している他のメダカやミナミヌマエビとぶつかりそうになり、ビックリして飛び出してしまいます。

また、水替えしたり、水温が上がったりと水質に大きな変化があった場合、環境を嫌って、ジャンプして環境を変えようとします。




ページ上に戻る


7-1.上に下に狂ったように泳いでいる①
【2020.08.24】追記
狂ったように凄いスピードで上にいったり下にいったりと泳いでいる場合は、アンモニアか亜硝酸にやられていることが多いです。アンモニアや亜硝酸はメダカにとって猛毒です。これは立ち上げ直後の飼育水やエサのあげ過ぎや生体の多すぎる容器によく発生する現象です。

そのまま入れておいても死なせてしまうことが多いので、アンモニアや亜硝酸の少ない別の容器に入れてあげたほうがいいです。それでも一旦中毒症状になったメダカを回復させるのはかなり難しいと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)青メダカ/青めだか(6匹)
価格:690円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


7-2.上に下に狂ったように泳いでいる②
【2020.09.13】追記
狂ったように凄いスピードで上にいったり下にいったりと泳いでいる場合は、水替えが原因であることが多いです。ペーハーショック(※)というものです。ペーハーショックとは水質が急激に変わったことで魚がショックを受けてしまうものです。
特に水替えなどで急激にペーハー値が変わると最悪魚は死んでしまいます。また、水道水をそのまま使用しているなら、塩素が混ざっているのでその影響も考えられますので、カルキ抜きを行ってから水替えをしてください。

その時は全ての水を入れ替えるのではなく、(半分は残して)半分だけ入れ替えるようにするだけでペーハーショックのリスクは少なくなります。

購入された魚を容器に入れる場合にもショックを受ける場合がありますので、回避するにに「水合わせ」を行います。「水合わせ」は袋のまま30分程度容器に浮かべます(水温を合わせる意味合いもあります)。次に袋の水を半分捨てて、容器の水を入れて30分程度おきます。その後、容器に水毎入れます。

これでもかなり少ない「水合わせ」です。他の方のプログを見ますともっと時間をかけている方が多いです。

※アルカリ性が酸性を示す指数です。PHと書きます。英語だとピーエイチ、ドイツ語だとペーハーです。PH7が中性で、酸性>中世(PH7)>アルカリ性 となります。




ページ上に戻る


8.横に並んで尾びれを摺り寄せている
【2020.08.24】追記
メダカの交尾です。メダカは交尾する時はオスとメスが寄り添ってオスは尻ビレでメスをしっかりと抱き寄せてメスが産卵した卵にオスが放精して受精させます。

メダカの交尾は早朝に行われることが多いようですが、午前中なら見ることができる場合があります。

ちょっとわかりずらいですが交尾の瞬間です。
IMG_6086




ページ上に戻る


9.底の用土や砂利をつついている
【2020.08.24】追記
エサを探しています。用土や砂利に住んでいる微生物を食べているのです。

それでは沢山のエサを与えればいいかと言いますとそうではありません。メダカはエサを与えれば与えた分だけ食べてしまいます。満腹になるにはかなりの量を与えないといけません。

ただし、メダカが満腹になる頃にはエサの残りやメダカの排泄物で水が汚れます。丁度、底の用土や砂利をつついているぐらいが丁度いいのです。




ページ上に戻る


10.エサを食べない
【2020.08.24】追記
かなり衰弱しています。動きを止めて体力の消耗を抑えているか、すでに動けなくなっているかです。対処は塩水浴(0.5%)がいいのですが、この状態ですと回復は難しいです。




ページ上に戻る


11.痩せている
【2020.08.24】追記
痩せ細り病とよばれるものです。

メダカの痩せ細り病対策(荒木田土に変更)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)白メダカ/白めだか(6匹)
価格:760円(税込、送料別) (2020/9/18時点)



ページ上に戻る


12.ダルマメダカの動きが鈍い
【2020.09.13】追記
ダルマメダカは見た目の通り、泳ぎに適していない体型をしているため、エサを食べるのも泳ぎも苦手ですし下手です。全ての動きはある程度時間がかかると思っていただいてよいかと思います。また、個体差もあり、先天性の異常がある個体は泳ぎも遅い場合があります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)ダルマメダカ/半ダルマメダカ ミックス(3匹)
価格:2870円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


13.立って泳いでいる
【2020.09.13】追記
「立ち泳ぎ病」と言う病気で原因不明の病気です。細菌感染や水質の悪化など様々な説がありますが、どれも原因がハッキリしません。

症状としては腹部がへこんで頭を上にして泳ぐ状態でで背が曲がっていることがあります。背曲がりは生まれた時からの先天性なら奇形です。立ち泳ぎ病に伴う背曲がりの場合は後天性で病気に伴い背骨が曲がってしまった事が考えられます。

原因不明の病気ですが「痩せ細り病」や「立ち泳ぎ病」の個体は隔離して飼育にされる事をオススメします。原因が不明なだけ伝染するかわからないからです。健康な個体も病気から守ってあげる目的もあります。

鱗(ひれ)をバタバタするのは水流に上手くのれてません。これは平衡感覚不良や浮き袋の調整不良で泳ぐことが出来ない為です。

回復は非常に難しく、内臓にダメージを受けて立ち泳ぎ病になっている個体は既に寿命が近いです。その為平衡感覚も失われ、浮き袋の調整も不可能となりその状況に陥ります。横に倒れたら回復はほぼ不可能です。

「立ち泳ぎ病」の個体は症状が悪化する事はあっても、回復する事はなく死んでしまいます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(6匹)
価格:940円(税込、送料別) (2020/9/18時点)



ページ上に戻る


14.体をこすりつけている
【2020.09.13】追記
白点病の初期症状、何らかの原因でストレスがかかっており、そういう行動をする事があります。

白点病(※)だとしたら寄生虫が原因です。水替えすると水中にいる寄生虫は多少減るかもしれませんが、ちょっとでも残っているとまた寄生虫は増えていきます。

治療法としては水換えや塩水浴だけでは効かない事があります。病気にかかったメダカを早急に隔離してメチレンブルーなどの薬で薬浴してください。

ストレスの場合は難しいです。原因に水質悪化や個体数の多さ、混泳する生体との相性、遊泳スペースの狭さなど多岐にわたりますので、容器に入れた直後であれば慣れるのを待つか、生体を別の容器に入れ替えるかしてください。

※感染力が強いのでコリなど他の魚も発症してないかよく確認してください。

15.痙攣している・震えている
【2020.09.14】追記
メダカがブルブルと震えたような動きをして場合は、水替えなどで冷たい水を容器に足し水した、また室内で購入したメダカを容器に(水替え合わせ時間が少ない状態で)投入したなど、メダカにとって急激に水温が下がった場合のショックである可能性があります。

日本の気温変化には適応しているはずですので寒くなったからということは考えにくいです。従いまして、温度合わせを失敗して驚いているのかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(12匹)
価格:880円(税込、送料別) (2020/9/18時点)



ページ上に戻る


16.水流に逆らって泳ぐ
【2020.09.18】追記
メダカが水流に逆らって泳ぐのは、住みなれた場所から流されてしまわないようにするためです。 また、流れに逆らって泳ぐことで上流から流れてくるエサをとりやすいということもあります。

【2020.09.21】追記
他にももうひとつの理由は、口から水を取り込んで、エラから吐き出すためです。エラから水に溶けた酸素を取り込んで呼吸しています。したがいまして上流に向かっていると呼吸が楽です。


ただ、メダカは泳ぐ力が弱い魚なので、自然の状態では石や水草などで流れが弱くなっと場所で体を休めます。

水槽で飼う場合は、ろか装置(フィルター)などで強い流れをつくると、泳ぎつかれて死んでしまうことがあります。

◆水流がないのがいいのか?
【2020.09.19】追記
メダカの飼育には「実は水流が必要」という意見があります。そもそも野生では池や沼の止水領域だけでなく小川など流れのある場所にも住んでいます。そして水流があることでメダカが運動をしてすくすくと育つので成長が速くなるいうものです。成長速度を促すのはエサの栄養価ももちろん大切ですが、それに加えて適度な運動をするとよりサイズが大きくなるという意見です。




ページ上に戻る


17.群れで泳ぐ
【2020.09.18】追記
メダカのような小さい魚は、水中ではナマズや外来種のブルーギル、ブラックバスなどの大きな魚、ヤゴやタガメ、ミズカマキリなどの水生昆虫やサギなどの水鳥によって脅威にさらされています。

しががって1匹で泳いでいるよりも群れて泳いでいたほうが、1匹が捕まっても、他の魚は助かる可能性が高くなります。群れて泳いで身を守ろうとする習性があるので、飼育する時は5匹以上一緒に入れてあげるといいです。




ページ上に戻る


18-1.追いかけ廻す①
【2020.09.21】追記
メダカはテリトリー(なわばり)を持っている魚です。体が大きくて気が強い個体がテリトリーに入ってきました他の個体を追いかけ廻します。ストレスが少なくなるように少数で飼ったり隠れ家を置いたり、水草を多く入れるなどしたほうがよいです。




ページ上に戻る


18-2.追いかけ廻す②
【2020.09.21】追記
追いかけ廻す行動の一つにメスのメダカが追いかけるということがあります。これは産卵したいメスが無事に産卵する為にテリトリーに入ってくる他のメダカを追い払っています。

産卵できないメダカは「過抱卵病(卵が上手く出せず、お腹がパンパンの状態)」という病気になってしまいます。

原因としてはオスが1匹もいなかったり、相性の良いオスがいない、また過密で産卵できる状態ではないなど産卵できず、お腹の中に卵がたまってしまうというものです。

対策としてはオスを増やしたり、メスオス(あるいはメスだけ)で隔離した容器で飼育する、など産卵させるように仕向けます。

18-3.追いかけ廻す③
【2020.09.21】追記
メダカの習性は面白く、オスはメスがいないとオス同士で喧嘩などで追いかけ廻すといった気性が荒くなるような行動はしません。しかしながら、1匹でもメスが入ると交配のためメスの奪い合いにより、他のオスを追いかけ廻すようになります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマドジョウ (L) 1匹(大きさ7〜9cm)
価格:500円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



ページ上に戻る


18-4.追いかけ廻す④
【2020.09.21】追記
オスがメスを追いかけるのは求愛の場合があります。メスに惹かれたオスはメスを追いかけ廻してメスの後ろのつき、その後横に並びます。オスはメスに寄り添いオスの尻ビレでメスを抱き寄せたようにして、メスが排卵、オスは放精して卵に受精するといった具合です。
メスの産卵は早朝に行われることが多いですので、メダカを飼っているのであれば1度は観察してみてください。

19-1.くるくるまわる①
【2020.10.19】追記
メダカ容器を新しく立ち上げた場合や春の「リセット」であれば、ストレスや環境の変化で興奮している可能性があります。水質や水温が元いた容器と違う為と思われます。この場合は、そのうちに収まりますので様子を見ましょう。

原因としては「水合わせ」がうまくいっていないと思われます。メダカは元いた水を違う水質や水温の水に放たれるとショックで死なせてしまうこともあります。

メダカをいれるときは「水合わせ」をするのが望ましいです。「水合わせ」の方法ですが、ビニール袋に元いた容器の水ごとメダカを入れます。そして新しい容器の水の上にビニールを30分程度浮かばせます。水温を合わせるのが目的です。

次に新しい容器の水と袋の中の水を4分の1程度交換して10分程度様子を見ます。これを2回程度繰り返します。これが水質合わせです。

そしてメダカを新しい容器に放ちます。これでもうまく行かない時があります。メダカを新しい容器に入れるのは、かなり慎重を要する作業ですし、リスクの伴う作業なのです。


ページ上に戻る


19-2.くるくまわる②
【2020.10.19】追記
メダカがくるくるまわる原因としては、人間の足音などの振動でパニックになるという事も考えられます。容器に近づいて覗きこむとくるくるまわっていますが、そのうちに落ち着いてくるくるまわらなくなるのであれば問題ありません。




ページ上に戻る


19-3.くるくるまわる③
【2020.10.19】追記
シーズン中の繁殖行動として見られることがあります。この場合は問題ありません。
オスがメスの前でくるくるまわりながら、メスに求愛をしているのです。うまくいけば交尾、産卵をなります。

繁殖行動のひとつにメダカのオス同士のメスの取り合いもあります。これもメダカの同士の争いがそのように見えることがあります。ひとつだけ問題があり、気が荒く大きな個体が小さな個体を追い回しているような場合は、小さい個体は疲弊してしまいます。この場合は気の荒い大きな個体は隔離が必要となる場合があります。メダカたちの様子をよく観察したほうがいいです。


ページ上に戻る

19-4.くるくるまわる④
【2020.10.28】追記
くるくる回って体を擦り付けたり、コークスクリューみたいに「らせん状」に泳いでいる状態だと思います。この状態では残念ですが根本的な治療方法は存在しません。

原因は、おそらく寄生虫や、何らかの白点病や尾ぐされ病気による体の器官の損傷だと思われます。対処方法は0.5%濃度の塩水に入れて経過を見守る、メチレンブルーやグリーンFゴールドなどの薬で薬浴する、という方法しかありません。

メダカ本人の自然治癒力に賭けるしかありません。

メダカがくるくる回りながら泳ぎ始めた時点で、まずその個体は助からない状況に陥っていることが多いです。そしてそれは水質汚染からきているものが大半でしょうから、せめて次の犠牲をださないように、普段から水質を綺麗に保つことが最善の対策になります。




ページ上に戻る


20.睡蓮(スイレン)の葉の上で休んでいる
【2020.11.14】追記
睡蓮(スイレン)を育てていますと、メダカは睡蓮(スイレン)の葉の上で休んでる光景を見かけることがあります。

もちろん、睡蓮(スイレン)の葉の上に水がないと成り立たない光景でして、睡蓮(スイレン)は浮葉性の水生植物ですから、葉は水面に浮いています、

しかし、容器に足し水をしたり、雨が降ったりして水嵩が増す、また葉が枯れてきて徐々に沈んできたりした場合は、そのような光景を見ることができるのです。

何故メダカは睡蓮(スイレン)などの上にいるのかといいますと、一説には外敵から身を守ることだと言われています。

ここでいう外敵というのは、鳥やカエルなどの両性類などの地上からの攻撃ではありません。大型魚やヤゴなどの水棲昆虫などの水の中からの攻撃を回避する為となります。

上空が無防備ではありますが、水の中の方がよっぽど危険なのかもしれません。




ページ上に戻る

21.逆立ち泳ぎ
【2020.11.22】追記
エサの探す場合のみ、逆さ立ち泳ぎが見られるのであれば個体差なので問題ありません。

終日、頭を下にした逆さ立ち泳ぎをするのならば、残念ながら浮き袋の異常が考えられます。これが治る可能性、完治する可能性はかなり難しいです。

浮き袋の異常は、白点病などの伝染性の病気ではありませんから、他の魚に移ることはありません。

浮き袋の予防対策は、飼育水を綺麗に保つことにです。
 ・エアフィルターなどを設置して水中の酸素量を増やす
 ・底砂や濾過器の清掃
 ・適度な水換え

回復させるのは難しいですが、隔離して回復は薬剤を使用して薬浴します。
 ・グリーンFゴールドリキッドを使用
 ・薬浴期間は1~2週間
 ・3~4日目に水換え50%と追薬

ページ上に戻る


22.横になって浮いている、泳いでいる
【2021.03.27】追記
転覆病の可能性があります。転覆病とは、その言葉の通り魚が転覆してしまう病気です。横に寝た格好であったり、状態が悪くなると仰向けになったりします。横向きでも仰向けでも、しばらくの間は生きています。

原因は浮力を調整する浮き袋という器官が寒さなどでうまくコントロールできなくなる状態です。寒さなどでと書きましたが、別の病気からくるものや抵抗力が弱るなど諸説あります。寒さで消化不良になり、お腹にガスが溜まるという説もあります。

また、この病気は治療方法は確立されていないので助かる確率はかなり低いです。この病気はメダカだけでなく金魚でも発症しますし、メダカの場合はダルマメダカなどの品種が発症することが多いです。

水温が低いのが原因のひとつを言われていますが定かではありません。対処方法としては別の容器に隔離して水温を25~26℃程度に暖かくして、5%濃度(1リットルの5グラムの塩)で塩浴させます。

水温はヒーターなどを使用して水温を上げましょう。

転覆病は伝染しません。隔離は水温調整や塩浴するのに他の魚も影響されますので隔離と書きました。

1週間ぐらいは様子を見ましょう。エサはあげても構いませんが転覆しているので、なかなか食べません。




ページ上に戻る


23.水面近くで動かない
【2021.09.26】追記
寿命を迎えているか、先天的に弱い個体であると考えられます。どちらにせよ、流木や水草などの隅にいて、その日のうちにから数日中にかけて死んでしまうと思われます。

他のメダカにつつかれないように隔離してもよいですが、塩浴しても回復することはまずはないと思われます。病気ではないと思われますので薬浴しても逆にダメージを与えてしまうこともありますのでオススメしません。

夜や早朝の場合は半睡眠の状態ですからこの様な事はありますし、冬の場合も水温が低いと冬眠状態になりますので、暖かくなるまで動かない状態が続きます。

ページ上に戻る


番外:睡眠
メダカも寝ます。水面で浮いて寝る、水底に沈んで寝る場合もありますし、水草に隠れながらじっとして寝る場合もあります。メダカの睡眠に関しては体を休めるだけの「原始睡眠」で、睡眠状態としては魚類特有の「原レム睡眠」となっています。夜になると寝ますし昼間も寝ます。ただ完全に寝てしまうと外敵に襲われて死んでしまいますので、すぐに起きる状態で寝ています。


ページ上に戻る


◆メダカの飼育に関する疑問があるなら、こちらをどうぞ!
【一般家庭版】こんなメダカの飼い方はできますか?に回答します。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済(不要)
※追加を追記に変更(なし)
※アドセンス再設定対応済
※2021.11.22更新(過剰広告カット)

◆はじめに
タニシを飼っていて観察していますと、その歩みはゆっくりでありますし、タニシを水の中に置いても、蓋を閉じていても、なかなか蓋を開いて動かないので、ずうっと見ているわけではないです。

したがって、たまに見ることになると思うんですが、土に潜っていたり、水面付近にいたりと、元気なのかな?弱っているのかな?と想像することになります。飼育してみたり、調べてみたりしたことをQ&A形式にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

IMG_5378




Q1.用土に潜っている

A1-1.冬眠している
寒くなっている為、活性が落ちてきて、冬眠しようと土に潜っていきます。用土に潜って寒い冬を越します(水が豊富にある場合は全個体が潜るわけではありません)。

A1-2.水がなくなって、避難している
棲息環境が水がなくなり、乾燥してきたので、土に潜って避難しています。

A1-3.エサがなくなって、避難している
エサが足りなくなって、用土に中にいるデタトリス(生物の死骸やエサの食べ残し、それらを処理するバクテリア)を食べようとしています。
Q2.水面に登っている

A2-1.酸欠になっている
暑くなって水温が高くなり、バクテリアや微生物などの活性が上がって水中に溶け込んでいる酸素が、涼しい時よりも多く消費され、また水中に溶け込む酸素が少ない為、水中に溶け込んでいる酸素が少なくなってしまい、酸素を取り込もうと水面に上がってくるのです。

A2-2.水質が悪化している
エサの食べ残しや生体の糞などがバクテリアに分解が追い付かずに水が酸性に傾いて水質が悪くなっており、水面近くに避難しております。

IMG_2830

Q3.ひっくり返って蓋を閉じている

A3.水質がかなり悪化している
上記A2-2と同様、エサの食べ残しや生体の糞などがバクテリアに分解が追い付かずに水が酸性に傾いて水質が悪くなっており、水面近くに避難しております。避難してもどうにもならないと悟った時、容器の底に沈んで蓋を閉じて、水質が改善されるのを待つか、死ぬのを待つことになります。


Q4.浮いている(プカ~と浮いている)

A4.死んでいます
残念ながら死んでいます。もうすでに死んでしまい中身が腐ってきてガスで浮いてきています。蓋を閉じているので生きているかもと思うかもしれませんが、残念ながら死んでいます。

IMG_6437





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================








❖作成日:2019/02/18
❖更新日:2021/03/01
※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済
※追加を追記に変更(なし)
※アドセンス再設定対応済
※目次へ戻るを付けました(2021/03/01)
※2021.11.22更新(過剰広告カット)

我が家のアイドル『ミッピーちゃん(女の子)』です。ポーズをしてくれます。
1551450659554


<目次>
【Q1】飼育水はどのような水を使用したらよいでしょうか?
【Q2】飼育水の温度はどれくらいがよいでしょうか?
【Q3】飼育水の深さはどれくらいがよいでしょうか?
【Q4】陸場は必要でしょうか?
【Q5】日光はあたらないといけないのでしょうか?
【Q6】エサは何を与えればよいのでしょうか?
【Q7】寿命はどれくらいでしょうか?
【Q8】大きさはどれくらいでしょうか?
【Q9】販売しているところは何処でしょうか?
【Q10】値段はいくらでしょうか?
【Q11】混泳はできるでしょうか?
【Q12】冬眠はできるでしょうか?
【Q13】レイアウトはどのようにすればよいのでしょうか?
【Q14】水槽の大きさはどれくらいがよいのでしょうか?
【Q15】旅行で家を空ける時のカメのエサはどうすればよいでしょうか?
【Q16】赤ちゃんがエサを食べずに陸の上で動きません。
【Q17】ミシシッピニオイガメよりもオススメな小型のカメは?
【Q18】寝場所はどんなところがいいでしょうか?
【Q19】水草はどんなものがいいでしょうか?
【Q20】カメを飼う初期費用はいくらぐらいでしょうか?

【Q1】飼育水はどのような水を使用したらよいでしょうか?
【A1】水道水をそのまま使用しても問題ありません。
カルキのある水道水をそのまま飼育水に使用しても問題ありません。幼少期から水道水をそのまま使用しても問題ありません。

【Q2】飼育水の温度はどれくらいがよいでしょうか?
【A2】春すぎから秋は常温、冬は暖かい水を使用します。
水温は春すぎ(5月)から秋(10月)にかけては常温で構いませんが、冬から春にかけて屋内で飼育している場合にはヒーターを使用しているはずですので、ヒーター温度との温度差でショックを受けてしまいますので、温めた水を入れてあげる必要があります。もちろん人間にとってのお湯(40℃)は熱過ぎますので、ある程度の冷ました水を入れてあげてください。
【Q3】飼育水の深さはどれくらいがよいでしょうか?
【A3】水の深さは20cm~25cmと深くても問題ありません。
幼体の場合は後ろ脚で立って顔を出せる深さにして体力が消耗しないように浅くて問題ありませんが、大人になったら、全長の3~4倍でも問題ありません。

息継ぎで水面に出てくる時に、後ろ足で立って顔を出せるような物を置いてあげると、そこを台にして息継ぎを行ないます。水棲カメなので深くても溺れません。溺れているように見えるのは「エサくれダンス」か、水面に上がる時の見た目が溺れているように見れるからです。我が家の水深は25cmです。

【Q4】陸場は必要でしょうか?
【A4】必要ありません。
本来、カメは変温動物であり体温調節ができません。よって、温度が低いときは日光を浴びて体温を上げないと活動できませんが、ミシシッピニオイガメは水棲傾向が強いので陸場がなくても調子を落とすことはありません。
【Q5】日光があたらないといけないのでしょうか?
【A5】多少は必要です。
カメは本来、日光浴をして体温調整を行い食欲を増進させたり、新陳代謝を促進したり しています。しかしながら、室内の水槽には太陽はありません。

そこで太陽のように紫外線と熱を照射してあげることが必要になります。バスキンングライトは一カ所に強力な熱を放射し高温スポットを作ります。
 
紫外線ライトは文字通り紫外線が出ますが、熱はほとんど出しません。太陽は生物が生きる為の「熱」と「紫外線」を与えてくれますが、上記に書いたように紫外線ライトは熱をほとんど出しませんので、高温スポットを作るバスキングライトを併設するのです。

しかしながら、上記の話は通常のカメを飼育する時の話であり、水棲傾向の強いミシシッピニオイガメが必須という訳ではありません。

もちろん完全に暗い場所は駄目で、水槽の設置場所を窓際にしていれば、直射日光が当たらない半日蔭でも問題ありません。

また幼少時は個体差があり甲羅干しするものもいる為、必要になる場合があります。
そもそも、バスキングとは日本語では「日光浴」という意味なのです。日光浴が必要な種のためのライトなので、夜行性の種などには不要です。

【Q6】エサは何を与えればよいのでしょうか?
【A6】人工飼料で大丈夫です。
市販の人工飼料で問題ありません。ただし、エサを食べ飽きる場合がありますので、3種類程度、用意しておいてローテーションで与えると食べ飽きないかもしれません。

我が家は沈下性の配合飼料、乾燥エビ、乾燥パン、煮干しを与えております。生餌も食べます。エビ、シジミなどの貝、コオロギなどです。エビは大きいスジエビよりもミナミヌマエビの方がよいです。

【Q7】寿命はどれくらいでしょうか?
【A7】25年~30年です。
寿命は25年~30年と言われているので、10才の人が飼い始めたら40才。その間に、中学校、高校、大学、就職、結婚、子供ができる等、生活環境が変化していきます。

果たして、その中で変わらぬ愛情を注いでやれますか?また、もし40才だったら70才となっておりますので、その間、病気や体の衰えなどあっても育ててやることができますでしょうか?


【Q8】大きさはどれくらいでしょうか?
【A8】親ガメでも12~13cmです。
幼少時では2cm程度で親ガメでも12~13cmです。水槽は40cm、可能であれば60cmとあまり場所をとらないで飼育することができます。
【Q9】販売しているところは何処でしょうか?
【A9】ホームセンターやペットショップで売っています。
二ホンイシガメ(ゼニガメ)やクサガメに比べてなかなか見ることができませんが、最近はメジャーになっているのでホームセンターやペットショップでよく見かけることができます。

【Q10】値段はいくらでしょうか?
【A10】3,000~5,000円で売っています。
大体3,000円~5,000円ぐらいで売っています。ホームセンターやペットショップで見かけた値段の中では3,980円が多いような気がします。最高では7,980円を見たことがあります。ワイルド個体なのか、季節柄なのか、理由がわかりませんが、さすがに高いかなぁとは思いました。
【Q11】混泳はできるでしょうか?
【A11】小さい魚や貝は食べられてしまいます。
雑食性なので口に入る小さな魚や貝は食べてしまいます。逆に大きい魚は混泳できると思いますがストレスになるかもしれません。また、魚と混泳させるのであれば頻繁に水替えをするので魚にも考慮して水替えしなくてはなりませんので、大変かと思います。

【Q12】冬眠はできるでしょうか?
【A12】屋外飼育では可能ですがオススメしません。
冬眠はできますが死んでしまうこともあります。特に幼少期は体力がないので死ぬ確率が高いです。特に注意べきは2月頃に春のように暖かくなった日が続いた後に、真冬のような寒さが続いてしまうことです。一旦目を覚ましたら、お腹もすいている状態で再び寒さに耐えないといけないので耐えきれずに死んでしまいます。

目を覚ましたと思ったら、屋内の暖かい場所で一足早い春の状態で飼育しましょう。屋外飼育で繁殖を目的として野性同様の環境(温度、日照、体内サイクル)の冬眠であればオススメますが、基本的にオススメしません。

一番言いたいのは、せっかく毎日楽しくミシシッピニオイガメと向き合いたいのに、わざわざ冬眠させる必要があるんでしょうか。冬眠失敗での死のリスクもあるのにわざわざ冬眠させたくありません。

【Q13】レイアウトはどのようにすればいいでしょうか?
【A13】簡素で水替えに合理的なレイアウトがいいです。
水草や用土で自然な感じを演出してしまいがちですが、水草は抜かれてしまいますし、用土には糞や食べ残しが溜まってしまいます。

ゴミの溜まった環境はミシシッピニオイガメにはとても不衛生な環境です。

また週に1度は水替えをすると考えますと用土を洗うのがとても大変ですし、水草を抜いて用土をとりさり、水槽を洗って、用土を敷いて、水草を植える、といった一連の作業は毎回とても大変かと思います。

人間側の都合でもありますが長く付き合いますので楽をしたいのであれば、シンプルなレイアウト、岩を置いて、(浮き輪がわりですけど)陸場を浮かせて、用土なしのベアタンク飼育でいいと思います。

見た目は殺風景ですが、カメは岩やヒーター、ろ過機などで遊んでいますし、物が置いていない分の泳ぐスペースもあります。


【Q14】水槽の大きさはどれくらいがよいでしょうか?
【A14】60cm水槽がオススメです。
60cm水槽をオススメします。幼少時は30cm水槽で生活してもらっておりましたが、体が少し大きくなると手狭になり40cm水槽にしました(よくオススメされている45cm水槽を間違って40cm水槽を購入しました)。

この40cm水槽で生活してもらおうと思いましたが、あまり泳がなくなり、人間のように2本足で立つ姿をが多くなりました(それはそれで可愛い姿なのですが)。狭く感じた家族に「60cm水槽を購入してあげてぇ~!」と要請されて購入しました。

やはり60cm水槽では泳ぐ姿が多く見られますし、ゆったり底を散歩する姿も見られます。また、40cm水槽より60cm水槽は水量が2倍以上あるので、水の汚れが遅いのもメリットです。
【Q15】旅行で家を空ける時のカメのエサはどうすればよいでしょうか?
【A15】一週間程度食べなくても大丈夫ですが生餌がオススメです。
一週間程度は食べなくても餓死はしませんが、あくまで親カメの話です。小カメは体力がないのでよろしくないかと思います。

また、可愛がっているカメを絶食させてまで旅行に行くのは忍びないと思いますので、その際には生餌であるエビや貝(シジミなど)を入れてあげますと、生餌という字の通り、生きていますので腐らないですし長持ちします。間違っても家を空ける前にエサを沢山与えていくといったことはやめてください。

一週間空けて気になるのは水が汚れることです。水が汚れていると病気になるリスクが高くなってしまいます。また、夏場で屋外飼育の場合は直射日光にさらされないように日蔭を作ってあげることも大切です。日陰を作ることで水温の上昇を抑えてあげることができます。

【Q16】赤ちゃんがエサを食べずに陸の上で動きません。
【A16】体温を上げてあげましょう。
おそらくですが、ミシシッピニオイガメの子供が体温が上げられない為に食欲が落ちたのだと考えられます。

ミシシッピニオイガメはカメのなかでも紫外線要求量が少ないのですが、全く不必要というわけでなく、紫外線が必要で、特に子ガメの場合は紫外線を要求する傾向にあります。外に出して日光浴させたり、窓辺に置いて太陽の光が入ってくるようにしたり、太陽光が当たらない場合は紫外線ライトを購入してください。そして子ガメの体を温めて様子を見てください。




ページ上に戻る

【Q17】ミシシッピニオイガメよりもオススメな小型のカメは?
【A17】カブトニオイガメなどのニオイガメでしょうか。
水棲ガメではミューレンバーグイシガメです。アメリカ合衆国北東部(バーモント州からジョージア州にかけて)に生息していう水棲カメで全長は最大11.4cmです。生息地の激減、ペット用の捕獲圧等の理由によって絶滅の危機に瀕しており、国際的な商取引が禁止されているCITES(ワシントン条約)の付属書Iに掲載されています。したがって、もちろん野生個体の流通はあり得ず、アメリカ国内で細々と条約批准前に飼育されていた個体から繁殖されたCB個体が流通する程度です。

陸ガメではシモフリヒラセリクガメです。南アフリカ西部に生息するリクガメです。カメ全体でも世界最小と思われ、全長は最大が9.8cmという超ミニサイズのリクガメです。
乾燥域に棲んでおり、年に数週間だけの雨季に植物が成長するのにあわせて活動するという日本にはない環境に棲息しているために飼育はとても難しいカメです。

一番は、よくミシシッピニオイガメと一緒に売られているカブトニオイガメでしょうか。特徴としてはとんがっおり、カブトの形をしている甲羅です。流通量も多くて手に入りやすいですし、甲長も大きくなっても13cm程度です。ミシシッピニオイガメと飼い方も同じですのでオススメです。

【Q18】寝場所はどんなところがいいでしょうか?
【A18】岩や流木を用意してあげるといいと思います。
ミシシッピニオイガメは水中で寝て時々呼吸のために起きたり、陸上で寝るなど個体毎に気に行った所で寝ているようです。

我が家では、浮島につかまって寝たり、縦置きしたテラコッタトンネルなどに縦で寝たりしています。ロックシェルターなどの穴があると、穴の中で寝ております。

産まれ故郷のミシシッピでは、大型のワニやカメ、魚などから隠れて暮らしていますので、何か隠れる岩や流木などを設置すると良いと思います。浮島などの陸上もいいですが、子ガメの時はよく使用しますが、水棲傾向が強いので個体差もありますが、親ガメになるとあまり使用しなくなります。





ページ上に戻る

【Q19】水草はどんなものがいいでしょうか?
【A19】カメと一緒に水草を育てるのは難しいです。
ミシシッピニオイガメは底床に水草を植えても掘り返してしまいますので、植えても植えても水草は水槽の中を漂うことになるでしょう。

また、カメが大きくなると食いちぎられてしまいます。カメは水を汚しますので頻繁に水替えが発生します。頻繁に水替えを行なうのに、水草が邪魔になりますし、そのような頻繁に水替えをする環境下では水草は育ちません。

【Q20】カメを飼う初期費用はいくらぐらいでしょうか?
【A20】そこそこ、費用はかかります。
ミシシッピニオイガメのページですので、ミシシッピニオイガメを屋内水槽で飼うことで試算します。飼い方次第ですので大体の目安としてください。

・ミシシッピニオイガメ 3,000~5,000円
・60cm水槽セット 7,000~10,000円
(60cm水槽本体、LEDランプ、ろ過機) 
・タイマー
 1,500~2,000円(LEDライトのOn/Offを自動でする場合)
・食事 800~1,000円
(※飽きるので2種類購入しましょう)
・ヒーター
 3,000円(冬、160W、サーモスタッド付き)
・クーラー
 4,000円(夏、逆サーモスタッド)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX NEW セーフカバー ヒートナビ160 関東当日便
価格:3300円(税込、送料別) (2020/4/25時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメット カメのおやつ お徳用 8g×5袋入り 関東当日便
価格:410円(税込、送料別) (2020/4/25時点)



ページ上に戻る


♥ミシシッピニオイガメの楽しく暮らす飼い方!
ミシシッピニオイガメ(小さな水棲ガメ)


♥ ミシシッピニオイガメの基本的な飼い方!
【親でも小さいカメ】おすすめ!ミシシッピニオイガメの飼い方



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告




↑このページのトップヘ