虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告



スポンサー広告




カテゴリ: 水生植物


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







「浮き葉」とは、その名の通り水面に浮いている葉です。

我が家のメダカなどの水棲生物の飼育容器には、 マツモやアナカリスなど沈水性植物、コガマやオモダカなどの抽水性植物、ホテイ草、ドワーフフロッグビットなどの浮遊性植物など、多岐にわたる植物を育てております。

飼育容器内で育てている植物は、すべて多年草でして、冬は地上部が枯れてしまう植物が大半なのですが、なかには、セイタカアシなどの常緑もありますが、春になりシーズンを迎えますと、爆発的に繁茂してしまう植物たちなのです。

爆発的に繁茂してしまう水生植物は、メダカたち魚の泳ぐスペースや、ミナミヌマエビやドジョウ、ヒメタニシなどの生息域を覆ってしまいます。

特に深刻なのが、日光が当たらなくなり、水の中に日光が届かなくなりますと、水棲生物たちの体が丈夫に育つことができなくなります。

また、バクテリアの動きが鈍くなって、エサの残りや水棲生物たちの排泄物など、水の中の栄養素や毒素を分解スピードが遅くなります。そうなりますと、水の中の世界が一気に腐敗していき毒素に覆われた世界になりますので、あっと言う間に水棲生物たち死に絶えてしまいます。

そのようなことにならない為に、適当なところで水草を間引きしていきます。

その中で時々忘れてしまいますのが、ハス(蓮)の「浮き葉」が水面を占領してしまい、水棲生物たちが酸欠になりかけてしまうことです。

ハスの葉は、水面に浮く「浮き葉」と水面より高く上がる「立ち葉」があります。花は水面より高くそびえて咲きます。ちなみにスイレン(睡蓮)の場合は「浮き葉」だけであり、花も水面に浮いて咲きます。

ハスは最初に「浮き葉」が複数出て、その後に「立ち葉」が出てきます。水面に浮かんだ「浮き葉」で光合成を行い、栄養を蓄えた後に「立ち葉」と「蕾」がでてきます。

この「浮き葉」ですが、容器が小さい場合は水面を「浮き葉」を覆ってしまう為に間引きが必要になるのですが、何せ「浮き葉」で光合成を行い、「レンコン(ハスの地下茎)」「立ち葉」の栄養を蓄えていますので、全部間引きすることができません。

「浮き葉」を間引きしてしまうと「立ち葉」が出てこなくなりますので、無理に間引きできないところもあり、「立ち葉」が出てくるのを待っていますと、ついつい「浮き葉」を間引きするのを忘れてしまうのです。

水はグリーンウォーター化や油が浮いてきて、ヒメタニシが酸欠で水面に上がってきており、シグナルはあるのですが、それでも間引きをためらってしまい、魚が元気なくなっているといった状態になってしまうのです。

水面を覆わないように大きい容器を使えばいいのですが、ベランダと言う場所の関係上、大きい容器は使えませんし、意外にも小さい容器のほうが、ハスはうまく育っていると実績もありますので、小さい容器を使用してしまっているのです。


ハスの容器です。見た目が小さすぎますが、これの容器が一番花が咲く成績がいい容器なのです。
IMG_7832

浮葉性植物はスイレンもあります。
IMG_7835



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







屋外でメダカを飼育しまいます。屋外でのメダカ飼育もいろいろなやり方がありまして、用土を入れないベタタンク飼育や ろ過機やエアポンプを設置する飼育、そして水生植物を入れる飼育もあります。

その水生植物ですが、レイアウトも様々でして、沈水性植物主体であるアナカリス、カボンバ、マツモを入れておいたり、浮葉性植物のスイレンを鉢に植えて沈めて育てたり、抽水性植物のオモダカ、コガマを鉢に植えて鉢を沈めて育てたり、浮遊性植物であるホテイ草やアマゾンフロッグビットを浮かべるなど、またかけ合わせたりといろいろなやり方があります。

水生植物を入れるのは、レイアウトを自然に近づけたいとか、何もないのが殺風景ということで入れる、またはメダカなどに魚の産卵の場を設ける、他にも水生植物を植えることで水質浄化の一端を担ってもらうなど、いろいろあるかと思います。

いろいろな目的があるかと思いますが、基本的にお好みの水生植物を植えるかと思います。今はホームセンターにも割といろいろな水生植物が販売されています。私が子供の頃はホテイ草やアナカリス、カボンバ、マツモぐらいだったかと思います(もしかしたら他の水生植物を意識していなかったのかもしれません)。

そしてレイアウトを考えながら植えていくのですが、あれもこれもという感じで購入しすぎてしまい、ついつい植え過ぎてしまうことが多々あります。

ひとつの鉢に複数の水生植物を植えることになりますし、ひとつの容器に複数の鉢をいれることになったります。

容器のスペースの問題もあり、浮遊性植物であるホテイ草と抽水植物のオモダカをかけ合わせたり、浮遊性植物であるアマゾンフロッグビットと沈水性のアナカリスをかけ合わせることでスペースを有効に使うこともあります。

しかしながら、春先の株がまだ小さい頃はいいのですが、梅雨から夏場を迎えるあたりになりますと、株が大きくなってきたり、株が増えたりしていきます。

水生植物が容器のスペースを奪っていくのです。

このことにより、メダカ含めた魚の生活スペースを奪っていくことになりますので決して良いことはありません。メダカは下手をすると死んでしまいますし、ストレスで繁殖活動をあまりしなくなります。もし、繁殖活動をしていても、容器の繁茂している水生植物のどこに産卵したのかがわからなくなります。

魚意外、例えばヌマエビやタニシならいいのかというと、それは水生植物の繁茂次第で、繁茂しすぎますと容器の底に日光が届かなくなりますので、微生物が死んでしまいますし、微生物が死んでしまうと底にはアンモニアや硝酸塩といった水棲生物に有害な物質が堆積してしまいます。

また、水棲生物が繁茂している状態で、日中であれば光合成を行ってくれて、水中の酸素を消費することがありませんが、夜間は水中の酸素を吸収してしまい、水の中に溶け込んでいる酸素が少なくなって酸欠を起こしてしまいます。

そして容器の中の生き物が死に絶えてしまうのです。

そんなことにならないように間引きを怠らないように常に繁茂状態を確認して、水棲生物を植え過ぎてしまったシーズンを終えます。

そして、前シーズンの反省をもとに水棲生物を植え過ぎないようなレイアウトにするのですが、余った水棲生物は捨てるのはもったいないので、水草用の容器を用意して、ドカッと入れてしまうことになるのです。

本来であれば、もうひとつメダカ容器を増やせばいいのですが、容器を置くスペースにも限界がありますので、水棲生物専用の容器に入れて置き、そのまま放置状態してしまいます。

水生植物だけですと、ボウフラがわいたりしますし、メイン容器で万が一水棲生物が全滅してしまった場合のバックアップ用として、ドジョウやヒメタニシやミナミヌマエビを入れるのですが、これが不思議と元気にしっかり育ち、繁殖までしてくれますので、人間が手塩に掛けて飼育している横で何もしない容器の方がしっかり育ちますので、何とも言えない複雑な気持ちになります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







ベランダでメダカやエビ、ドジョウなどの水棲生物を育てております。春になって暖かくなりますと、活性が上がって動きが活発になります。

暖かくなるとそれ以上に元気になるのが水生植物たちです。少し前までの寒かった時は新しい芽を出す様子もないのに、暖かくなりますと、新しい芽を一気に出してきました。


ホテイ草です。株のほとんどが冬の寒さで枯れてしまいましたが、少しでも生きている部分があれば、そこから新しい芽を出してきます。
IMG_7031

サジオモダカ、トウゴクヘラオモダカ、ヘラオモダカです。どれがどれだかわかりずらいですが、一番大きな株がサジオモダカです。サジオモダカはよく育ちます。
IMG_7048

オモダカです。オモダカは割と弱くて何度も枯らしてしまいましたが、今回は無事に冬越しできました。
IMG_7055

ハンゲショウとニオイショウブ、シロバナサクラタデです。1年で容器が根だらけになってしまいます。特に植え替え必須の植物です。
IMG_7051

ウキヤガラとコガマです。暖かくなりますと、いきなり芽を出してきます。
IMG_7052

アサザです。常緑ですが、春になりますと沢山の浮き葉を出してきます。
IMG_7044



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







メダカ飼育で容器に水草を植えることがあるかと思います。植える目的としては、メダカと容器だけでは無味乾燥ですのが、植えることで景観が華やかになりますし、純粋に水草の育成も楽しみたい、また、図水質浄化の一端を担ってもらいたい、と言った理由があるかと思います。

植える水草は、景観第一、例えば葉っぱの色がカラフルだとか、背丈の大きい水草を植える、他にレアな水草を植えて育てたいとか、花の咲く水草、メダカが産卵し易い水草とか、自分なりに好きな水草を決めて植えるのが一番いいんでしょうけど、特に決めていない場合もあるかと思います。

「何となくメダカと相性のいい水草でいいから何を植えようかな?」と思っているような方は、ただ、いざ水草を植えるとなると迷うこともあるかと思います。

メダカの水草の中で有名なのは、アナカリス(=オオカナダモ)、カボンバ、マツモ、ホテイ草、ドワーフフロッグフッドなどかと思いますが、メダカの水草といって、ホームセンターや、ネットショップの紹介ページに出てくる水草の中に「ナガバオモダカ」がでてくると思います。

この「ナガバオモダカ」ですが、非常に生命力、増殖力が強い水草でして、一度購入して容器の植えてしまえば、まず枯れることにない水草と言っても過言ではありません。

「ナガバオモダカ」は、北アメリカ原産の多年草抽水植物で、白い小さな花を咲かせる植物で初心者でも育てられる人気の植物でもあります。

「ナガバオモダカ」は小さな株で販売されております。その状態で容器の中に植えてから、徐々に増え始めて、一番花を咲かす時には、まだ可愛らしい姿なんですけども、その後、夏を迎える頃から徐々に増え始めて、他の水草の領域を侵食していきます。

◆基本情報
【品種名】 : ジャイアントサジタリア
【分類】  : 抽水性植物
【草丈】  : 北米原産のオモダカ科の植物
【分布地】 : 北米
【開花期】 : 6月~8月
【冬場】  : 冬は地上部は枯れる
【繁殖】  : 地下部でランナーを伸ばして芽を出す
【水管理】   鉢植えの場合は鉢ごと水につけ、株元が必ず水につかる水位で生育
【日当たり】: 半日以上、直射日光があたるところに置く
【用土】  : 水生植物の土(土の配合が難しいので
        水生植物の土を使用したほうがよい)
【肥料】    緩効性の化成肥料を土に埋める
【シーズン】: 4~10月(シーズン中は水上葉、シーズン外は水中葉を増やすので1年中)
【鉢サイズ】: 4~6号程度

※参考:鉢サイズ
号数 鉢の直径(cm) 土の量(L)
3号鉢 9 0.3
4号鉢 12 0.6
5号鉢 15 1.3
6号鉢 18 2.2
7号鉢 21 3.5
8号鉢 24 5.2
9号鉢 27 7.8
10号鉢 30 8.4
11号鉢 33 10
12号鉢 36 14


春の植え替え後の写真です。1シーズンで株がかなり増えますので、株わけして1株以外は全部廃棄しています。見慣れすぎた光景ですので、記録をとっていなくて古い写真しかありませんでした。
IMG_4664

白い可愛い花を咲かせたナガバオモダカです。花が咲いたぐらいでは記録をとらなくなりましたので、こちらもかなり古い写真です。
IMG_1831


◆メダカと相性が合う水草 ”でもないです”

よく、メダカと相性のあう水草とかかれていますが、特にそれを感じたことはありません。むしろ、繁茂することでメダカの遊泳スペースを奪っていきます。メダカが積極的に産卵することもありませんし、隠れ家になることもありません。メダカとの相性が合うというのであれば、水質浄化作用の一端を担ってくれるところかもしれません。


冬を迎えたナガバオモダカです、地上部は枯れてしまい、冬の間に水中葉を増やして勢力を拡大していきます。水中は凄いことになっています。
IMG_1164

春を迎えたナガバオモダカです。新しい芽がでています。
IMG_5479

春の植え替えで、冬の間に水中葉により勢力を拡大したナガバオモダカを引っこ抜くところです。ナガバオモダカはランナーを出して四方八方に伸びて容器全体に拡がり、春には容器全体を埋め尽くしています。
IMG_2527

写真が見づらいのですが、植木鉢に植えないで水の中にただ浸けて育てているだけのナガバオモダカです、浮草のように浮いて葉を伸ばしています。このようにナガバオモダカは土に植えるのはもちろん、水だけでも生き続ける水草なのです。
IMG_3808



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日はいい天気でした。風はありましたが、歩くとちょっと汗をかくような1日でした。大きなイベントも終わり、明日から遅ればせながら『春の大掃除』ということで、水替え、用土替え、植え替えを行います。

レイアウトも大きく変えようと思います。手広くやりすぎ容器を増やし過ぎましたので、一昨年から徐々に容器を集約しており、今年も減らします。

その際に水生植物も一緒の容器に植えていたのを別の容器にバラバラで植え替えということになります。大体の構想はできているのですが、やはり「何か別のものを育てたい病」が発症しまして、ひとつだけ、購入してしまいました。

「オモダカ」です。

我が家には「サジオモダカ」「ナガバオモダカ」「ヘラオモダカ」「トウゴクヘラオモダカ」を育てていますが、「オモダカ」だけ育てていません、というより厳密には育てていたんですが、「オモダカ」だけは、なかなか難しく枯れてしまいました。

二度目の挑戦になります。昨年は日当たりが悪かったのか、同じ場所に植えていた「ヘラオモダカ」「トウゴクヘラオモダカ」は無事に越冬しましたが、「オモダカ」だけは駄目でした。今度は日当たりのよい場所に植えますので、うまくいくといいなと思っております。

ネットで購入したのですが内容をよく確認しないで購入してしまいまして、届いたものは、まだ地上部の芽が出ておらず球根でした。

ある程度育っていないと、うまくいかない場合もありますので、ちょっと慎重に育てております。最初は球根も見つけられませんでしたので、本当に埋まっているのかも確認できないので、しばらく水に浸けて様子を見るしかありませんでした。

本日見ると少し育っているようでした。うまく芽がでてくれるといいです。


オモダカの球根。
IMG_4758



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日も風はやや冷たいんですが、日が当たると暖かくメダカたちも元気に泳いでいます。

ヒメタニシもカワニナも元気に姿を現し、ミナミヌマエビやドジョウなども可愛らしい姿を見せてくれています。

水棲生物だけでなく、水生植物たちも暖かくなったことで芽を出しています。無事に冬を越したようです。冬をうまく越せないと、いつまでたっても芽を出してくれず、鉢から掘り出しますと根も枯れていたなんてこともあります。

まだ、今年春に行うべき容器の水替え、植え替え、用土替えをしていません。流石に昨年1年間の魚に害のある亜硝酸やアンモニアなども堆積しておりますし、容器の中は藻やコケだらけになっています。そして植木鉢に植えて沈めている水生植物も根がパンパンですし、用土も栄養もなくなっていると思います。

そんな環境ですが、水生植物たちも元気に芽を出してくれています。そして、あっと言う間に大きく育ち始めています。

早く植え替えてあげたいんですが、なかなか時間がとれませんので、水生植物たちはもう少しの辛抱です。用土はたんまりと購入しましたので時間ができた時点で交換したいと思います。

ハンゲショウ、サジオモダカ、シロバナサクラタデが繁茂しています。
IMG_4703

コガマですね。地中でランナーを出して、あちこちで芽が生えています。
IMG_4706

手前がヘラオモダカで、奥がトウゴクヘラオモダカです。オモダカは枯れてしまいました。
IMG_4708

姫スイレンが蕾を出しています。まだ植え替えしていないんですよね。このまま植え替えると枯れてしまいます。
IMG_4692



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済

最近、ベランダから外を眺めますと街路樹や公園の樹は葉が紅葉して落ち葉となって道に落ちており、風に舞い上がっている光景を目にするようになりました。残り少ない葉の残った樹は、風が吹くとカサカサと音がするようになりました。

我が家のベランダに植わっております水生植物はすべて多年草(※1)であり、越冬さえうまくいけば翌年春には芽を出して繁茂し始めて、あっと言う間に間引くのが大変になるほど育っていきます。そして秋には葉が枯れて落ち葉になり、最後には地上部が枯れて冬を迎えます。

※1 多年草とは何年間も枯れずに育つ植物のことです。「多年草」「宿根草」と呼び方があります。地上部は枯れても地下器官が冬を越して生存し,春になるとそこから再び地上に芽を出すのが特徴です。

多年草の水生植物の場合は、何か越冬対策はあるのでしょうか。

越冬と言えども、雪国などの寒い地方の公園や街路樹などに行う竹や縄またはムシロなどを使用して、雪や寒さから守るなんてことはしません。

多年草の水生植物の場合(雪国以外)は、特に冬の対策することはありません。冬の間に注意することはひとつです。

越冬している間に水が枯れてしまわないように足し水を行い、地下器官が水に浸かっているようにします。水が枯れてしまうと地下器官が枯れてしまいます。

人間ですと寒い水に浸かっていると「寒い~。寒い~。」と凍えてしまいますが多年草の水生植物は逆なのですね。

また、実は多年草なのですが一年草(※2)のような扱いの水草があります。その代表格はホテイ草です。ホテイ草は多年草なのですが、日本の寒い冬の耐えることができずに枯れてしまいますので、1年草のように思われております。

越冬対策などをすればしっかり年を越すことができますし、よく問題になっている池や川などの放置されたホテイ草が水面を覆ってしまうことは、本来は冬の間に枯れてしまう個体が生き残り、春になって再び繁茂して問題を引き起こすのです。

※2 1年草とは種をまいた年に発芽して花が咲くまで育ち、種が付いて枯れていくサイクルを1年で行う植物のことを一年草といいます。1年で種が付くので、生長速度が速いのが特徴です。

多年草の話に戻りますと、冬の間位に地上部が枯れてしまうものにはスイレン、ハス、ガマなどがありますし、冬も枯れない常緑のミニシペルスもあります。また、地上部では枯れてしまうものの、水中葉を出して水中で育つナガバオモダカなどもあります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済

今年は長い長い梅雨でありまして、梅雨が明けたのが8月に入ってからとなりました。その後、猛暑が続いており、本日も台風10号の影響からか、やたら蒸し暑い日でありました。

我が家は正午から日が差す南西の環境でして、西日が強烈に当たります。この環境下ですが、水棲生物は順応してくれています。

ただ、水生植物は元気に育つ一つの要素であります「日光」ですが、この「日光」が長い梅雨により足りないようでして、影響を受けている感じがします。

梅雨明けの8月の猛暑で水生植物たちは幾分元気に繁茂するようになりましたが、とにかく「花」が咲きません。今年は姫スイレンとサジオモダカしか花が咲かずに、他の水生植物は「花」が咲きません。

ガーデニングでもミニトマトが枯れてしまい、アサガオは普段ほど蔓を伸ばしません。植物たちは異常な夏を敏感に感じ取っているようです。


花が咲いたのは姫スイレンだけです。
IMG_3801

ホテイ草の花が咲きません。咲きやすい種なのですが今年は駄目です。
IMG_3802

ハスも咲きません。もともと咲きにくいのですが、今年は全く咲きません。ハンゲショウも今年は咲きません。サジオモダカだけはよく咲いています。ただ、鑑賞に適していないおで綺麗とは言えません。
IMG_3806

アサザは全く咲かないどころか元気がありません。葉があまり生えてきません。ホテイ草も枯れる一歩手前までいきました。今写っているホテイ草がそうです。他のホテイ草も同じようになった後に復活して元気になる感じです。
IMG_3807



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済

5月30日に自分としては『最強』と思っていたコガマがあっさりと枯れてしまいショックでした。その後、地中にランナー(地下茎)を伸ばして、ひょっとしたら芽がでてくるかなぁと待ち続けておりましたが、いくら待っても生えてこないので後釜を植えることにしました。

ガマは近くの川に生えているのでダタで調達ができます。これが他の水生植物ですとそうはいきませんが、ありがたいことに、生えております。

ただ、いつも何気なく見えていたので具体的に何処に生えているのか、うろ覚えでした。そこで、毎週末はジョギングをしていますので、周囲をキョロキョロと見ながら、ガマが生えている場所を探してみました。

なかなか見つからなかったのですが、生えている場所を見つけましたので、ジョギングは小休止してガマを採ることにしました。

ガマは湖、池沼、河川、水路、湿地などの群生する多年草の植物で、田んぼで耕作を止めた後の廃田や休耕田などに入り込みます。そこでランナー(地下茎)を伸ばして群生を形成するので、一度入り込むと元に戻すのが大変な植物なのです。

そんなガマですので春の植え替えや強風、設置場所があまり日光の当らない場所でも長年耐えてきました。それが、あっさり枯れたのはビックリでした。

今回、河原から採ってきましたので、早速植えることにしました。

ガマを植えるのは、水棲生物の住処にしたいわけではありません。ガマは、とても細長い剣状の葉の間から、長さ20cm前後の細長い円筒状~ソーセージ型で淡褐色~褐色の花(果)穂を直立させるのが特徴です。その穂が見たいだけなのです。

ただ、今回植えるガマの種類は、枯れてしまったコガマなのか、ただのガマなのかがわかりません。さすがにヒメガマではないと思いますけども。


近くの川から採ってきましたガマです。
IMG_3242

枯れたコガマです。
IMG_3244

シャベルで掘ります。
IMG_3245

ガマを植えました。穂を出してくれるのを楽しみにしています。
IMG_3247



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済

アサザの花が咲きました。昨年は咲きませんでしたので、うれしい限りです。アサザは咲く年と咲かない年があり、この原因はわかっておりません。

一輪の花ですが、それでも咲いてくれましたので、うれしいです。今シーズンはどれだけ咲いてくれるでしょうか。それとも、これだけでいきなり見納めになってしまうんでしょうか。

水生植物は、総じて元気に育っておりますが、コガマだけ何故か枯れてしまいました。コガマは過去どんな環境でも生き残っていた強い植物でしたので不思議でしかないのですが、やはり植え替えにはリスクがあるのだなと思い知らされた出来事ではあります。

異変に気付いたのは、半月ほど前ですが、まだ緑の部分が残っており、植え替えで一時的に元気がなくなったのかな?と思いましたが、それからも徐々に枯れてきてしまい、本日完全に枯れてしまいました。


アサザが一輪咲いております。
IMG_3096

ハンゲショウやサジオモダカが元気に育っています。
IMG_3097

ハス(ソクヒレン)の浮き葉と立ち葉が出ています。
IMG_3098

コガマが枯れてしまいました。地下で根が生き残って、そこから新しい芽が出ないかなとも思っており、まだ諦めておりません。
IMG_3100

姫スイㇾンも元気に育っています。蕾はまだつけておりません。
IMG_3104



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告




↑このページのトップヘ