虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。


スポンサー広告



スポンサー広告




カテゴリ: エビ、貝


================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







日中でも最高気温が一けた台となっておりまして、家の中にいても何となく寒いです。

1月4日から仕事始めは、さっそく在宅勤務となりましたが、家の中がひんやりと寒いので、たくさん着こんで、ホッカイロを使って寒さをしのいでいます。暖房費をけちるわけではないんですが、これで何とかしのげます。

屋外ベランダはと言いますと、とても寒いので日の当たる日中はいいのですが、夜に出ますと凍るような寒さであります。

水温は日中(正午頃)は10℃をいったりきたりですが、夜(21時頃)は、5℃をいったりきたりといった状況です。

日中にメダカ容器を見てもメダカやミナミヌマエビ、ヒメタニシやドジョウなどは水底にじっとしているのか目視で確認するのがなかなか難しくなっています。日中、暖かくなると水面に出てくる個体もいますので、そんな時は、元気でいてくれるのをホッとするわけです。

屋外メダカの飼育者にとっては春を待ちわびる日々に突入しているわけですが、それでも水が減っていないか?冬の寒さに力尽きて、或いは力尽きそうな生き物はいないか?などの見廻りをして、きたるべく春に向けて準備をしたり、構想を練ったりするのです。

そんなメダカ容器で唯一、元気な姿を見せてくれるのがサカマキガイことスネールであります。

冬でもやたら元気で水面を逆さまに這って移動していきます。

何でもサカマキガイは平均して5cmを約33秒で這って移動するそうで速いです。
サカマキガイが逆さで浮いているように動くのは、水の「表面張力※」により、サカマキガイは足を水面にくっつけています。そして巻貝自体が薄くて軽いので浮けるのです。

※表面張力とは、液体と気体の境界(表面)において、液体分子同士が分子間力により引き付けあって、液体が表面をできるだけ小さくしようとする性質のことです。 このサカマキガイの免疫と水の表面の分子が引き付けあっているのです。

他の水棲生物が元気でいるのか?を確認するのは春にならないとわかりませんが、サカマキガイが元気に生きているということは、他の水棲生物も生きていける環境ということで「よし!」としています。


水面を這うサカマキガイです。
IMG_6699

こちらのサカマキガイは壁を這っています。
IMG_6700

サカマキガイが集団でおりました。シーズン中ですと、ヒメタニシやカワニナなども壁を這っているのですが、冬はサカマキガイの独壇場となります。
IMG_6702



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







季節は晩秋を迎えて気温が少しずつ下がってきました。

ベランダにいる水棲生物たちの様子は様々でありまして、メダカたちは元気よく泳ぐ姿がシーズン中のように1日中見るとはいかず、午後暖かくなってからと限定されてきており、暖かくなるまでは水底や水面でじっとしている姿が多くなりました。エサもあまり食べなくなりましたので、かなりセーブしてあげております。

ミナミヌマエビたちは元気に泳いでいる姿をシーズン中と同様に見せてくれており、所狭しと縦横無尽に泳ぎ廻っております。

徐々に姿を見せなくなってきたのが、ドジョウたちであります。寒くなってきて底床の用土に潜ってしまっていたり、水草や流木や岩の陰に隠れています。そして寒くなれば、そのまま冬眠状態になり暖かくなる春までじっとしているのです。

IMG_0126

もちろん、ヒメタニシやカワニナの貝たちも越冬します。

野生下では、用土の中に潜って越冬します。

飼育下では、越冬はドジョウと同じで底床の用土に潜ったり、水草の根の下や流木や岩に陰に隠れて春まで待つのです。

従いまして、ベアタンク(用土を入れない)飼育でなければ、底床としての用土、もしくは流木や石、また水草などの隠れて越冬できる場所があった方がいいと思います。

越冬時にヒメタニシやカワニナにエサはいりません。逆にエサをあげてしまいますと、エサの残りにより水質が汚染されて、結果的に同居しているメダカたちの生存を脅かすことになります。

ただ、ヒメタニシは用土に潜る個体が多く、水草の根や流木や岩に隠れる個体は少ないです。逆にカワニナは水草の根や流木や岩に隠れる個体が多く、用土に潜る個体が少ないです。

ヒメタニシもカワニナも越冬できない個体が1割程度でます。春に行う大掃除で貝殻だけを回収することになります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================








スネールと呼ばれている「サカマキガイ」です。
IMG_5708

水草などに付着してくるスネール。スネールは巻貝を意味する言葉ですが、アクアリウムでは駆除してもあっという間に増えてしまう繁殖力で、増殖した見た目が綺麗とは言い難いので、忌み嫌われる存在になっております。

スネールとして定義されているのは、モノアラガイ、サカマキガイですが、特に決まりはなく、ラムズホーン、スクミリンゴガイも入りますし、そして、メダカなどと一緒に飼育されているタニシやカワニナも入ります。

ただ、実際にはモノアラガイ、サカマキガイを指す事が多く、ひとまとめにスネールと呼ばれている事が多いです。

我が家にもサカマキガイが発生することが多く、おそらく水草に付着してきたのかと思いますが、我が家では気にしていないので存在を確認してもそのままにしています。

ヒメタニシやカワニナとともに、スネールが棲息しておりますが、今はともに繁殖シーズンですので、稚貝が見られるようになりました。

ただ、やはり圧倒的に、スネールであるサカマキガイが繁殖力が一番であります。


◆繁殖力の比較

・サカマキガイ・・・卵生でゼリー状の卵を数十~100個程度、1日~2日間隔で産卵する
・ヒメタニシ・・・卵胎生で1シーズンに2、3回程度30~40個を程度、5ミリ程度の稚貝を産む
・カワニナ・・・卵胎生で1シーズンに300~400個程度、3ミリ程度の稚貝を産む


繁殖力がありすぎて、ホテイ草の葉の裏やアナカリスやマツモなどにも産卵しています。稚貝が増えますとエサが足りなくなりますので、プレコなどの人工飼料で補っています。

ヒメタニシとカワニナの一番のリスクは餓死ですので、たらふく食べさせてあげる必要があるのです。ただし、それはサカマキガイも同じでして、ヒメタニシとカワニナの為に置いて上げた食料に群がります。

サカマキガイの繁殖力は他を圧倒していますが、サカマキガイは脱出王でして、よく容器外に出てしまい、かなりの数が干からびて死んでしまいます。冬もどちらかと言えばヒメタニシやカワニナより弱く越冬できずにかなりの数を減らして春を迎えますので、シーズン中は繁殖して、なかなか凄いことになるのですが静観しています。




食料に群がるサカマキガイ。かなり増えておりますね。
IMG_5709

カワニナと小さいのはサカマキガイの稚貝です。
IMG_5712

ヒメタニシの稚貝です。少し大きくなった個体です。
IMG_5711

カワニナの稚貝です。ちょっと見づらいですね。今年はカワニナの稚貝が少ないです。
IMG_5713

レッドラムズホーンです。
IMG_5714



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================








マツモで休むミナミヌマエビです。
IMG_5253


ミナミヌマエビの繁殖が最盛期を迎えています。夜になるとミナミヌマエビはマツモの葉や茎につかまって、ゆっくり休んでおります。マツモは敵から身を守るのに最適な水草です。

マツモは、古くは金魚の水草と定番でして人気です。金魚は食欲旺盛で雑食性も強いですが、柔らかい水草は大好物ですので、マツモや、もう一つの定番のアナカリスは、おやつがわりに食べられてしまう水草です。

マツモは日本中の池や川で自生できる水草でして、自然環境に適応する能力が高く、とても丈夫で、育てやすい水草です。

マツモは沈水性浮遊植物でして、水中で生きている水草ですが、土に植えなくてもよく、水中に漂いながら繁茂していく水草でして、ただ、容器の中に入れておけば、条件が揃えば勝手に繁茂していくといった初心者向けの水草なのです。

条件も特段難しくなく、日光が当たる場所であれば問題ありません。冬は水が水中まで凍らない0℃から夏は猛暑の40℃まで耐久性が高い水草でして、値段もリーズナブルなのです。

マツモや金魚のエサになる金魚草としても有名ですが、メダカ飼育で容器に入れておきますと、産卵してくれるという水草でもあります(個人的にはホテイ草が1番と思います)。

ミナミヌマエビにとっては、最適な水草でして、ミナミヌマエビは、どこかに足場があると乗っかる習性がありますので、岩や流木などのレイアウトを司る物の上にいることや、タニシを混泳させているとタニシが水面まで登ってきた時に、タニシにつかまって休んでいる光景を見かけます。

沈水性浮遊植物のマツモは、まさにミナミヌマエビの足場というより、生活空間にうってつけで、よくマツモにつかまって休んでいる様子が見られます。特に夜になると顕著です。

そして、マツモの上で脱皮します。脱皮後は甲羅が固まるのがしばらくかかりますので、敵に襲われやすく、甲羅で防御できなくなります。マツモは避難所としても最適で、水中からの敵から守ってくれます。

産卵の最盛期を迎えたミナミヌマエビは抱卵しながら休んでいる姿を見ることができます。ここで産卵して稚エビが隠れ家として利用して大きく育つのです。

もうひとつアナカリスという水草がありますが、マツモの方が葉の隙間が狭く、水面に拡がるように繁茂しますので、外敵からの攻撃に身を守りやすい水草です。

そんなマツモも枯れてしまうことがあります。

それは日光不足です。水質や水温はほぼないと思います。ただし、日光不足だけには弱く、枯れたり、溶けたりする要因になります。

また条件が揃えば、すぐに増えてしまい、メダカなどの遊泳スペースを奪ってしまいますので、増えてきたら間引くといったことをしないといけません。面倒だから今週末とかでなく、水面を覆っているなと思ったら、すぐに間引いてください。

うまく使用すれば、水質も改善してくれて、一石何鳥にもなってくれるマツモです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス(10本)
価格:1220円(税込、送料別) (2021/6/15時点)





マツモも白い花が咲きます。
IMG_6869

アナカリスに横たわった抱卵しているミナミヌマエビです。
IMG_5260

こちらもミナミヌマエビです。
IMG_5265



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







カワニナ。川や田んぼの水路などに棲息しておりますが、水は綺麗で比較的冷水(5~30℃)に暮らしている在来種の貝です。ホタルの幼虫のエサであることが有名です。

カワニナを入れる意義としては、水質浄化に一役買ってくれ、植物プランクトンの発生を抑えてくれて、汚泥を積極的に摂食し水質浄化とコケや藻の除去をしてくれます。ただし、タニシほどではありませんので、メダカのタンクメイトとしては、ヒメタニシを選ばれることが多いのではないでしょうか。

そんなカワニナですが、我が家の環境で何年も繁殖して生き続けております。

我が家の環境は、生き物が棲息するのに素晴らしい環境ではありません。日光は正午あたりにようやく当たりますし、南西に位置している関係で西日が強烈に当って、水温が上昇し易い環境です。

日光は6時間程度しか当たりませんし、海に近いので海風が吹いて強風が多い環境です。

夏場は水温は36℃程度になりますので、ぬるま湯状態が何日も続きます。カワニナの天敵であるホタルの幼虫はいませんが、メダカやミナミヌマエビ、ヒメタニシやシマドジョウなどと混泳しており、静かな環境ではありません。

現在、カワニナはメダカ容器の1つに集中させて育てておりましたが、カワニナとヒメタニシを育てているメダカ容器とヒメタニシだけ育てているメダカ容器とは、少し差があります。

カワニナとヒメタニシのある水槽は壁面もコケも食べられており、綺麗な状態なのですが、ヒメタニシだけの容器は若干コケが壁面についている状態です。

カワニナの雑食性を証明するのは、今年から容器を一回り大きくしたのですが、購入した時のラベル(シール)をつけっぱなしにしていました。

春の大掃除で容器を替えたのですが、新しい容器ですので壁面にコケがなく、エサが不足している状態でした。カワニナは、ラベル(シール)を食べ始めたのです。


新しい容器にした後の状態でス。ラベルが貼ってありますが、すでにカワニナが集まってきております。
IMG_4900

半月ほどたった容器の状態です。すでにラベル(シール)が食べつくされています。
IMG_5100

こちらはカワニナを育てていない容器です。ラベル(シール)が残っています。実はヒメタニシも食べていましたが、カワニナほどではないです。
IMG_5204

カワニナを育てていない容器では壁面にコケもかなりついております。
IMG_5205

カワニナを移動させることにしました。カワニナは日中は底におりますが、夜間になると水面付近に登ってきますので、そこを捕まえて、もうひとつの容器に移動させていきます。
IMG_5216

カワニナを1匹ずつ捕まえていきます。
IMG_5221

別の容器に移動させたカワニナです。ヒメダカやミナミヌマエビ、シマドジョウと一緒に仲良く暮らしてもらいたいです。
IMG_5223



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







今日は朝から雨がポツポツと降ったり、昼頃に雨がやんで太陽がのぞいたりと、そして昼過ぎから雲がどんよりとして、午後は再び雨がポツポツと降り始めまして、もう太陽をお目にかかることがない日でした。

午後には、メダカ用備品や容器などを置く3段スチールラックが届きましたので、一生懸命?組み立てて、ベランダに所せましと置かれている備品や容器などを収納してスッキリしました(歩けないほど、置いてはいません)。

備品や容器などはベランダで飼育している皆さんはどう収納しているんでしょうね。屋内に入れているですしょうか。皆さんの画像や動画を拝見させていただきますと、やたら綺麗なんですよね。

さて、GW以後の楽しみは、やはり夜のメダカたち水棲生物の観察なのです。「春の大掃除」をした後ですので、とても容器の中が見やすい、何故見やすいのかといいますと、水生植物などが繁茂する前ですので、遮られることがありません。そして、ベランダが涼しい!ということです。この先、梅雨に入ってきますと、蒸し暑くなりますし、熱帯夜になったら、ベランダにでるだけで汗がドッと出ますので、長時間、観察できなくなってきます。

この季節のいいころは、ベランダのガーデンテーブルで食事が楽しめますので、夕食などをした後にメダカたちの様子を楽しみます。

まぁ、夕食をとらなくても、お風呂あがりとかでもベランダに出ますし、何か目的がなくても気になって出てしまうんですが、夜のメダカたち水棲生物の世界は賑やかです。日中はでてきこないで、夜にしか会えない生き物にも会えますので、元気なのか確認もできます。

夜はヒメタニシやカワニナが水面まで上がってきます。うじゃうじゃいます。
IMG_5100

カワニナです。メダカ容器でも、どんどん増えていきます。
IMG_5102

浮かべる水温計にミナミヌマエビが休みに?きます。至近距離で撮影することができます。ピントがあっていないですね。サカマキガイもいるんですね。どこにいたのやら。
IMG_5104

沈没船に隠れていたと思われるシマドジョウです。日中になかなか会うことができません。
IMG_5111

こちらも可愛らしい姿を見せてくれたシマドジョウです。
IMG_5115

至近距離で撮影できたミナミヌマエビです。ミナミヌマエビの抱卵撮影は夜しかできません。現在、ミナミヌマエビは沢山抱卵していまして繁殖真っ盛りとなっております。
IMG_5118

白メダカです。カメラを向けてピントを合わせると一瞬の光で逃げてしまうんですよね。メダカは逆に夜の方の撮影が難しいです。
IMG_5123



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







カワニナ。子供の頃に近所の神社の近くに湧き水の川が流れており、そこに沢山のカワニナがいました。当時はカワニナには目もくれず、そこの水底の泥の中に棲んでいるオニヤンマのヤゴを捕っていました。

泥をじっとよく見ると、オニヤンマのヤゴの形が見えるので、手で捕まえます。大きなヤゴで4~5cmはありまして、子供の頃はヤゴ=オニヤンマでした。

ただ、その湧き水の川にオニヤンマの成虫が飛んでいる記憶がまったくなく、大人となった今では人がいない時に産んでいるんだろうなと思っています。

オニヤンマのヤゴを捕っている時に、一度だけ、神社の方に声をかけられたことがあります。その方は「この川にはゲンジホタルの幼虫が棲んでいるから幼虫を捕らないでね。」ということでした。

この川にゲンジボタルの幼虫が棲んでいるのも知りませんでしたし、幼虫のいで立ちは好きではなかったですので、事実を知っても捕ろうなどとは思いませんでした。

ゲンジボタルの幼虫はもちろん、エサであるカワニナは捕りませんでした。

時は流れ、大人になり、メダカを飼うようになって、ふとカワニナを飼いたいと思うようになりました。

ネットで見ると簡単に売っていましたので、カワニナを購入して育てましたが、春先から夏場までは繁殖して稚貝が増えていくのですが、夏場を過ぎる頃には稚貝の個体数がかなり減っています。

そして冬を越えて親貝の個体数も減ってしまいますので、春に買い足すということを繰り返しておりました。

カワニナが減ってしまう理由として、まず餓死が挙げられますが、これに関しては人工飼料の「プレコ」を与えることで、繁殖して稚貝が増えても大きくすることができました。

次に夏場の対策ですが、簾(すだれ)を容器にかけて日蔭を作ったり、ホテイ草を浮かべてカワニナの隠れ家をする、など対策をしました。

しかしながら、一定数のカワニナの親貝や稚貝は夏場を超えることはできないのです。

春に買い足すといったことはないのですが、個体数は少なくなってしまうのです。


死なせてしまったカワニナです。
IMG_3878


ただ、年数を重ねていきますと、夏場に死んでしまっていたカワニナも死ななくなってきたのです。

科学的根拠は一切ないのですが、累代を重ねることによって、我が家の環境に適用していったのではないかと思うのです。

我が家の環境は、南西に位置しており、正午まで日が当たりませんが、日が当たり始めますと、強烈な西日が当たるような、生き物にとって決していい環境ではありません。

メダカが卵を産む条件の日照が12時間程度ですが、12時間どころか7時間が精一杯です。それでもメダカは抱卵しますし、元気でいてくれます。

止水環境ですし、屋外ですので、ろ過機やエアーポンプといったものは取り付けておりません。夏場は34℃ぐらいまで水温が上がります。

それでもメダカとともにカワニナは、この特殊な環境に順応してくれて元気に繁殖して生きているのだと思っています。


夏場は酸素不足になり、水面に登ってきていると思われるヒメタニシとカワニナです。それでも死ぬことはなく元気に夏場を乗り越えてくれます。
IMG_3305



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







春になって暖かくなってきますと、生き物たちが長い眠りから覚めて躍動するシーズンが始まります。

人間側の心理も暖かくなって、ホームセンターなどで生き物が販売され始めたり、販売サイトに沢山の生き物が販売されたりと、沢山の生き物が目にとまるようになりますので、触発されて「何か購入して飼育に挑戦するかな」と自然な流れになると思います。

飼育する候補は色々な生き物がおりますが、その中で(高価な種類もありますが)安くて簡単に飼育できそう、子供と一緒に飼育すれば楽しいので「メダカ」が選ばれることは多いと思います。

メダカだけ飼育するのも楽しいと思いますが、他にも何か一緒に飼育できる生き物をいれて、賑やかな感じで飼育したくなるのではないでしょうか。

この「一緒」という言葉は、アクアリウムでいうと「タンクメイト」といいます。「タンクメイト」とは、観賞魚を水槽内で飼育する場合に、メインの魚とともに飼育するサブの魚やその他の水棲生物をいいます。

メダカと一緒に飼育できる「タンクメイト」は候補は、どんな生き物がいいでしょうか。何でもいいわけではありません。

❖メダカと「タンクメイト」になるポイント
 ・メダカを襲わない、メダカが襲われない
 ・メダカと共通のエサを食べれる
 ・体の大きさが同程度

メダカの「タンクメイト」になるポイントは、上記にも書いておりますが、もっと一言でいうと「メダカと一緒に飼育しても問題ない生き物」ということになります。

少し考えるとわかりますが、野生のメダカの棲んでいる環境、田んぼだったり、沼や池、小川などですが、野生のメダカが棲んでいる環境にいる生き物が候補になります。

家で飼育するので、野生とは違い、ちょっと変わった生き物を入れてオリジナリティーを出そうとか、こんな異色の組み合わせをして悦に入る、なんてことをしても、決してうまくいきません。

私は何度も同じ過ちを繰り返しました。


◆タンクメイトの組み合わせ(失敗ばかり)
メダカの飼い方(混泳する生き物の組み合わせ)

いろいろな組み合わせで試した結果、結局のところ、メダカと同じ環境下で棲んでいる生き物に落ち着きました。


❖ミナミヌマエビ
コケや藻、エサの残り、死骸なども食べてくれるタンクメイトです。メダカを襲うことも、メダカが襲うこともありません。卵生で5~10月で一度に30~100個の卵を産み、抱卵して稚エビになってから親から離れていきます。メダカとともに子孫を増やしていってくれます。

IMG_0575



❖ヒメタニシ
コケや藻、エサの残り、死骸なども食べてくれるタンクメイトです。メダカを襲うことも、メダカが襲うこともありません。卵胎生で5~10月にかけて稚貝を生みます。水質浄化に役立つことが知られ、水槽やビオの鉢内の植物プランクトンの大発生を抑え、汚泥を積極的に摂食してくれます。メダカとともに子孫を増やしていってくれます。

IMG_4644._jpg



❖シマドジョウ
コケや藻、エサの残り、死骸なども食べてくれるタンクメイトです。メダカを襲うことも、メダカが襲うこともありません。シマドジョウの繁殖は難しく、自家製繁殖は不可能といわれています。

IMG_4503

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマドジョウ 5匹
価格:1100円(税込、送料別) (2021/3/29時点)



❖一番はよく紹介されている生き物
ご紹介した生き物は、本や雑誌、あらゆるサイトに取り上げられている生き物です。「な~んだ!」と思われるでしょうが、色々と試した結果、結局、野生のメダカが棲んでいる環境下に一緒に棲んでいる生き物に落ち着きました。先人達も色々と試してご苦労があったと思いますが、その結果、オススメしているのです。私もずいぶん回り道してしまいましたが、現在、元気に育てて、ドジョウを除けばですが、繁殖して増やすこともできるタンクメイトは上記の生き物となります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







暖かくなってメダカが元気に泳いでいます。早くも抱卵するメダカもでてきました。冬を過ぎて一回り大きくなったメダカがエサを食べておりますので、かなりふっくらしている感じです。

ミナミヌマエビも元気に水面を「スィー」と泳いでおります。ドジョウも姿を現して、沈下性のエサをあげますと群がっております。

そして、淡水貝である、ヒメタニシ、オオタニシ、カワニナ、レッドラムズホーンも元気に姿を見せております。今シーズンも楽しませてくれそうです。


カワニナです。元気に冬を越しました。カワニナは比較的冷たい水温(5~25℃)と言われておりますが、夏の猛暑(36℃)でも耐えることができます。ただし、春に生まれた稚貝は夏の猛暑で淘汰されます。ホテイ草の根にくっついて夏の暑さを凌いでいます。特にタニシのようにコケ掃除や水質浄化をしてくれるわけではなく、ホタルのエサとして育てているわけでもないのですが、子供の頃によく捕っていたので育てています。
IMG_4643

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カワニナ 10個
価格:204円(税込、送料別) (2021/3/28時点)



ヒメタニシです。コケ取りも水質浄化もしてくれる働き者です。昔はよく餓死で死なせてしまっていましたが、自分の中で飼育方法が確立されたので、今は簡単に増えてくれます。夏の暑さにも問題なく生き残ってくれます。冬はオオタニシは用土に潜ってしまいますが、オオタニシよりかは用土に潜らずに水底でじっとしていることが多いです。
IMG_4644._jpg



オオタニシです。ヒメタニシより夏の暑さに弱いので死なせてしまうことがありますが、猛暑(36℃)でも生き残ることはできます。できれば深い水深と豊富な荒木田土で隠れることができるようにしてあげると確率が上がります。春から夏にかけて稚貝を沢山産んでくれます。オオタニシは冬には荒木田土に潜ってしまい見えなくなります。
IMG_4646



レッドラムズホーン。どこでも、どんな過酷な環境下でも生き残ります。水質は浄化してくれませんし、コケ取りもしてくれませんので、何でいれているのかと言いますと、デトリタス(水底に溜まった微生物や微生物の死骸など) を食べるデトリタス食です。水棲生物が死んでしまうと、プランターの土に埋めたり(すぐに分解されます)、レッドラムズホーンに食べてもらいます。ゴミ袋に捨てるのが、尊厳を踏みにじっているような嫌なんですよね。レッドラムズホーンは爆発的に増えますので、タニシやカワニナなどの淡水貝とは一緒にしません。タニシやカワニナの食べ物を食べてしまい、タニシやカワニナの稚貝が生まれても餓死して死んでしまいます。単体が飼育することをオススメします。
IMG_4645




※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告





================ 〇プライバシーポリシー〇 ================






=====================================================
 LINEスタンプ発売中!
  ★亀のミッピースタンプ
  ★亀のミッピースタンプ第2弾
  ★水棲生物スタンプ(1)
  ★水棲生物スタンプ(2)
=====================================================







※アドセンス再設定対応済


メダカにエサをあげます。水面に浮かんだエサをメダカはパクパクと食べます。少なくあげるとすぐになくなってしまいますので、ついつい多めにあげてしまうのが心情です。メダカにエサをあげるのは、育てているうえでの醍醐味なので、仕方のないところです。

水面に沢山浮かんでいる場合は、エサをメダカは全て食べることはできません。残ったエサが水面に漂うことになります。

その漂ったエサを目がけてミナミヌマエビが集まってきます。ミナミヌマエビがスイレンなどの浮葉性の水生植物の葉に逆さにつかまって掻き掻きして食べてくれます。

ミナミヌマエビたちは、なかなかの食欲ですので水面にあるエサは徐々になくなっていきます。

しかしながら、水面にあるエサを狙っているのはミナミヌマエビだけではありません。

水面を逆さで這うようにノロノロと這ってエサに辿り着いてエサを舐めるように食べる貝がおります。

それは「サカマキガイ」です。卵生でゼリー状の卵をあちこちに産み付け大量繁殖しますので美観を損ねる巻貝、スネールと呼ばれていて、あまりよく思われておりません。

※スネールは、巻貝を表す"snail"の英語のカナ読みです。日本では観賞魚用水槽に意図せずして混入してしまった美観を損ねる巻貝を指します。

ノロノロと書きましたが、サカマキガイは割と素早く動いて目当てのエサに辿り着き食べるのです。「自然科学観察コンクール」というサイトには10回計測で5cmを33秒で動いたという結果が載っておりました。

ただ、ミナミヌマエビのように多くの個体がエサを掻き掻き食べるわけではありません。何匹かの個体が水面を逆さに這って舐め舐めと食べるのです。

従ってエサの残りを処理してくれる貢献度はミナミヌマエビよりは低いのですが、メダカのエサの残りを食べてくれる貴重な戦力であることには変わりありません。

我が家でも繁殖力がすごく、おそらく購入した水草にくっついてきて、いつの間にかどこもかしこもサカマキガイといった状況になっているのですが、屋外飼育ですし、他のタニシやカワニナに害はありませんし、もちろんメダカやミナミヌマエビにも害はありませんので、タンクメイトとして一緒に飼っております。

水面を逆さに這うサカマキガイです。
IMG_4136



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサーリンク


スポンサー広告




↑このページのトップヘ