虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告



スポンサー広告




カテゴリ: いろいろな生き物たち、他


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







ここのところ、日差しは暖かく日中の最高気温は20℃前後と安定しておりますが、いざ外出しますと空気がとてもヒンヤリしております。夜になると寒い!という最低気温になるわけもなく比較的過ごしやすい日が続いております。

屋外のメダカは冬がくるのを察知しているのか?水底に潜んでいる事が多くなりました。ヒメタニシもカワニナも、そしてシマドジョウも用土に潜ったり水草や流木、石の陰に隠れてしまい水面まで出てくることがなくなりました。

❖真冬日
 最高気温が0℃未満の日

現在、千葉に住んでいるのですが、千葉は真冬日は1年に何日記録しているのでしょうか
千葉(※)の過去の記録では、なんと1967年の1日だけです。真冬日は50年以上ありません。

※千葉県千葉市の記録です。

東京は1967年2月12日で、その日の最高気温が-0.2℃だそうです。千葉は記録日を見つけられなかったのですが、同じ日かもしれません。

当時と現在の気候は大きく違い、温暖化が進んだ現在では、今後千葉で記録することはないのかもしれません。ちなみに冬日(最低気温が0℃未満の日)も2020年3日、2021年も2日と少ないので、こちらも温暖化が更に進めば、いずれは記録しないようになるのかもしれません。

もし真冬日がきたら、屋外で飼育しているメダカどうなるのでしょうか?

❖水が凍り、水棲生物の凍死の危険性あり
水面が凍りつきます(※1)。水深が深い容器では水面だけ凍り水中は凍らない(※2)のでメダカは生き残ることができますが、水深が浅い容器は水中まで凍りついてしまいます。水中まで凍りついてしまう場合はメダカは流石に生きていくことができませんので全滅してしまうことになります。

※1・・・水の凝固点は0°Cですが実は0°Cになったら必ず凍るというわけではありません。 水をゆっくり静かに冷やしていくと、凍らないまま温度が低くなります。 この状態を過冷却と呼びます。 過冷却状態になった水は、核になるもの(氷のかけらなど)を入れたり衝撃を与えたりすると、その部分から一気に凍っていきます。

※2・・・水は温度が4℃の場合に密度が高く重くなる性質です。4℃以上も4℃以下も密度は低くなります。
     外気の冷たい温度がまず水の表面に伝わります。水の温度が4℃になるまでは、水の底が冷たく水面近くが温かい状態で冷えていきます。
     しかし、水の温度が4℃の水は密度が最大なので水の底にたまっていきます。逆に4℃より冷たくなった水は、4℃の水より軽いので、水面近くにどんどんたまっていく。水面近くの水の温度が0℃になると、水面から氷ができていく。」ということになります。
     水は温度を伝えにくい性質により水は比熱が大きい(温まりにくく、冷めにくい)性質も作用しています。

❖ギリギリ越冬できていた水草が枯れる
水草であれば、多年草の場合は地上部が枯れて地下にある根の部分だけで越冬することができますし、常緑の水草なら真冬日が訪れても問題ないと思われます。

一年草であればすでにタネを実らせて枯れています。

影響を受けるのは実は多年草だけど日本の冬は越せない一年草扱いされている水草です。その実態は外来種の水草です。ただ、近年は本来なら日本の冬の寒さに耐えれない種でも温暖化による暖冬により越冬できることが多くなっております。これが外来種が増えていく問題の一因でもあります。

代表的なものがホテイ草です。ホテイ草は本来は多年草なのですが、日本の寒い冬を越せないので冬になると枯れてしまいますが、我が家でもそうですが、日当りがよい場所など条件が揃えば、大部分は枯れてしまいますが一部分が越冬して残りますので再び春になり暖かくなれば復活して繁茂することができます。

ギリギリのところで日本の寒い冬を耐え忍んでいるホテイ草ですが、ひとたび真冬日が訪れれば「一発アウト」と思われます。寒さにより枯れている部分が一気に多くなり、最終的に枯れ死してしまうと思われます。



※最後にご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがありま

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日は「秋分の日」。秋分の日はご存知の通り国民の祝日で、祖先をうやまい亡くなった人をしのぶ国民の祝日だそうです。秋分の日の日はお彼岸の中日となっており、天気のいい本日は墓参りをする方も多かったのではないでしょうか。

いい天気になった「秋分の日」ですが、最高気温が30℃を超える『真夏日』となりました。

なんでか、暑い正午頃に近くの川沿いの道をジョギングしましたが、目の前が真っ白になるような暑さでした。熱中症に気を付けないといけません。

そのジョギング前にメダカのオスメスの写真(別プログでオスメスの見分け方を書きましたが写真がないので後から:撮りました)を撮りましたが、その写真を撮っている時に「昔(昭和)はこんなことやらなかったなぁ」と思いながら撮っておりました。「そもそも、まともに飼っていないし。」と思っておりました。

今でこそ、メダカの地位は向上して品種改良を重ねて何百種類ものメダカが販売されていますし、メダカブームも手伝って、愛好家やブリーダーの方はもとより、一般の方々まで気軽に飼育して、インターネットで飼い方を見ることもできますし、書籍もメダカコーナーがあるぐらいに沢山販売されております。大衆魚の象徴「金魚」の人気を超えつつあるといっても過言ではありません。

そんな人気のメダカですが、昭和の時代はどうだったのでしょうか?

今は令和の時代です。昭和の時代は令和の2つも前の時代で、ちょっと「うろ覚え」ですし「世間一般」ではなく「私の幼少期(1977年(昭和52年)から1983年(昭和58年)ぐらい)」に目に触れていたメダカの話ですので、ご理解ください。

❖令和のメダカ販売

ホームセンターやペットショップなどの一角にメダカのコーナーがあり、いわゆる一般的なリアル店では、ヒメダカ、黒メダカ、白メダカ、青メダカの基本種が販売されている。ブリーダーの方などは個人販売として、レアな種類や高価な種類のメダカを販売している。各地でメダカのイベントも開催されて、そこに足を運べば、変わりだねのメダカを購入することができる。
インターネット販売では、多くのメダカの種類が販売されており、手に入らないメダカはほぼないと言える。インターネットではオークション販売も盛んで、愛好家やブリーダー、そして一般の方々が育てたメダカが販売されている。インターネット販売やオークション販売では、親メダカはもとより、卵や稚魚と、輸送技術の向上もあって多様な販売となっている。

◆昭和のメダカ販売

インターネットのない時代。ペットショップやデパートで販売されていたが、ほぼペットショップ一択であった。そのペットショップで販売されているのは黒メダカ、ヒメダカの2種類であった。メダカコーナーなどはなく隅にポツンと置かれていた。当時は一般人にとって金魚が人気の魚であったので金魚主流の販売であった。金魚とメダカを混泳させて販売しているのも珍しくなかった。夏祭りでの金魚すくいで金魚と一緒にメダカが泳いでいたが、まずメダカを狙うことはなかった。メダカに逃げる(当時はそう思っていた)ことは、金魚すくいでの敗北を意味した。

❖令和のメダカ採取

どこにもいない。田んぼにいってもいない。メダカは2003年5月に環境省が発表したレッドデータブックに絶滅危惧種として指定されているのだから当然だ。田んぼも用水路が整理されて逃げ込むため池も整備されてしまっているから、冬に水のない田んぼにはメダカは棲めない。それでも近所の用水路でメダカが捕れたが何かが違う。早速、スマホで調べてみるとメダカによく似たカダヤシであった。蚊ダヤシは北米原産の外来種で1970年代には爆発的に分布を拡げたそうで(幼少期ですが全然知らなかった)、仕方ないのでメダカの代わりに飼ってやろうかと思ったが、2006年2月に外来生物法施行令により特定外来生物として指定されており、日本国内での特定外来生物としての輸入、販売、頒布、譲渡、飼養が制限と放つことが禁止され、最高三年の懲役、または三百万円の罰金刑の対象となっているので、リリースして諦めた。もう野生ではまず見ることができないのかも。

◆昭和のメダカ採取

近所の川や池、沼などで捕れた。ただ、上記にある通り、カダヤシが分布を拡げていたとの事なので、もしかしたらすでにカダヤシだったのかもしれないが知る由もない(ここではメダカとしておく)。メダカが捕れたが、当時の子供たちの人気は圧倒的にアメリカザリガニ(外来種)であった。捕れてもリリースしていたか、酷い話であるが持ち帰ってもアメリカザリガニのエサにしていたか、他のフナや金魚と一緒に飼っていた。魚で人気だったのは鯉(外来種)であった。フナでさえ、鯉が捕まえられない時のハズレだった。そして縁日や夏祭りで捕ってきた金魚も人気であった。メダカは不人気というか、まったく存在感のない魚であった。

❖令和の小学校(=令和では家族が小学校卒業後なので、ここは平成最後の年)
我が家族の在籍していた学校では、メダカを教室で情操教育の一環で飼っていた。校庭の池にもメダカが泳いでいた。我が家族の友人にも飼っている人も結構いると聞いたので「メダカは人気の魚なんだ」と改めて実感した。

◆昭和の小学校

令和と同じく在籍していた学校では、メダカを教室で情操教育の一環で飼っていた。メダカに人気はなく「メダカじゃなく、ザリガニ飼おうぜ!」という声が圧倒的であった。先進的?な小学校で当時、すでに今でいう「ビオトープ」なるものを校庭の一角で行っていた。ビオトープの区画がいくつか分かれており、深い池のような所、浅い池のところ、田んぼでイネが植えてあるとこなどが繋がっており、深い池のようなところにはマツモなど繁茂しており、メダカがいる光景が見れた。一方、何もいないエリアもあって、うまく活用できていないようでもあった。

❖令和のメダカ飼育

メダカの飼育は確立されており飼育用品は充実している。容器をとってみても睡蓮鉢はもとより、トロ舟、プラ舟、水槽、そしてメダカ専用の容器も販売されており沢山の選択肢があり、自由に選ぶことができる。屋内飼育も屋外飼育も選ぶことができ、ライフスタイルにあわせて飼育をすることができる。インターネットで検索すれば、先人たちの普段の飼い方はもとより、産卵方法、稚魚の育成方法、病気への予防や対処なども事細かく調べることができる。メダカ飼育自体に市民権を得ており、人に趣味として話すのも気にならない。

◆昭和のメダカ飼育

メダカ飼育は確立されていたと思うが一般人までに浸透していたか?というかというと「?」である。少なくとも当時の小学生には浸透していなかった。メダカを飼うなら本というか図鑑で飼い方を調べてからであったが、メダカだけ載っているわけではないので詳細は調べようがなかった。唯一気を付けていたのが塩素(カルキ)抜きだけであり、金魚を飼育する時に販売していたカルキ抜きを流用していた。メダカだけで飼育することはなく、金魚と一緒で飼育しているのが常識だったので、すぐに死なせてしまった。睡蓮鉢で飼っているメダカを友達の家で見かけたことがある。そこにはメダカと金魚が一緒に飼われていた。水草もなければ、流木や石など、メダカが隠れる場所もなく、おそらく産卵もできずに死んでしまったと思う。産卵して勝手に増えていくものだと思い、現在の産卵後に隔離するという考えは一切なかった(その前に死なせてしまっていた)。

❖令和のメダカの地位

メダカブームが起きて久しく、何百種類という品種改良が販売されており、金魚の人気を凌駕していると言っても過言ではない。

❖昭和のメダカの地位

メダカの地位は低かった。

1.ミズカマキリ、タガメ、ゲンゴロウ
2.鯉、アメリカザリガニ、サワガニ、ヤゴ、ブラックバス、ライギョ
3.フナ、金魚、クチボソ、モロコ、
4.ドジョウ
5.なし
6.メダカ、エビ、タニシ、カワニナ

幼少期のランキングは上記のような感じであった。最上位は当時でもレアな種であって令和の現在まで3種類とも野生の実物を
1回しかみたことがない。2番目に鯉やザリガニなどで雑食、肉食系が人気であった。そして現在では特定外来種のブラックバスなども当時は貴重な?種であった。3番目のフナやクチボソなどは手に入れるのに苦労しなった種であったのでレアという感覚はなかった。最下位のメダカ、エビ、タニシ、カワニナは完全にハズレであり、網で捕れてもその場でリリースすることが多かった。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







暑ーい!ですね。どうしてもこの言葉が出てしまいます。私は昭和の時代に生まれましたので、小さい頃は「心頭滅却すれば火もまた涼し」なんて諺を先生や親から言われたもの(この頃でも子供心に古いなぁと思いました)です。暑い時には扇風機の前に陣取ってずっと風にあたっていたり、日中は市営プールや学校のプールに行って泳いだり、その帰りに駄菓子屋でアイスを食べて、家に帰ってスイカなんか食べてといった涼み方をしていたことを覚えております。

しかしながら、温暖化のすすんだ現在は難しいです。まずクーラーじゃないととてもじゃないけれど過ごせません。扇風機では耐えれませんし、卓上扇風機で送風しながら、クーラーをつけているなんていうこともしています。また、市営プールに子供達でいくことは防犯上できませんし、駄菓子屋なんてもの、過去の遺物みたいなものでして近所にはありません。

駄菓子を見るのはデパートの一角が駄菓子屋さんになっていたり、お菓子売り場に駄菓子が置いてあったりですので、現代では駄菓子屋のかわりにコンビニになっています。いろいろと便利な世の中になりましたが、古きよき物も残ってほしいと思う今日この頃です。

ただ、この夏という季節は一番楽しい季節でして、水棲生物や水生植物が元気で活発ですし、繁殖シーズンでもありますので、次の世代の子供たちが生まれてくるのを見ることができます。いったんベランダに出ますと暑くて汗が出てきますが、ベランダに滞在する時間もおのずと増えてしまいます。

ただ、日中にベランダ出ても上の階のベランダが屋根がわりになります。この屋根のおかげで日中でも日蔭の場所があり涼むまではいきませんが、メダカなどの水棲生物の様子を直射日光に当たらずに見ることもできます。

本日も観察していますと、太陽の日光の加減と水草の隙間から、ちょうどトンネルのように水の底を見ることができました。魚を驚かさないように見ていますと、いろいろな魚たちが通って行くのが見れて楽しむことができました。


金魚、フナなどの容器です。コガマ、ウキヤガラなどの抽水性植物、ホテイ草、ドワーフフロッグビットの浮遊性植物を入れております。
IMG_5582

太陽の光の加減と水草の隙間により、ポッカリと水底が見える部分があり、そこから水の中の世界を覗き込むことができました。
IMG_5568

クチボソとメダカです。クチボソは素早いのでうまく撮ることがなかなかできませんでした。
IMG_5570

りゅうきんです。食欲旺盛で元気に過ごしております。夏を無事に越すことができるでしょうか。
IMG_5577

ヒドジョウが通りました。ヒドジョウは撮影に協力的で止まってくれました。
IMG_5578

コリドラ・スパレアタス(=青コリ)です。屋外飼育の個体はとても素早くて、撮影に協力的?ではありません。
IMG_5558



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日も暑いですね。あっさり梅雨があけまして、いきなり真夏日(最高気温が30℃以上)になっております。暑いので真夏日も猛暑日(最高気温が35℃以上)も変わらず、ベランダでメダカたちのお世話をしておりますと汗だくになります。

夏日、猛暑日となりますと当然ながら屋外で飼育しているメダカたちの容器の水温が気になります。水温に関しては「浮かべる水温計」を浮かべて測っております。

この「浮かべる水温計」は3年ほど?(正確にはちょっと忘れました)使用しておりますが、最近は水温が見えないぐらいに黒い汚れ、コケがこびりついておりまして使い物にならなくなっています。

よく、たわしや歯ブラシなどで落としていたのですが、徐々に、この黒い汚れが落ちなくなってきましたので、さて、どうしたものやら?新しい水温計に買い替えようか?と考えておりましたが、家族に相談したところ、「汚れがよく落ちるスポンジがあるから試してみる?」と言われましたので、さっそく汚れを落としてみることにしました。


汚れを落とす前の「浮かべる時計」です。真っ黒で水温計としては何の役にも立たないです。
IMG_5508


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スドー 浮かべる水温計 関東当日便
価格:345円(税込、送料別) (2021/7/17時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激落ちポイポイ S-695(1コ入)【激落ちくん】
価格:335円(税込、送料別) (2021/7/17時点)



今回使用しますのは、メラニンスポンジです。
IMG_5509

ゴシゴシと擦っていきます。
IMG_5512

汚れが落ちていきます。
IMG_5513

洗いづらい所はスポンジを小さく千切ってはしで押し当てて擦っていきます。
IMG_5514

汚れが落ちました。水温メモリは以前にブラシで擦って削れてしまった所ですので、メラミンスポンジでメモリが削れてしまうわけではありません。
IMG_5516

もう一つの「浮かべる水温計」です。真っ黒ですね。
IMG_5517


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激落ちポイポイ S-695(1コ入)【激落ちくん】
価格:335円(税込、送料別) (2021/7/17時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スドー 浮かべる水温計 関東当日便
価格:345円(税込、送料別) (2021/7/17時点)



黒い汚れが綺麗にとれました。夜なので水温計の部分が見えにくいですが、しっかり見えるぐらいに綺麗になります。
IMG_5518

最後によく洗って再び浮かべます。今年の夏も活躍してくれそうです。
IMG_5525



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







私はマンション住まいですので、熱帯魚やミシシッピニオイガメを覗いて、基本的にベランダを使用して飼育しております。ベランダとという限られた空間ですし、お隣様含めて、一つのマンションに沢山の人が棲んでいる、いわゆる共同体ですので、一番は迷惑をかけないように飼育をしないといけません。

屋内で飼育することもできますが、ベランダというスペースを利用して飼育したい方もいるかと思います。ベランダで飼育する際の注意点は何なのでしょうか。

ベランダ(=バルコニー)※とお考えください。

※ベランダとバルコニーの違い
 ベランダとバルコニーは共に2階以上の家の外に張り出したスペースですが、ベランダは雨をしのげる屋根があり、バルコニーには屋根がありません。
 ルーフバルコニーは屋上をバスコニーにしたスペース、テラスは、1階部分を部分のバルコニーです。


そもそもベランダで生き物を飼育していいのか?
❖ベランダは共用部分
一番のポイントは、何といってもベランダが「共用部分」であることです。「共用部分」は「みんなのもの」であり、「個人所有のもの」ではありません。

したがって、本来であれば私物を置いたりしてはいけないスペースであるのです。

ただし、ベランダは居住者が「専用使用権」を持っています。

専用使用権とは、マンションの専用庭、バルコニー、ルーフバルコニー、駐車場など、敷地や建物の共用部分の一部について、特定の区分所有者のみが使用できる権利をいいます。

特にベランダは避難経路として使われるため、避難ができないような物の設置をしたり改造したりできない場所でもあります。災害時や犯罪発生などのいざという場合にマンション内に住む全員の人命に関わるからです。

他にも建築物などの重量によって、バルコニーに破損が起こったり、落下する危険が考えらたり、バルコニー部分の改築によって建物全体の美観が損なわれる可能性があるというものです。

ただし鉢植えやプランターに関しては、一般的に認められているケースが多いです。マンションに管理規約の使用細則があれば詳細に定められています(使用細則自体がない場合もあります)。

❖管理規約
二番目のポイントは、マンションごとにある「管理規約」でペットを飼育していいか、わるいのかが取り決められています。

ペット飼育を禁止にしているマンションもあれば、飼育を可能にしているマンションもあります。飼育を可能にしていても、届け出を出さないといけないマンションもあります。

ペット禁止にしているマンションがある理由ですが、イヌやネコに毛のアレルギーに悩まされる方がペット禁止のマンションを選んでいるのが多いそうです。他にも臭いや鳴き声に悩まされる。景観が損なわれるなどの理由があります。ただし、管理規約は居住者の大多数の賛成があれば変更でき、飼育可になる場合もあります(なかなか大変です)。

ただ、イヌやネコ、爬虫類や鳥類などに関しては、管理規約にしっかり規定されていますが、メダカや金魚などの小動物、カブトムシやクワガタなど昆虫などは書いていないとか、「その他、小動物や昆虫に関しては、他の移住者の立場を尊重して飼い主の責任のおいて適正に飼うこと。」みたいな書き方をされていることもあります。

実態としては、暗黙の了解といいますか、容認といいますか、植木鉢やプランターなどをベランダに置いて育てている、通路をふさがない程度に物置などを置いているという現実解としてあります。メダカや金魚、カブトムシやクワガタに関してもそのような事が言えます。

❖飼育する際の注意点(両隣に対して)
❖鳴く虫(鈴虫、コオロギ)は境界線
 鈴虫、コオロギなどの鳴く虫を飼育する場合がありますが、できれば鳴かない虫である方がいいです。飼い主は鈴虫やコオロギなどが鳴いても「風情があっていい。」という気持ちになりますが、その鳴き声自体、騒音と捉える方もおりますので注意が必要です。

❖鳴かない虫(カブトムシ、クワガタムシ)でも虫が湧く
 鳴かない虫ならいいのか?といいますと、例えば、カブトムシやクワガタムシなどがいいかといいますと、カブトムシやクワガタムシはコバエ、ダニなどが発生します。特に大量発生した場合は、両隣との境界は「蹴破り戸」ですので、隙間がありますので、そこから両隣に行ってしまい、迷惑をかけることになります。虫が完全に湧かせないといったことが難しいですので、できるだけ虫が湧かないように、ダニ防止のマットやコバエ退治の捕虫器などで、大発生しないようにします

❖脱走する
 カブトムシ、クワガタムシや、ドジョウやカメなどは「いわゆる脱走が得意な生き物」がいます。蓋がしまっていないなどで脱走した場合は、両隣の境界は「蹴破り戸」ですので、下に隙間があります。そこを通ってしまい、両隣に逃げ込んでしまう場合もあります。脱走しても逃げ込まないように、柵を設けるとか、柵でなくても、例えばレンガを並べて通れなくしてしまい、両隣に逃げ込むことがないような対策が必要です。

❖ろ過機やエアーポンプなど音のするものは使用しない
 ろ過機やエアーポンプを設置する方もいるかと思います。屋外に設置すると感電、発火、漏電の原因にもなりますが、対策を講じたり、屋外用を使用するにしても、水中でモーターが稼働して、結果的に消音するタイプをオススメします。マンションでのトラブルの一番は「騒音」です。モーターが常時響いている状態は避けたいところです。

❖夜に作業しない
 夜に水替えや植え替えの作業をするのは避けましょう。生き物をお世話するのは、日中に行いましょう。祝休日は家族そろって団欒されているかもしれませんので、本来は学校や会社に行って留守になっている平日がいいかと思いますが、こればかりは難しいですね。

❖蚊
 水場には蚊がきます。蚊は水場がないと産卵できないからです。蚊の産卵場所は水面でして、1回に多い時は200個程度の卵を産卵します。卵の期間は5日程度でして、孵化してボウフラという幼虫が産まれます。ボウフラの期間は7日程度で蛹になり、蛹は3日程度で羽化して成虫になります。合計15日程度で成虫になるということです。

 メダカなどの魚は蚊の卵やボウフラを食べてくれますので、蚊が増えることはありませんが、ミナミヌマエビだけとか、タニシだけとか、水生植物だけを育てている容器では天敵がおりませんので、繁殖してしまいます。水をいれている容器には必ず魚を飼育するようにしましょう。

飼育する際の注意点
❖鳥が飛来する
 鳥が飛来する場合は、飼育している生き物が食べられてしまいます。生き物を保護する網などを使用して守るケースもあるかと思いますが、これはベランダに人間がよく出ることによって、鳥が警戒して飛来しなくなりますので、観察やお世話でベランダに出ることによって防止できます。

❖ヤゴ(=トンボ)
 マンションの場合は、トンボが飛来するケースはほとんどないと思いますが、低い階の場合は稀にあります。ヤゴはメダカやミナミヌマエビなどの小さな水棲生物を捕食しますので、産卵されないようにしましょう。これも網などをかけて防ぐより、人間が頻繁にベランダに出ることによって、トンボが寄り付かないようにします。

❖日当たり
 ベランダの方角によって日照時間は限られてきます。午前中だけ日が当たる場所がベスト(東向き)ですが、そうもいけないと思います。ベランダの方角が南西の場合は、夏の強い日光を避ける工夫が必要です。

 メダカや金魚などの水棲生物の場合は、容器が重いので置き場を変えることが難しいと思いますので、強い日光を避ける簾などを用意して温度が上がらないようにします。

 カブトムシやクワガタムシなどの虫などは、飼育ケースを運べる重さですので、強い日光が当らない場所に移動します。

 逆に冬は温度が低下しない場所が望ましいです。メダカや金魚などの水棲生物は日光が当たって温度が0℃以下になり容器の水が凍らないようにします。

 カブトムシやクワガタムシなどの虫は、そのままでいいと思います。

さいごに

マンションはいろいろな方が住んでいる共同体ですので、隣近所に迷惑をかけないようにしたいです。必ず顔を合わせますし、挨拶もするでしょう。いざこざがありますと、顔をあわせずらくなりますし、下手をしますと喧嘩になってしまいます。また、管理組合にかけこまれてペット飼育に対する警告、そして退去勧告になってしまうなんてことにもなりかねません。

本来、ベランダ飼育は、自分自身が生き物に癒されたり、飼育自体を楽しんだりするものですので、ここにストレスをかけてはいけません。




※最後に
 ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







『どこ?どこ?どこからくるのかー?黄金バーット。コウモリだけーが知っている。』という「黄金バット」というアニメの主題歌です。

私は昭和世代の人間でして、夏休みになりますと、朝6時に起きてラジオ体操に出掛けて、朝食をとってから宿題などの早朝勉強を行い、10時になると「アニメ祭り」といって2時間枠ぐらいで、いろいろなアニメを放送しており、これを見るのが楽しみでした。午後は市営プールに出掛けて遊ぶなどしていました。

その中のひとつに「黄金バット」でした。この「黄金バット」ですが、はるか昔のアニメですので、リアルタイム世代ではないです。当時見ていても古いアニメだなとは思っていたものの、独特な世界観と孤高の主人公の魅力に子供ながらひきつけられたという感じです。

話を本題に戻しますが、今朝、ガーデニングのプランターをよく見ますと、ピーマンにアブラムシが山のようにたかっておりました。

購入した時に元々いたんでしょうか。「うわっ」て声が出るくらいになかなかの数になっておりました。

❖アブラムシ

アブラムシは全世界で4000種以上、日本だけでは700種以上です。特定の植物にしか寄生しない種類、多くの植物に寄生する種類などがおり、どの植物にも数種類のアブラムシが寄生します。

体長は2~4mm程度で、同一の種であっても体色が違う個体が発生し、体色は濃緑、淡緑、赤、黒、茶、黄色など様々です。

春から秋までは雌だけで繁殖(単為生殖)して世代交代を繰り返します。一匹の寄生では見すごしがちで、群棲した状態で目につきます。

アブラムシは非常に繁殖力が強く、成虫は毎日数匹から十数匹の雌の子供を産みます(胎生)。すでに産まれた時にはお腹に子供がおります。子供は10日前後で親になって雌だけで(単為生殖)子供を産み続けます。

寄生生物の栄養状態(養分を吸い取りすぎ)が悪くなったり、過密状態になると羽が生える個体が出現して、移動していきます。

春と秋に目立ち、夏にはあまり見かけないのは暑さに弱いためで、初夏頃に羽のあるアブラムシが生まれて移動します。秋になると戻ってきて繁殖を繰り返しますが、雄が生まれて交尾をして卵の状態で越冬します。

駆除方法は、数匹のうちに取り除くことが重要なのですが、もうすでにアウトな個体数になっておりますので、何か手を打ちたいと思いました。

ガーデニングで、うまく実がつけば食べたいと思っておりますので、殺虫剤は避けたいところです。

❖対策

 ・手
  ひたすら手でとる。セロハンテープで取り除く。
 ・てんとう虫
  てんとう虫の幼虫は1匹あたり10匹アブラムシを捕食してくれるそうです。
  でも近所で見つけないといけません。
 ・忌避剤
  木酢酢、ニールオイル、米酢をかけます(殺虫にもなります)。
 ・殺虫剤、農薬
  確実に仕留められますが、食用作物の場合はよく洗って食べます。


いろいろと調べていますと「木酢液」がよさそうですので、試してみることにしました。忌避剤ですが殺虫にもあると書かれておりました。しかしながら実際に効果があるかわかりません。

アブラムシに占領されたピーマンの木です。
IMG_5316

うじゃうじゃアブラムシがおります。栄養を吸われて心なしかピーマンは元気がありません。
IMG_5315

忌避剤ですが、木酢液を使用してみます。
IMG_5320


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

環境ダイセン 無農薬への道 500ml
価格:2584円(税込、送料無料) (2021/6/27時点)



シュッシュッと吹きかけていきます。果たして効果があるでしょうか。
IMG_5323



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







千葉県に住んでいますが、久しぶりに大きな地震でした。大きな揺れは3.11を思い出してしまいました。特に震源地に近い福島や宮城の方々は特に思いだしてしまうのではないでしょうか。津波は発生しないとのことでホッとしました。何もないことを祈ります。

我が家の熱帯魚やミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』の水槽はかなり水面が揺れて、少し水が出てしまいましたし、『ミッピーちゃん』のロックシェルターは20cmほどずれてしまいました。

でも『ミッピーちゃん』は問題なく元気でした。今は再び眠っております。

2日ほど前から、『ミッピーちゃん』は今まで見たこともないくらいに暴れることがありました。とにかくどこかへ逃げようと必死に泳いでいるのでした。少し立つと落ち着きますので、水が熱過ぎるのかとか色々と調べましたが特に何も異常はありませんでした。実は『ミッピーちゃん』は地震を予知していたのでしょうか。動物的感ってやつでしょうか。

屋外ベランダのビオトープ容器も確認しましたが、水がこぼれてしまっておりました。しかしながら、メダカやミナミヌマエビなどの生体が床に落ちていることはありませんでした。よかったです。

皆様無事でしょうか。全国、被害のないことを祈っております。


※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日はいい天気で暖かい日でした。陽が落ちるのも遅くなってきまして、以前は夕方17時ぐらいでは真っ暗でしたが、今は夕日を背に走れます。

あと1ヶ月もすれば、いよいよシーズンが開始となります。

暖かいとは言え、冬の間には屋外ビオトープの世話をすることはありませんが、屋内にある熱帯魚やミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』のお世話をすることはあります。

屋内とはいえ、ベランダにあるシンクを使用しますので、水道から出る水がとても冷たいです。

そんな冷たさも問題なく作業できる手袋があります。この手袋は1年中使用できますし、冬の冷たい水も問題ないのですが、メダカなどの生体も直接手にふれることもありませんし、特に用土の入れ替えなどでは、素手だと爪にまで泥がついてしまいますが、手袋をしていれば汚れません。

◆手袋の利点
 ・冷たい水も問題なし
 ・生体を直接触れることがない
 ・汚れない


我が家は「ショーワグローブ 281 M テムレス」を使用しています。農作業や水作業でも使用されています。

手にはめるとフィット感がよくてピッタリしています。よくサイズが合わずに指先と手袋に空きができてしまい、指先が必要な細かな作業ができなくなるのですが、ピッタリとフィットしているので作業がしやすいです。

そして防寒が優れていますので、冬場に水道水を使用して水作業をしていても寒いと思ったことがないです。

作業していても汗を逃がしてくれて、内側から寒くなることもありませんし、手が群れることもありません。材質はポリウレタン、ナイロンですが、臭いはあまりきつくありませんし、手に臭いがつくことがありません。

唯一の難点と言いますか、ビオトープやガーデニングなどの作業をしていますが、10ヶ月程度で水が入ってきてしまうことです。我が家はかなりの頻度といいますが、ほぼ毎日使用していますので、このコストだと強度はかなり強いほうだと思います。

サイズがLL、L、M、Sと4種類ありますので、自分の手にあったサイズを選ぶといいと思います。

◆テムレスの利点
 ・防水、防寒機能
 ・コストが安い
 ・フィット感がいい
 ・内側からの汗を逃がしてくれる
 ・ゴム臭さが少ない

IMG_4431




※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済
※2021.11.23更新(過剰広告カット)

1年が過ぎるのは早いもので、もう次に年になります。ウィルス大流行で大変な年でした。年末年始は寒波襲来なんて言われてますが、それも日本海側を中心に東北から西日本にかけてでして、東日本、特に我が?関東の千葉県は特に寒くもなく、寒波には縁がないのかぁと思って年末の買い物に出かけていましたが、夕方から強い冬風が吹き始めてとても寒くなってきました。

暖かい部屋の中で家族団欒で夕食をとりましたが、目の前に焼肉に食らいついている子供は今年中学生になり、勉強や部活、友達との交流や、何といってもスマートフォン中心でデジタルツール、それも今時のSNSに夢中であり、以前は一緒に育てていたり、観察していたりした「生き物」にあまり興味示さなくなってきました。

これは予想していたことでありまして、自分の世界が拡がれば、新しい世界を探検してみたくなるのは至極当然でして、スマホは別として、少しずつでありますが大人になる階段を登っていっているんだなぁと感じています。

とは言いましてもまだまだ子供でして、忘れ物や寝坊、ボンヤリ聞いているなどが、日常茶飯事ですので、またまだ、しっかり歩む道を一緒に歩いてあげなくてはいきません。

この子が小さい頃、平成時代ですが、思い返した時に「生き物を飼う」と言ってきた時にどうしたのか?といいますと、いきなりメダカを飼い始めてしまいました。

これは親が育てたいからということもありましたが、これは失敗でした。メダカを飼うのに「容器の準備から何匹いれるか?」に始まり、「水草」や「用土」、そして最終的に置く「設置場所」、そして飼い始めてから「水替え」「エサやり」「繁殖」「生まれた稚魚の育て方」など、小学生には難しすぎるのです。

よって、さらに「昭和時代」の自分の子供時分に戻って、最初に何を飼い始めたか?

自分一人で飼育環境をすべてを用意して、エサをあげて育て上げる、を思い返してみます。

ここから始めたいと思います。

◆何を飼う?
子供だけで簡単に飼える。この簡単に飼えるとは何か?ですが、まともに飼わなくても、世話をしなくても生きていてくれる、もっと言うとある程度放置していても生きていてくれる「なかなか都合のいい生き物」です。

まず、犬、猫、ハムスター、ウサギなどの哺乳類系は難しいと思います。また、インコやオウムなどの鳥類も厳しいと思います。これらは「エサやり」「排泄物の掃除」「水の交換」「散歩」などの定期的な世話をしなくてはいけません。1日も放置はできません。

次に、メダカや金魚などの魚類、ザリガニ、エビなどの甲殻類、つまり水の中で生きるものですが、これも難しいです。ある程度は放置しても生きてくれますが、何といっても「水質の維持」、これが至難の業です。

残りは昆虫です。昆虫でも「生き物」には変わりないので難しいことには変わりないのですが、上記の「生き物」たちより、子供でも比較的に飼いやすい、ある程度放置しても生きていてくれる「生き物」がおります。

◆昆虫で何を飼う?
昆虫が飼いやすい、ある程度放置しても生きていてくれると書きました。ただし、昆虫でもほとんどは難しいと思います。

コオロギや鈴虫は定期的な「エサやり」が必要ですし、ショウリョウバッタ、トノサマバッタなどの野原にいるバッタは毎回新鮮な草をとってこなければなりません。

カマキリは、そのバッタをエサとしますので、捕まえに行くのは大変です。

カブトムシやクワガタなどの甲虫類は、1年ほどんどの間の幼虫でして、ある程度放っておいても生きてくれますが、かっこいい成虫にあえるのは夏という短いシーズンです。

何しろ、上記の昆虫たちは捕まえに、生存している環境を探して行かなくてはいけませんし、自然が少ない現代社会では捕まえるのに大変であります。

そこで、子供でも捕まえやすく、飼いやすく、ある程度放っておいても生きてくれる生き物ですが「ダンゴムシ」をオススメします。

❖ダンゴムシ
ダンゴムシは、正式名称は「オカダンゴムシ」です。元々ヨーロッパ原産の種でして、明治時代に移入されてきました外来種なのです。

ダンゴムシは益虫でして、普段は土壌に生息しており、枯れ葉を食べて、微生物の分解を助けて豊かな土壌を形成してくれる役目をおっています。しかしながら、雑食性といいますか、食性から、ガーデニングで育てている野菜や花などの植物も食べてしまいますので、ガーデニング愛好者から嫌われて、大量に発生している場合、駆除されてしまう生き物でもあります。

似ている生き物にワラジムシがおりますが、ワラジムシは、ダンゴムシのように丸まることができません。

◆基本情報
名称   : ダンゴムシ
正式名称 : オカダンゴムシ
飼育環境 : 陸
価格   : 1年中、近所で捕れる(タダ)
寿命   : 3~5年
水温   : 10~30℃(10℃以下で冬眠)
混泳   : 多種と混泳可能
飼育   : 難易度は低い
繁殖   : 難易度は低い(卵生)
棲息場所 : 暗く湿っていて石や枯れ葉の下
餌    : 枯れ葉、野菜、人工飼料


❖飼育環境
ダンゴムシの飼育する場合の準備は以下の通りです。

 ・飼育ケース
  プラケースや缶など蓋のある箱ものをオススメします。蓋があることによって脱走しない、また、他にコバエなどの虫が棲みつかない、乾燥しない(ダンゴムシは湿気がある場所が好きです)などです。

 ・隠れ家
  夜行性ですので日中は何かの下に隠れて暮らします。石や鉢、木の枝などで構いません。

 ・用土
  土に潜って暮らすこともあります。お金をかけるなら腐葉土やカブトムシやクワガタのマットでいいです。また、ダンゴムシのいた周辺の土がいいと思います。

 ・エサ
  雑食性です。枯れ葉が基本です。青葉や、落ちた直後の青い部分の枯れ葉は食べません。枯れ葉はクヌギ、コナラ、サクラ🌸がいいです。ただし枯れ葉は1年中あるわけではありません。そこでキュウリやニンジン、煮干しやかつお節、また人工飼料である金魚のエサや鈴虫のエサなどでも構いません。

❖水を切らさない
ダンゴムシは湿ったところが好きです。乾燥を嫌います。そこで霧吹きなどで水分を補給しましょう。2~3日に1回は行いましょう。唯一、育てるのが大変なところかもしれません。

❖繁殖と脱皮
ダンゴムシは産まれて1年で繁殖可能になります。繁殖シーズン中の6~10月に20℃程度の気温でオスとメスがいれば繁殖します。1回に100個ぐらいの卵を産みます。どこかに産み付けるわけではなく、メスの腹部に産み付けて、腹部の「保育嚢」という場所で卵を抱えるように育てていく育児方法です。卵から孵化したら、親から独立します。

ダンゴムシは脱皮して大きくなっていきます。脱皮は20分程度で完了し、脱皮した皮は自身の栄養源として食料になります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済
※2021.11.23更新(過剰広告カット)

今日も寒いですね。日本海側は大雪に見舞われており、つい先日は関越自動車道が大雪で車が立ち往生して、2日程度そのまま車が動かなかったという、閉じ込められた方はとても災難な状況となりました。

我が家のある場所は雪は降りませんが、家の中でも寒くてインナーを着ないと体が冷えてきまして、特に手足が冷えてきます。

年末年始は「GOTOトラベル一時停止」で巣ごもり確定の方も増えていると思いますが、遡ってみますと3月頃から「自粛」「不要不急の外出を控える」「緊急事態宣言」で巣ごもりや在宅ワークが始まっておりまして、その間は「会食」含めた「遊び」を控えることになりますので、おのずと家の中でできることをしようと考えるはずです。

自宅でやることと言えば「本やマンガを読んだり」「ゲームをプレイ」したり、「お酒を飲んで憂さ晴らし」が挙げられますが、その中に「ペット」を購入することもあるそうです。

もちろん「ペット」の中には「メダカ」「金魚」「熱帯魚」などの水棲生物を飼ってみたいと思う方もいるかと思います。

当プログは「水棲生物」のプログですので、コロナウィルス流行下の「飼育」について考えてみました。

❖購入する前に
この機会に「メダカ」を購入して飼ってみようという方もいらっしゃると思います。時間もありますし、じっくりと選んで決めて飼ってもみるのもいいかと思います。

ただ「メダカ」を購入する前に「コロナ後」や「自粛解除」にも自分が「メダカ」を可愛く飼ってあげれるか?想像してみてください。

元の生活に戻った時に飼い続けることができますでしょうか。

「もちろん!」というのであれば問題ありませんが、やはりコロナウィルス流行下で買い求めてしまいますと長続きしませんし、「コロナ後」は「会食」含めて外出の機会が増えますので、おのずと水棲生物の世話がおざなりになってしまいます。

そこでもし予算が許せば、以下の方法もあります。

・レンタル水槽
  ちょっと費用がかかりますが、レンタル水槽など如何でしょうか。水槽やろ過機やヒーターなどの設備、熱帯魚や淡水魚、海水魚も飼えますし、水草や流木、石などのレイアウトなどもセットです。思い水槽の撤去は業者がしてくれますし、エサやり、水槽の掃除などのメンテナンスも不要で常に綺麗な状態の水槽を鑑賞できます。メリットはあまり自分で水槽内の生き物やレイアウトなどを決められないこと、そして「生き物」を育てる醍醐味がないことでしょうか。

・ジモティー
  ジモティーとは株式会社ジモティーが運営する地元の人間同士で取引できる掲示板です。「譲る」「取引する」の中には「譲りたい生き物」が載っておりますので、譲ってもらうのも手です。登録料や手数料が0円ですので、お金がかかりません。

仲介もありませんので、直接、当事者同士が取引することができます。ただし、取引に時間がかかりますし、「生き物が死んでしまった」「元気がない生き物」であるなどトラブルも多いです。『ただより高いものはない』といったところでしょうか。

❖増やさない
今、「水棲生物」を飼われている方は子孫を増やして累代飼育を行っていると思いますが、子孫が増えますと、おのずと飼育する容器が増えてしまうことになりかねません。

飼育容器が増えますと、その分、容器に配置する底床の用土や水草、石や流木などのレイアウト用品や、エアーレーション、ヒーター(これらは必須でない物もあります)が必要となり買い揃えないといけません。

そして不必要な費用がかかってしまうのです。コロナウィルス流行下では収入も減ってしまうこともあるかと思います。

ここは我慢で来年も必要数を確保する為に繁殖はさせますが、繁殖を抑えることが必要になります。メダカ飼育でいいますと10匹から1000匹に増えるなんてことになりますが、ある一定の卵は隔離して大事に育てて個体数を抑える為に、産み続ける卵はそのままにして親メダカのエサにしてしまうのです。

メダカを沢山育てて売ればいいのですが、よっぽどのレアな品種改良されたメダカなど以外は薄利多売となり、素人が利益を確保するのは並大抵のことではありません。

❖育てられなくなったら
コロナウィルス流行下では収入も減ってしまうこともあるかと思います。自分自身が日々暮らすことに精一杯であり、とても水棲生物を育てる余裕がなくなり、ついにはエサ代にも困ることになるかと思います。

例えば30cmの容器一つであれば何とかなりますが、手広く沢山の容器で色々な水棲生物を育てていた場合は流石に育てられません。

そうなりますと処分しなくてはいけませんが、生き物は野生に放してはいけませんので「売る」「譲る」しかありません。

飼育容器や底床の用土や水草、石や流木などのレイアウト用品や、エアーレーション、ヒーター(これらは必須でない物もあります)、そして生き物を売ることになります。

・オークション
 Yahooオークションなどで売ります。Yahooが仲介してくれますので安心です。

・ジモティー
 『購入する前に』にの書いておりますが「売る側」「譲る側」になることもできます。

・知人、友人に売る、譲る
 親しい知人、友人で水棲生物の飼育に興味がある人に譲ります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告




↑このページのトップヘ